山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
最新!ヨガ・スケジュール
東京と、山梨を中心にヨガの活動をしています。
各地でのワークショップもあります。

Kripalu Yoga(クリパル・ヨガ)
●山梨/しおつ クリパルヨガ「しおつクラス」  HP
●東京/下北沢 クリパルジャパンYoga of Life HP

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)
1対1の個人セッションです。詳細はこちら
プラクティス・セッションのクライアント募集は終了いたしました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

トレーニング修了後のセッション受付については、追ってお知らせいたします。

女性のためのウーマンズヨガ
Makiko & Chie's Woman's Yoga HP
IMG_0007.jpgIMG_0006.jpg
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:12   trackback:0
[Scheduleヨガの予定]  thema:体と心と元気になること - genre:心と身体
秋のウーマンズヨガ〜私たちの月経と更年期〜を終えて
先週土曜に、女性のためのヨガ・ワークショップ「ウーマンズヨガ」無事終了しました。

今回は「月経と更年期」がテーマ。
集まったみんなと一緒に瞑想して、それぞれ自己紹介から始まりましたが、女性同士だというだけで、どうしてこんなに、いろんなことを話しやすいんだろうと、思いました。
FullSizeRender 2

同じような体験をしてる人の話を聞いても、自分とは違う体験をしている人の話を聞いても、どちらも、ああ、そうなんだよね、女ってそういうことあるよね、と共感しあえる力が強いのだなぁと思います。

テーマになった「月経」も「更年期」も、自分の中で起きていることなのに、ちゃんと注意を向けてないことのほうが多いね、というのが現状で。

そのくせ、経血が出ている時や、PMS、更年期の症状が出ると、すごく気になる。うーん、本当に、そういうものですよね。

それらの症状がどういうサイクルで起きてるのか、体の中で何が起きているのかをロールプレイング的にみんなで見てみましたが、こうして注意を向けることが、「自分自身に注意を向け、自分を知ること」に繋がるのだと思います。

特に今回は、「更年期」を唱った初めてのWSだったので、更年期世代の参加者が多かった。
IMG_2866.jpg

更年期の症状は様々で、一説によると200種類以上と聞いて(げ!)と思う一方で、そういう自分をどうケアしたらいいか…?

そこから、このワークショップの裏テーマ、「秋をどう過ごすか」に繋がります。

人生の秋=中年期や更年期
月経周期の秋=生理前のPMS時

これらは、まるで自然界で春から夏にかけて高まってきたもの、育ててきたものが、ピークを過ぎていく「秋」と重なります。

せっかく育ててきたたくさんの葉っぱが、徐々に乾き、色を失い、散っていく。
木々の間には何もなくなり、空間が増える。
IMG_2879.jpg

そこには、寂しさや悲しさ、悔しさという感情が自然と湧きやすいです。

しかし同時に足元を見れば、それらの葉は柔らかなベッドのように積もり、冬の間蓄えられ、春にまた芽吹くための養分となる。
失うものだけでなく、得るものも、必ずあるのです。

食べて美味しい果物のような実りもあれば、落ち葉が栄養となっていくように、自分を養い、強く大きく育ててくれるものもある。
IMG_2868.jpg

ヨガやジャーナリングでは、秋に「手放すこと」と「収穫を得ること」の両方に、意識を開いて、それぞれが十分にそこにいて、味わう時間をとりました。

今起きていることをなくしたり、否定したりするのではなく、十分に味わう。
それができたら、PMSや更年期を悪化させるストレスから、解放される道が見えてきます。
自分の居場所を知り、感情や体の感覚を感じて、リラックスすることを、ヨガや瞑想、ジャーナリングなどによって、それぞれに体験しました。

ワークショップや集中コースに参加すると、テクニックや知識を得ることが目的になってしまって、自分のためにヨガをしたり、自分自身に注意を向けることが少ないけれど、今日はじっくり、自分のために過ごせたと話してくれた方がいました。

私がやりたいウーマンズヨガは、そういうヨガです。

それから今回は、自作のキルタンを初めて人前で歌いました。
女性の中にある、宝、花に注意を向ける、Om Mani Padme Humというマントラを使って。
これもまたサイクルで、歌わなかった冬を終えて、新しい春が始まるのだなと思うのです。



来年は、ウーマンズヨガで、一泊二日のリトリートに出かけたいなと思っています。
場所は和歌山。 原始の女性のエネルギー「シャクティ」を感じさせる、緑深く、星がきらめく山里で、すぐ下方には清流が流れ、体に優しく美味しい食事、サウナもある露天風呂付きという素晴らしいロケーションです。

時期は7月の予定です。
詳細は決まり次第おしらせします!

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
秋の散歩〜WSのおしらせ〜
今日はしとしとと雨の降る土曜日。

暖かい部屋の中で来週の女性のためのヨガWS「ウーマンズヨガ」の準備をしてたのだけど、外の空気を吸って体も動かそう!と、子供と一緒に散歩に出かけた。

暖かく着込んで歩く。

霧もやの立つ山や紅葉の赤、黄色がとても美しい。
IMG_2859.jpg

ウーマンズヨガで、「木」をモチーフにした瞑想やヨガをしようとプランしています。
実際に、木の近くに行って、たくさんの落ち葉でふかふかした柔らかい土を踏んでいると、そこから感じるものがあった。
こんなに多くの葉を育てても、秋になったら全部落ちていく。
実をつける木もあれば、裸同然になっていく木もある。

でも、足元の落ち葉はとても美しく、それだけじゃなくて、木自体の根を守り、冬を越え、春を迎えるころには養分となる。

女の盛りはいくつなのか、いろいろな説があるけれど、仮に旬を過ぎたとしても、そこには秋の美しさもあるのだと思った。

Om Mani Padme Hum というマントラも、今回のWSにぴったりに思えて、当日みんなで唱えたいと思っている。

最盛期を過ぎ、意識が内向し、手放し、また、実りを受け取る秋のエネルギーは、生理前や、更年期の時期のエネルギーと重なるところが多いなぁと、しみじみ感じました。

ウーマンズヨガ〜わたしの月経と更年期〜は、11/26(土)の午後開催です^^

ご興味ある方は是非どうぞ♫








来週土曜 下北沢Yoga of Life
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
秋ですねー。
11月、もうすっかり秋です。
今月は誕生月なんですが、今年の誕生日は、すこしいつもと違う感じでした。

誕生日イブには来日中のBrahmaniとJashodaも一緒に食事へ。
IMG_2817.jpg
場所はYoga of Life直ぐ近くの 下北ファームにて。
息子がお腹にいるときからのお付き合いなので、もう9年越し。その間に色々あっても、こうして繋がり続けてることがとてもありがたいです。

そして誕生日当日は夫の粋な計らいで、中目黒で迎えました!
IMG_2797.jpg
非日常的な空間なのに、自分の足が地についていて、ワクワクしていると同時に、安心している感覚が新鮮だった。

夜は家族にケーキで祝ってもらいました。
IMG_2807.jpg
夫と息子からのカード♡
FullSizeRender_20161116170459493.jpg

そして妹からも、一年継ぎ足して使えるだし醤油のプレゼント。ありがとう^^
IMG_2806.jpg

毎年恒例の家族インタビューで、「今年はどんな年にしたい?」と聞かれて、
私は自分が大切にしてきたことを、次の世代に伝えていく役目を担えるようになりたいと答えました。
それを力まず自然に出来る時を待ってましたが、そろそろ、準備を始められそうです。

今年は、ずっと予備軍だった緑内障の治療を始めた年でもあります。
最初はビビって逆転のポーズとか避けていましたが、最近は様子を見ながらやっています。
老眼も始まって、見えにくくなってきているので、目で見る景色に対する感動が、大きくなりました。
IMG_2836.jpg
自宅から見える紅葉が、とても鮮やかだったり
IMG_2837.jpg
秋のバラの白や
IMG_2838.jpg
真っ赤なゼラニウムの花もきれい。葉っぱももうしばらくすると、赤く色づきます。

今日生きててよかったなーって思いが、自然にわいてきます。

私はいくつになっても、誕生日を迎えると、「また一年、生きてこられてよかったね」と自分にメダルを掛けるな気持ちで、お祝いしていますが、これが、一月や一週間、一日、そして「今」へと、単位を縮めてけるとしたら、そんなに悪いことではないように思うのです。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
Brahmani&Jashodaの研修リトリートを終えて
まだまだ、胸がいっぱいで、余韻に浸っているところもありますが、もう直ぐ1つ年を重ねますし、今の所で一旦書いておきます。

私がクリパル教師になったのは、2007年でした。
アメリカのセンターで、当時のディレクターだったデバルシから、「日本でクリパル教師トレーニング(YTT)やっていいよ。」と言われたときのことを、今でもはっきり覚えています。

その年に、私は結婚し、妊娠。
そして年末に、第一回YTTのために来日してくれたのが、BrahmaniとJashodaの二人です。

あれから9年、当時お腹にいた息子は小学生になり、いろんなことが起きて、変化もあったけれど、

そのYTTがまさに種となり、少しづつ増えていったクリパルヨガ教師が一同に集うリトリートが開催できました。感慨無量。
FullSizeRender 3
(右から:Brahmani, Jashoda, トシ、私)

私は主宰者でもあるのだけど、常に働いている必要もなく、ほとんどのプログラムは参加者として、自分の体験に没頭させてもらいました。瞑想、陰ヨガ、そして圧巻のクリパルヨガの体験を、三日間繰り返して、心身ともに満タンに充電…。

クリパルにもいろんな先生がいるけれど、改めて、B&Jは、夫の徒志郎と共に、日本のクリパルヨガの祖なのだと感じました。
ティーチングに、余計なものがないのです。
必要なことだけを、意図を持ってやっている。

彼女たちは、生徒が自分の体験に集中できるように、あらゆる面に意識を向けて、サポートしてくれます。
自分の話もほとんどせず、生徒に注意を向けて、スペースをホールドしてくれる。

ベーシックであるのに、とてもエネルギーに満ちていて、賢く知恵に富み、ユーモアもある。

そして自分の体験から、私たちが自分で気づいて、必要なことを選んでいくことを信じてくれている。

もう、最高でした。
FullSizeRender_20161105155917450.jpg
(リトリート終了後のトシと私。いい表情してますー。Photo by Eriko Kuramoto)

自分がクリパルの伝統の一員であること、つまり、クリパルヨガのクラスができることが、純粋にとてつもない喜びに感じた。

その想い冷めやらぬまま、リトリートの翌日に、いつものクラスを指導しました。

一瞬、彼女たちの存在感やシンプルな動きやポーズなのに、味わい深い体験をもたらすティーチングを意識しました。
でも、私は、彼女たちにはなれない。

BrahmaniとJashodaといる間に感じたり、受け取ったりしたのは、あくまでも、私。
すべては自分の体験で、自分の中にあるのだ。

だから、彼女たちから大いに影響を受け、ハートをうるおし、直に触れ合えた喜びに満ちながら、ありのままの自分で、ティーチングをしました。
FullSizeRender 2
(クラスも受けに来てくれた、鹿児島のクリパル教師、みほこさんと❤︎)

たくさん受け取ったことで興奮していた心身が、クラスをリードして少しアウトプットしたことで、落ち着いてきた。
彼女たちから何を受け取ったのか、少しだけど、確認できたからかもしれない。
これから、もっと時間をかけて、ゆっくり咀嚼して、大切なエッセンスを保ちつつも、クリエイティブでいたい。

ヨガ教師としてのモデルであるだけではなく、私の望む「強く、優しく、健康で、柔軟で、ユーモアに満ち、真剣に生きる女性」のモデルでもある二人の存在に触れて、私の夢は実現可能!まだまだこれから!10年、20年、30年たっても、こうやって生きていける可能性はある!と、未来に対する、おおらかな希望をもらったことが、一番のギフトです。

リトリートを受けて、陰ヨガTTにも、俄然出たくなりました…でも、今回はかなわないので、
ぜひまた日本に来てもらいたいと、強く思いつつ、夕食を一緒にできる機会がありそうなので、帰国前にまた会えるのがすっごく楽しみです。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME | next