クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
新月の記録
この金曜は、ふたご座の新月。

金曜が新月/満月と重なるのは久々。
週に一度、KJでのクラスでも、久々に「クリパルヨガの月礼拝をやる」という名目の日なので楽しみにしていた。
Full-Moon-.jpg

当日は、雨。
普段10名程度はいる生徒が、この日は4人だった。

クラスを終えたあと、山梨から出て行って、4人かぁ、と往復4時間かかることと、天秤に掛けるような気持ちになった。
そして、心のなかに、自分の人としての価値のようなものが、クラスに集まる生徒の数と重なってみえるような不安が残った。

私は毎クラス、必ず録音するようにしている。
だから、この日のクラスの録音を聴きながら、昨日ヨガをした。

雨の音が、一緒に入っていた。ポツポツと、音がする。
月礼拝を練習するために自分が用意したウォームアップをするうち、だんだん心身が和らいできた。

この日初めて、月礼拝をすると話していた生徒のことや、クラスの様子を思い出した。

次はこうしたほうがいいな、と思う点もあった。これがある時は、自分が成長期にいる、と感じる。

その後、月礼拝を3回繰り返した。

この日、ティーチングしている最中に自分のなかに湧いてきたフィーリングから口にした言葉を、改めて聞いた。

「月礼拝で、体を動かして、色々な形に変化してきた、その中にある自分自身に注意を向けて」

これだけ、文字で読んでも何のことかわからないかもしれないが、私は生徒としてヨガをしていて、この言葉が沁みた。
いい時もあれば、残念な時もある。いろんなときがあるけれど、その中にちゃんと「自分」がいる、という感覚とつながった。

こういうスタンスで月礼拝を感じて、生徒に伝えたのは初めてだった。
これがリアルなのか、そうでないのか、ティーチングしているときは確信がなかったけれど、実際体を動かしてみて、うん、確かにそう感じる、そう思えたら、このクラスは悪くない、と思えた。

ヨガティーチングを、エゴを増幅させる方向に使いたくないと、私はいつも願っている。
でも、つい、「集客数=自分の価値」と重ねてしまうことがある。

実際集客できないと、クラスも実施できないから、難しいところだ。

でも、人気を集めたいとおもったら、ヨガテイーチングで私が求めている質から外れていく。

できたら私は、ただ職人のように、純粋に良いものを作りたい。
だから毎クラス録音して、過剰に良いとか悪いとか思い込まず、現実的にできることやしたいことを確認するようにしている。

いつも、ティーチングの一番の目的は、受け取る側の体験だと思う。
生徒が集中して、そこにいて、自分とはなんなのか、本質に近づけるようサポートすることだ。
だから、やりっぱなしでは、ダメなのだ。

録音を聴きながらのヨガの後、日課のジャーナリングをした。
もう、自分の存在を不安に感じるあのフィーリングは、消えていた。

「ヨガは、実践あるのみ。」
そう伝えられるのは、本当にそうだからなんだと思う。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
忘れたくないこと② ヨガ・ティーチングから気づくこと
GW後、高速で回るお仕事の渦の中にポトンと入ってしまい(その成果は今月中にお知らせできそうです!)、個人的に忘れたくないことを書きとめる間もなかった。

そんな中、名古屋WS主催の林珠美さんがいつものように参加者アンケートをとって、その内容を知らせてくれ、彼女のHPにも上がっているのが、こちら。
参加者の声「クリパルヨガのステージ1,2,3から学ぶ

ここで一緒に過ごした、ひとり一人の声を読ませてもらって、やはりこのWSは、自分自身にとっても一つの節目の象徴のように思った。
IMG_3360.jpg

まず「クリパルヨガのステージ1、2、3」といわれても、何のことやらわからない人も多いかもしれないが、クリパルに興味を持てば、おのずとこの独自のヨガ探求のためのシステムに触れることになる。
クリパルヨガを体系的に理解する上での、基礎となるものだと言える。

それをテーマにしたワークショップは、夫の徒志郎が長年続けているもので、ステージごとに16-20時間かけて、体験と理解を深めていく。私も、2004年の末に、まずそこへと飛び込んだ。

あれから、12年経って、これまで私を含めて3人のクリパル教師で、ステージごとに6時間(丸一日)をかけるものを数年担当したが、今回は、そのステージ1、2、3をさらに1日で体験できないか、というオファーをいただいた。

