クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
すごく落ちてるときにやってみてよかったこと
私は、Facebookは遠くにいる知り合い、主にヨガやアーユルヴェーダ関連での繋がりのある人と近況をシェアすることを目的に使っています。

ですので、「Facebook内の友達」はあったことのある方のみにさせてもらっています。(…すみません)

また、非常に個人的なことは、自分だけにとどめてメモしています。

この個人的だったことが時間の経過とともに、(私にとっては)普遍的に感じることがあります。
IMG_2644.jpg

…ということで、去年の今日、書き記していたメモをシェアします。

-----------------------------------------------------------------------

すごく落ちてるときにやってみてよかったこと


・ピアノ弾いて歌って泣く。

・本当に食べたいものがわかるまで食べない、そしてわかったら買いに行ってでもたべる。

・治そうとしないボディーワーカーにマッサージしてもらう。

・したいことが出てくるまで、何もしない。
ダルイなら、寝る。とことん寝る。

・バスタイムを見直す。塩にアロマオイルを混ぜて、風呂に入れる。何が好きか思い出すリハビリによい。

・そんな自分を下手になぐさめない相手に、どんな気分か、洗いざらい聞いてもらう。

・ちょっと嫌なことなどあったらラッキー。それを肴に、感情を増幅させ、怒ったり泣いたりする。

そんなことをしてるうちに、だんだん復活してきました。

-----------------------------------------------------------------------

ただの情緒不安定のようですが(笑

こういう時って、そこそこあるんじゃないでしょうか。

ポイントになっているのは、

・泣く、怒る、話すなど中にあるものを外へ出すこと

・ジャッジされない環境にいること

・何か足すのではなく、余計なことをしないこと

・本能に従うこと

かなーと思います。

去年の今頃、どうしてそんなに落ちていたのかわかりませんが(覚えてない…)

今年も、音楽+泣く とか、とことん寝る とかやってますし

治そうとしないボディワーク、といえば…フェニックス・ライジング・ヨガセラピーにどっぷり浸かっています。

----------------------------------------------------------------------

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー レベル3のトレーニングも最終学期を迎えています。

トレーニング中のプラクティス・セッションは、残り4枠程度です。

卒業後は、ある程度料金が上がると思いますので、もし受けてみたい方いらしたら、ご連絡ください。

詳細はこちらです。→プラクティス・セッション クライアント募集

-----------------------------------------------------------------------
●また、Yoga of Lifeにて、トレーニング・プログラムの中でのボランティアのクライアント募集も続いています。
模擬セッションのためのクライアント募集
537f54549bb06bf88c3d9d2f74b81d94.jpg

報酬、交通費等はでませんが無料で受けられますので、ご興味ある方はぜひ!

 more...

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[未分類


夏の終わりにはどうも、ちょっと体調を崩したり、何となく気持ちが沈んだりするようだ。

今年も、夏休みを満喫して、仕事も楽しんで、いったん、終わったなーと思ったころ、キマシタ。

無理に自分を元気づけないほうがいいことは経験上分かって来ている。

ここに、落ちてる時にやってみてよかったことを挙げて置く。

・自分がどんなに駄目か、決して慰めずに聞いてくれる相手に思う存分話す。
・したいことが出てくるまで何もしない。ダルいなら寝る。とことん寝る。
・本当に食べたいものが分かるまで、食べない。そして分かったら、何としてでもそれを食べる。
・信頼できるボディワーカーにマッサージしてもらう。
・パスタイムを見直す。塩にアロマオイルを混ぜて、風呂に入れる。何が好きか思い出すリハビリによい。
・ちょっとやな感じのことがあったら、ラッキー。それを肴に感情を増幅させ、泣いたり怒ったりする。
・泣くのはとてもよいリリースになる。ピアノを弾きながら歌ったらすごい泣けた。←これ、今回の発見。

だいたい体から来て、徐々に心も落ちて行って、体が回復し始めると、心も明るくなって来る。
でもって、そのきっかけになるのは、体と心をくっつけること。「感じる」ことだと思う。

しかし、これらのことを身近にいる人がしてたら、一緒に居にくいだろうね。。。
それに、誰かいたら、やりにくいこともある。

調子が悪い時は、積極的に、ひとりになりましょう。動物みたいに。


で、こんなこと書いてるくらいですから、だいぶ元気になって来たのだと思います。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[未分類
誕生日の前に
11月の初めに、誕生日がくる。
毎年、誕生日前に体調が崩れること多し。

今年は久々の膀胱炎に苦しんでおります。。。

若いころは、あれ?と思ったら、すぐ耐えられないくらい痛くなって、すぐ病院って感じだったけど、
おととい、夕方~夜にかけて、出始めた症状が、昨日朝起きたら、一旦よくなってた。
1日Yoga of Lifeで仕事して、クラスまで受けて、やる気もりもりで帰って来たのだが・・・

昨日の晩、すごくいたかったー&ばっちり血尿、もう、嫌になっちゃう。

ベッドで横になってもいられなくて、トイレに行ったりうろうろしてたら、夫に「ゆたんぼかなんかで、あたためれば?」って言われた。

最初は、正直「やってくれ」と思った(笑)
と同時に、自分の小さいころの記憶とか、今までのあり方とか、どうせ眠れないんで考えてたんですが。

わたし、しんどいとき、誰かにケアしてもらいたいとずっと思ってきたんだなぁ。
子どもの頃なら「お母さん」今は、家にいるなら「夫」に、看病してもらいたいという、憧れに似た気持ちがある。
しかし、実家の母も、うちの夫も、あれこれケアしてくれるタイプではないみたい。
自分でなんとかしよう、としないわたしは、諦めて、そのままにして、痛がったり、つらがったりを続けてる。

言われた通り、お湯を沸かしましたよ。何してても辛いんだから、やる事があった方が気がまぎれます。
ユタンボつくって、お腹に当てて、白湯を飲んで、トイレにいって、もしものために救急まで調べた(笑)←たかが、いやされど、膀胱炎なのです。

咳のし過ぎで肋骨にヒビ?って時にもらった鎮痛剤をみつけて飲んだ。
痛み止めって、もしもの時のためにあったほうがいいかも、とはじめて思った。

そうこうしてるうち、眠れる程度になって来た。

明け方、びしょぬれになるくらい汗をかいて起きましたが、どうも微熱があって、それが下がったみたい。
いやはや、大変な夜でした・・・

今朝、病院いって、抗生物質をもらいました。

自分で自分のケアをするって、こういうことなんですな。

振返って、自分が、子どもや夫に対して、苦しんでる時にどうしたらいいのかわからないから、何もしないでいることも、あるなぁと思った。

今度身近な人が苦しいとき、役に立つかはわからないけど、何かしてみよう、それが私自身がしてほしいことだからと思ったりしてます。

Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[未分類
| HOME |