山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
最新!ヨガ・スケジュール
東京と、山梨を中心にヨガの活動をしています。
各地でのワークショップもあります。

Kripalu Yoga(クリパル・ヨガ)
●山梨/しおつ クリパルヨガ「しおつクラス」  HP
●東京/下北沢 クリパルジャパンYoga of Life HP

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)
1対1の個人セッションを行っています。(2016年12月までトレーニング中)
プラクティス・セッションのクライアント募集案内はこちら

女性のためのウーマンズヨガ
Makiko & Chie's Woman's Yoga HP
IMG_0007.jpgIMG_0006.jpg
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:12   trackback:0
[Scheduleヨガの予定]  thema:体と心と元気になること - genre:心と身体
ヨガ教師のためのマタニティヨガTT
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー のトレーニングが始まってから、そろそろ1年。

学生のよう、だけど、学生ではないよなぁと思います。
というのも、仕事や家事などそれまでしてきたことに加えて、トレーニングに取り組んでるので…兼業学生って感じ??

集中して猛勉強を続けるというのではなく、普通に生きて、人と接していく中で、何を選んでいくか。
何が実際に起きていて、自分はどうしたいのか、真摯に向き合える、広い意味で学びの期間だと思ってます。


さて、そうやって過ごしている中で、多分、ヨガ教師としてのキャリアの中では、ひとつの節目になるだろうな、とおもうことがありました。

E-RYT500.png

はい、こちら。
2005年に受けたシバナンダヨガのTTの開始日時が1日違っていたのか、申請し直してやっと取れました。(ちょうど木星が移動したタイミングで^^)

200時間を終えてから11年。
300時間を終えてから9年。

その間、結婚、妊娠、出産、子育てと、(株)クリパルジャパンの運営を続けてきました。

いつも兼業だなーと思います(笑 
だから、時間もかかる分、ふくよかな体験をさせてもらってもいて、それが今の自分を形作っているのだと思います。

妊娠したことを機に自分が女性であることの、喜びや悲しみ、幸せと焦り、可能性と葛藤から逃げられないと感じて、その波に乗っていくためにウーマンズヨガに取り組み始めました。

マタニティヨガのトレーニングを受け、産後は指導も始めました。

女性であることの光も影も、全て受け入れて生きることが、私にとっては、この時期の大きなテーマでした。

しかし、10年の月日のなかで、社会環境にも変化があって、今はヨガスタジオ以外でマタニティヨガを格安で受けられる場所が増えています。 スタジオでのマタニティヨガのクラスはなくなり、もう求められていないのかな、と諦めたこともあります。

そんな中、もともとクリパルヨガを練習していた女性や、スタジオの近くに住んでいる妊婦さんが、ヨガしたい時に受け入れられるように始めたのが、ミックスクラスです。

一般の人向けのクリパル・ジェントルのクラスに、妊婦さんが混ざって参加します。
スケジュール
♥マークのクラスが、妊婦参加可のクラスです。

これが、やってみたら、とてもとても、価値のある取り組みだと感じたのです。

妊娠を「生命の創造」だと捉えたら、それに関係のない人はいません。
妊婦が安全にヨガするには、自分の体、心、赤ちゃんに十分注意を向ける必要があり、それこそが「ヨガ」=つながることだとも言えます。

そして、妊婦という存在を受け入れるコミュニティの健全さを感じました。

クリパルヨガ教師を対象にした研修で試してみて、このミックスクラスを最終目的地とするマタニティヨガTTであれば、自分の女性としての、またヨガ教師としての体験が人の役に立つんじゃないか、と思いました。

一度は諦めた夢を、蔵から出してきた感じです。

そして、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニングを受けている今、以前よりできることや、可能性が膨らんでいくのを感じます。

E-RYTは、教師をトレーニングをするために必要な認定として、取得しました。

今年の終わりまでには、概要をお知らせできると思います。

全ての女性を対象にしたヨガを提供するために、役立てるTTにしたいです。









Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
1年以上ぶり!ウーマンズヨガ〜わたしたちの月経と更年期〜開催します。
今日地元でのヨガ指導中に、めまいがしばらく治まらず、生徒さんに待ってもらうという出来事がありました。

さすが、もうすぐ46歳。体の変化をひしひし感じます。
IMG_2662.jpg

当日のクラス参加者は、全員私より年上、女性としての経験豊かな先輩ばかり。

めまいの経験や、どう対処したか、どんな経過をたどったか、めまいだけではない「更年期症状」の多様性についても、クラス後も話を聞かせてもらいました。

「ヨガをしていると更年期は楽に経過する」と聞くこともありますが、ヨガがメジャーになってまだ歴史の浅い日本。

自分たちの体験を通して、その真偽を確認したいと思っています(笑

更年期も、生理痛やPMS、大きく言えば妊娠、出産に係る体の変化も、流産や不妊治療のような体への負担も、女性だからこその体験です。

こう言った不調、不安定さ、辛さを、「女だからしょうがない」とただ我慢するのではなく、自分の体や、心の中で何が起きているのか、現実を受け止めるくらいの時間は、もたせてちょうだいよ、と思います。

そのうえで、今の環境の中でリラックスしたり、自分らしくいるために必要なことを探していく過程を、ヨガや瞑想、仲間とのコミュニケーションの中で体験できたら、それが「セルフケア」になるんじゃないか。

それがひいては、避けて通れない老い、そして、心身の変化も、味わいながら生きていくヒントになるんじゃないかなぁと、思うのです。

そんな気持ちで、1年以上ぶりにウーマンズヨガWSを開催します^^
これまでのウーマンズヨガを受けてくださった方にとっては、「秋」のウーマンズヨガです。

変化を受け入れ、今の自分にあるものを大切にするのが、裏テーマ。

女性の皆さん、ヨガをツールに自分自身でいることを快適にするような時間を一緒に過ごしましょう!

お申し込み、詳細はこちらへどうぞ♡
ウーマンズヨガWS〜わたしたちの月経と更年期〜
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
ヴァータケアにバナナケーキ♡
この週末は、夫、初の北海道遠征により、子供と二人で過ごしています。

「家に大人が自分しかいない」ことで、細かいことに責任やプレッシャーを感じます。

例えば、お祭り。

うちの子は、お祭り行きたい!という割には、見ているだけで何もせず…
つまらなそうに終わってしまうと、何だか自分のせいのように感じてしまう。

他にも、戸締りや家に帰る時など、明らかに夫がいないと、警戒する。
もともと、怖がりで、想像力旺盛なのが、強くなるんですねー。

怖がりも、妄想も、アーユルヴェーダでいうところのヴァータ(風)のエネルギーが多い時の症状です。

プラス、あれやらねば、これもやり遂げたいなど、「ラジャス」(活性)という心の質も増えてる。

こうして過剰になったヴァータが、こんな風に現れてました。

・子供と密接に関係できなくて、ラフでドライ(どちらもヴァータの質)な対応をしてしまう。

・食べるものに無頓着になって、買ったもので済ませたり、食事の時間がグチャグチャになる。

・深夜に音楽を聴いて、歌って踊るなど、ヴァータと同質のものを欲する。
(子供が起きて、何の騒ぎだ?って見に来ました…それでも放っておいてよ、って思ってましたから、自分でもちょっとアンバランスになってるなーって気づきました)

・そして不眠


今日、子供が出かけて留守の間、勢いにのって何かするのをやめて、極力何もしないようにしようと思いました。
ヴァータをケアして、バランスを取り戻そうと思ったわけです。

ヴァータケアのためにしたことは…

・静けさ

・ヨガや瞑想(穏やかで落ち着くもの。なるべく考えない)

・規則正しい単調な作業(今日は翻訳、洗濯)

・定時に食事、簡単でいいから、米や酵母パンなど「甘味」のあるもので、重いものを。

・懐かしいことや心が和らぐことに意識を向ける。

…ふと、子供の頃なりたかったものが二つあったのを思い出しました。

一つは歌手なんですが(笑

もう一つは、主婦。

大人になって、会社を辞めて自営したいって思った時も、やりたいことのトップは「主婦」だった。(相手がいませんでしたけど…)

生活に関わることを丁寧に、楽しむことが、夢の一つだったんだよなーって思い出したら、今進めている新しい仕事のプランも、腹に落ちることを確認して、ゆっくり実現すればいいや、と気持ちが和らぎました。

だいぶ症状が和らいだので久しぶりに、手作りおやつを。

IMG_2654.jpg
--------------
バナナケーキ
--------------
小麦粉200gにBP小さじ1.5くらいをよく混ぜておき、砂糖(今回はきび砂糖)大さじ5、菜種油大さじ2、塩少々と豆乳200ccを混ぜたものを加えて、さっくり生地にします。
適当に切ったバナナを加えて、飾り用をトップに並べ、180度のオーブンで25分くらい焼く。

と出来上がります!


手作りのおやつやパンは、ちゃんとここにいられる時じゃないと、作れないなって思った。





「〜せねば」と思う気持ちをちょっと脇に置いて、

スローダウンして、

ここにいて、

頭より心や体を使って

したいことをする。


そういう切り替えの時間は、時々必要だなって思います。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
すごく落ちてるときにやってみてよかったこと
私は、Facebookは遠くにいる知り合い、主にヨガやアーユルヴェーダ関連での繋がりのある人と近況をシェアすることを目的に使っています。

ですので、「Facebook内の友達」はあったことのある方のみにさせてもらっています。(…すみません)

また、非常に個人的なことは、自分だけにとどめてメモしています。

この個人的だったことが時間の経過とともに、(私にとっては)普遍的に感じることがあります。
IMG_2644.jpg

…ということで、去年の今日、書き記していたメモをシェアします。

-----------------------------------------------------------------------

すごく落ちてるときにやってみてよかったこと


・ピアノ弾いて歌って泣く。

・本当に食べたいものがわかるまで食べない、そしてわかったら買いに行ってでもたべる。

・治そうとしないボディーワーカーにマッサージしてもらう。

・したいことが出てくるまで、何もしない。
ダルイなら、寝る。とことん寝る。

・バスタイムを見直す。塩にアロマオイルを混ぜて、風呂に入れる。何が好きか思い出すリハビリによい。

・そんな自分を下手になぐさめない相手に、どんな気分か、洗いざらい聞いてもらう。

・ちょっと嫌なことなどあったらラッキー。それを肴に、感情を増幅させ、怒ったり泣いたりする。

そんなことをしてるうちに、だんだん復活してきました。

-----------------------------------------------------------------------

ただの情緒不安定のようですが(笑

こういう時って、そこそこあるんじゃないでしょうか。

ポイントになっているのは、

・泣く、怒る、話すなど中にあるものを外へ出すこと

・ジャッジされない環境にいること

・何か足すのではなく、余計なことをしないこと

・本能に従うこと

かなーと思います。

去年の今頃、どうしてそんなに落ちていたのかわかりませんが(覚えてない…)

今年も、音楽+泣く とか、とことん寝る とかやってますし

治そうとしないボディワーク、といえば…フェニックス・ライジング・ヨガセラピーにどっぷり浸かっています。

----------------------------------------------------------------------

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー レベル3のトレーニングも最終学期を迎えています。

トレーニング中のプラクティス・セッションは、残り4枠程度です。

卒業後は、ある程度料金が上がると思いますので、もし受けてみたい方いらしたら、ご連絡ください。

詳細はこちらです。→プラクティス・セッション クライアント募集

-----------------------------------------------------------------------
●また、Yoga of Lifeにて、トレーニング・プログラムの中でのボランティアのクライアント募集も続いています。
模擬セッションのためのクライアント募集
537f54549bb06bf88c3d9d2f74b81d94.jpg

報酬、交通費等はでませんが無料で受けられますので、ご興味ある方はぜひ!

 more...

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next