長時間かけるWSと同じことはできない。では何なら、できるのか、どうすれば参加者が体や心で感じて、自ずとステージ1、2、3のエッセンスに気づけるWSが作れるか。

とても面白いチャレンジだった。




WS前日、実家の仏壇の前で、予定している流れを体を動かしながら確認している時、

「でもこれ、明日、来てくれた人たちがどんなであるか、それをよく見て、選択していくしかないんだな」

と、わかった。

共感したり、共通している部分もたくさんあっても、人は、一人ひとり、違う。
日によっても変わるんだから。

状況に合わせて選択できるように、可能な限り選択肢を用意しておくことにして、あとは現場で、と覚悟が決まった。

IMG_3359.jpg

私がWSでやりたいのは、上から下に、知っているものが知らないものに、言葉で教えて伝えるスタイルではない。

どんな人でも、リラックスして集中できれば、自分が体験したことから、気づきを得る力がある。
その確証を強めていきたいのだ。


ではどうやって、その準備をして、どうやって各自がそのままのプロセスで起きる体験に入って行って、そこから湧いてくる気づきを確認できるか。

2つの別の体験が、今回のWSの隠れた後ろ盾を担っていたように思う。
IMG_3358.jpg

一つ目は、昨年1年かけたフェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニング。

このトレーニングについては、また別に書きたいが、私がセラピストとして練習したのは、相手に反応しないで、リラックしてそのまま近づいていくこと、だった。

セラピスト自身が、リアルで、正直で、何のジャッジもなくクリアでいることが、このヨガセラピーの質を決める。 
トレーニング中、自分にわかる言葉で言い直してわかったことにしたい衝動や相手に不快感を与えないように引いてしまう自分の癖に何度も気づいた。

そしてもう一つは、今年1月から始まった、クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)
毎月1週間のペースで、明日が卒業式だ。
今までのYTTでは、私はアシスタントと、アーユルヴェーダ、マタニティなど分野を限ってティーチングしていた。
今回は、1週間のうちの、1日を、アシスタント・ティーチャーとして担当させてもらい、ヨガのアーサナ、哲学など、生徒に教える体験をした。

そこで気づいたのは、やはり、話だけで、何の体験も伴わないことをしていても、おもしろくないし、実感が伴わないということ。

そして、自分については、「がんばるぞー!」と気合をいれて無意識にハイになっている状態から、普通に体験することができれば、あとは自ずと…と自分が、でなく、生徒を信頼するモードに変わっていったことに気づいた。

そこで出会ったエッジについては、具体的にはここには書かないことにする。
しかし、YTTでできなくて、今度機会があったら、本当はこうしたいと願っていたことを、今回名古屋でWS中に、「今それをやっている」と実感する時間があったことは、私にとっては、とても大きな出来事になった。

終わってみたら、WSの予定は怖いくらいに予定通り…時間もぴったりで、こんなことは初めて!

もし次の機会があったら、今度はこれを入れたいなと思っていることもある。
またどこかでチャンスがあったら。

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー 詳細については こちら

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
カルテット考 「溢れたのは、なに」
ドラマ「カルテット」がたいへん好きでした。
C64g-gDVAAAmomN.jpg

最終回で、主人公「まき」が「こぼれたのかな…内緒ね」という意味深な台詞を残すも、真相はグレーなまま。

白黒はっきりつけようぜって気持ちで相手に向かっても、それについてはまったく触れないままに、いつもの日常に戻っていくという、実家の家族とのやりとりを思い出しました。でもむしろグレーにしたまま、続けていく選択も、ありだなぁ、と今は思える。

それにしても、あれって、どういう意味なんだろうと考えることは楽しい。まるで、恋愛初期みたいなもんだ。

いろんな人が楽しげに持論を展開するのを読みながらわたしは、「まき」が義父を殺していてもそうでなくてもいいけど、夢を実現したい人の思いがこぼれた、という解釈で受け取って、fin としたい気持ちになっている。

奏者として大きなホールを満員にして、自分たちの音を届けたいという夢。

無名のカルテット、ドーナツホールでは、ほとほと無理な話でも、「疑惑のバイオリニスト」として(または嘘つき魔法少女など使えるものは何でも使って)しまえば、夢は叶えられるという現実。

「死と乙女」を選べば、野次馬は喜ぶだろう。しかもこの曲は30分と長い。

ほんとの自分が誰だとか、本当はどう音を受け取ってほしいかは、ここでは脇に置かれて、とにかく満席、その時間をより長く。
そういう思いがこぼれた読むことが、今のわたしは一番しっくりくる。

別に「内緒ね」という必要はないので、ドラマの意図とは違うかもしれない。でもこのドラマの良さは、読み手が好きなように読める自由を与えてくれてるところなのだから、いいではないか。

ヨガ教師や、他の表現者にとっても同じだろうと思うのだ。
実力以上の殺文句でPRしたり、嘘の自分を作ってでも、人が集まらなければ。
大きなホールを満席にしたい、しなければいけない思考は誰にでも(ちょっとは必ず)ある。

でも、それだけになってしまったら、なんのためにやってるかわからなくなっちゃう。
本質的なところを諦めたら、それはある意味「夢が死ぬ」ことなのだ。

「死と乙女」が終わって席を立つ人たちがいてもいい。
残ってくれた人たちとは、「本当にやりたいこと。音を届けて、かえって来る、あの気持ちいい体験」を共有できる。

そうやって楽しんでるカルテットを見ていて、自分が本当にしたいことを諦めちゃいけないなって思った。

先日、目の前でハイヒールの中年女性が転倒、頭を打って血を流す所に偶然居合わせた。
(本屋の店員が救急車を呼んでくれたが、今頃どうされてるだろうか?)
その方にはもちろん無事でいてほしい。

でも、あまりにも突然に、ほんの一瞬つまづいて、転んで動かなくなる女性と流れる紅い血を見てわたしは、

「死」はこちらから近づいていかなくとも、いづれやってくる。
あわてるな

と世界に言われているように感じた。

好きなことを仕事としてやっていく上で、天才でもなく、解脱してもいないわたしは、自分の立場をわきまえて、時にはしたくないこともしなければならない。でも、決して自分に毒を盛りすぎないように、自分を殺さないでいたい。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと]  thema:テレビドラマ - genre:テレビ・ラジオ
Brahmani&Jashodaの研修リトリートを終えて
まだまだ、胸がいっぱいで、余韻に浸っているところもありますが、もう直ぐ1つ年を重ねますし、今の所で一旦書いておきます。

私がクリパル教師になったのは、2007年でした。
アメリカのセンターで、当時のディレクターだったデバルシから、「日本でクリパル教師トレーニング(YTT)やっていいよ。」と言われたときのことを、今でもはっきり覚えています。

その年に、私は結婚し、妊娠。
そして年末に、第一回YTTのために来日してくれたのが、BrahmaniとJashodaの二人です。

あれから9年、当時お腹にいた息子は小学生になり、いろんなことが起きて、変化もあったけれど、

そのYTTがまさに種となり、少しづつ増えていったクリパルヨガ教師が一同に集うリトリートが開催できました。感慨無量。
FullSizeRender 3
(右から:Brahmani, Jashoda, トシ、私)

私は主宰者でもあるのだけど、常に働いている必要もなく、ほとんどのプログラムは参加者として、自分の体験に没頭させてもらいました。瞑想、陰ヨガ、そして圧巻のクリパルヨガの体験を、三日間繰り返して、心身ともに満タンに充電…。

クリパルにもいろんな先生がいるけれど、改めて、B&Jは、夫の徒志郎と共に、日本のクリパルヨガの祖なのだと感じました。
ティーチングに、余計なものがないのです。
必要なことだけを、意図を持ってやっている。

彼女たちは、生徒が自分の体験に集中できるように、あらゆる面に意識を向けて、サポートしてくれます。
自分の話もほとんどせず、生徒に注意を向けて、スペースをホールドしてくれる。

ベーシックであるのに、とてもエネルギーに満ちていて、賢く知恵に富み、ユーモアもある。

そして自分の体験から、私たちが自分で気づいて、必要なことを選んでいくことを信じてくれている。

もう、最高でした。
FullSizeRender_20161105155917450.jpg
(リトリート終了後のトシと私。いい表情してますー。Photo by Eriko Kuramoto)

自分がクリパルの伝統の一員であること、つまり、クリパルヨガのクラスができることが、純粋にとてつもない喜びに感じた。

その想い冷めやらぬまま、リトリートの翌日に、いつものクラスを指導しました。

一瞬、彼女たちの存在感やシンプルな動きやポーズなのに、味わい深い体験をもたらすティーチングを意識しました。
でも、私は、彼女たちにはなれない。

BrahmaniとJashodaといる間に感じたり、受け取ったりしたのは、あくまでも、私。
すべては自分の体験で、自分の中にあるのだ。

だから、彼女たちから大いに影響を受け、ハートをうるおし、直に触れ合えた喜びに満ちながら、ありのままの自分で、ティーチングをしました。
FullSizeRender 2
(クラスも受けに来てくれた、鹿児島のクリパル教師、みほこさんと❤︎)

たくさん受け取ったことで興奮していた心身が、クラスをリードして少しアウトプットしたことで、落ち着いてきた。
彼女たちから何を受け取ったのか、少しだけど、確認できたからかもしれない。
これから、もっと時間をかけて、ゆっくり咀嚼して、大切なエッセンスを保ちつつも、クリエイティブでいたい。

ヨガ教師としてのモデルであるだけではなく、私の望む「強く、優しく、健康で、柔軟で、ユーモアに満ち、真剣に生きる女性」のモデルでもある二人の存在に触れて、私の夢は実現可能!まだまだこれから!10年、20年、30年たっても、こうやって生きていける可能性はある!と、未来に対する、おおらかな希望をもらったことが、一番のギフトです。

リトリートを受けて、陰ヨガTTにも、俄然出たくなりました…でも、今回はかなわないので、
ぜひまた日本に来てもらいたいと、強く思いつつ、夕食を一緒にできる機会がありそうなので、帰国前にまた会えるのがすっごく楽しみです。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
ヨガ教師のためのマタニティヨガTT
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー のトレーニングが始まってから、そろそろ1年。

学生のよう、だけど、学生ではないよなぁと思います。
というのも、仕事や家事などそれまでしてきたことに加えて、トレーニングに取り組んでるので…兼業学生って感じ??

集中して猛勉強を続けるというのではなく、普通に生きて、人と接していく中で、何を選んでいくか。
何が実際に起きていて、自分はどうしたいのか、真摯に向き合える、広い意味で学びの期間だと思ってます。


さて、そうやって過ごしている中で、多分、ヨガ教師としてのキャリアの中では、ひとつの節目になるだろうな、とおもうことがありました。

E-RYT500.png

はい、こちら。
2005年に受けたシバナンダヨガのTTの開始日時が1日違っていたのか、申請し直してやっと取れました。(ちょうど木星が移動したタイミングで^^)

200時間を終えてから11年。
300時間を終えてから9年。

その間、結婚、妊娠、出産、子育てと、(株)クリパルジャパンの運営を続けてきました。

いつも兼業だなーと思います(笑 
だから、時間もかかる分、ふくよかな体験をさせてもらってもいて、それが今の自分を形作っているのだと思います。

妊娠したことを機に自分が女性であることの、喜びや悲しみ、幸せと焦り、可能性と葛藤から逃げられないと感じて、その波に乗っていくためにウーマンズヨガに取り組み始めました。

マタニティヨガのトレーニングを受け、産後は指導も始めました。

女性であることの光も影も、全て受け入れて生きることが、私にとっては、この時期の大きなテーマでした。

しかし、10年の月日のなかで、社会環境にも変化があって、今はヨガスタジオ以外でマタニティヨガを格安で受けられる場所が増えています。 スタジオでのマタニティヨガのクラスはなくなり、もう求められていないのかな、と諦めたこともあります。

そんな中、もともとクリパルヨガを練習していた女性や、スタジオの近くに住んでいる妊婦さんが、ヨガしたい時に受け入れられるように始めたのが、ミックスクラスです。

一般の人向けのクリパル・ジェントルのクラスに、妊婦さんが混ざって参加します。
スケジュール
♥マークのクラスが、妊婦参加可のクラスです。

これが、やってみたら、とてもとても、価値のある取り組みだと感じたのです。

妊娠を「生命の創造」だと捉えたら、それに関係のない人はいません。
妊婦が安全にヨガするには、自分の体、心、赤ちゃんに十分注意を向ける必要があり、それこそが「ヨガ」=つながることだとも言えます。

そして、妊婦という存在を受け入れるコミュニティの健全さを感じました。

クリパルヨガ教師を対象にした研修で試してみて、このミックスクラスを最終目的地とするマタニティヨガTTであれば、自分の女性としての、またヨガ教師としての体験が人の役に立つんじゃないか、と思いました。

一度は諦めた夢を、蔵から出してきた感じです。

そして、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニングを受けている今、以前よりできることや、可能性が膨らんでいくのを感じます。

E-RYTは、教師をトレーニングをするために必要な認定として、取得しました。

今年の終わりまでには、概要をお知らせできると思います。

全ての女性を対象にしたヨガを提供するために、役立てるTTにしたいです。









Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME | next