クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
秋のウーマンズヨガ〜私たちの月経と更年期〜を終えて
先週土曜に、女性のためのヨガ・ワークショップ「ウーマンズヨガ」無事終了しました。

今回は「月経と更年期」がテーマ。
集まったみんなと一緒に瞑想して、それぞれ自己紹介から始まりましたが、女性同士だというだけで、どうしてこんなに、いろんなことを話しやすいんだろうと、思いました。
FullSizeRender 2

同じような体験をしてる人の話を聞いても、自分とは違う体験をしている人の話を聞いても、どちらも、ああ、そうなんだよね、女ってそういうことあるよね、と共感しあえる力が強いのだなぁと思います。

テーマになった「月経」も「更年期」も、自分の中で起きていることなのに、ちゃんと注意を向けてないことのほうが多いね、というのが現状で。

そのくせ、経血が出ている時や、PMS、更年期の症状が出ると、すごく気になる。うーん、本当に、そういうものですよね。

それらの症状がどういうサイクルで起きてるのか、体の中で何が起きているのかをロールプレイング的にみんなで見てみましたが、こうして注意を向けることが、「自分自身に注意を向け、自分を知ること」に繋がるのだと思います。

特に今回は、「更年期」を唱った初めてのWSだったので、更年期世代の参加者が多かった。
IMG_2866.jpg

更年期の症状は様々で、一説によると200種類以上と聞いて(げ!)と思う一方で、そういう自分をどうケアしたらいいか…?

そこから、このワークショップの裏テーマ、「秋をどう過ごすか」に繋がります。

人生の秋=中年期や更年期
月経周期の秋=生理前のPMS時

これらは、まるで自然界で春から夏にかけて高まってきたもの、育ててきたものが、ピークを過ぎていく「秋」と重なります。

せっかく育ててきたたくさんの葉っぱが、徐々に乾き、色を失い、散っていく。
木々の間には何もなくなり、空間が増える。
IMG_2879.jpg

そこには、寂しさや悲しさ、悔しさという感情が自然と湧きやすいです。

しかし同時に足元を見れば、それらの葉は柔らかなベッドのように積もり、冬の間蓄えられ、春にまた芽吹くための養分となる。
失うものだけでなく、得るものも、必ずあるのです。

食べて美味しい果物のような実りもあれば、落ち葉が栄養となっていくように、自分を養い、強く大きく育ててくれるものもある。
IMG_2868.jpg

ヨガやジャーナリングでは、秋に「手放すこと」と「収穫を得ること」の両方に、意識を開いて、それぞれが十分にそこにいて、味わう時間をとりました。

今起きていることをなくしたり、否定したりするのではなく、十分に味わう。
それができたら、PMSや更年期を悪化させるストレスから、解放される道が見えてきます。
自分の居場所を知り、感情や体の感覚を感じて、リラックスすることを、ヨガや瞑想、ジャーナリングなどによって、それぞれに体験しました。

ワークショップや集中コースに参加すると、テクニックや知識を得ることが目的になってしまって、自分のためにヨガをしたり、自分自身に注意を向けることが少ないけれど、今日はじっくり、自分のために過ごせたと話してくれた方がいました。

私がやりたいウーマンズヨガは、そういうヨガです。

それから今回は、自作のキルタンを初めて人前で歌いました。
女性の中にある、宝、花に注意を向ける、Om Mani Padme Humというマントラを使って。
これもまたサイクルで、歌わなかった冬を終えて、新しい春が始まるのだなと思うのです。



来年は、ウーマンズヨガで、一泊二日のリトリートに出かけたいなと思っています。
場所は和歌山。 原始の女性のエネルギー「シャクティ」を感じさせる、緑深く、星がきらめく山里で、すぐ下方には清流が流れ、体に優しく美味しい食事、サウナもある露天風呂付きという素晴らしいロケーションです。

時期は7月の予定です。
詳細は決まり次第おしらせします!

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
秋の散歩〜WSのおしらせ〜
今日はしとしとと雨の降る土曜日。

暖かい部屋の中で来週の女性のためのヨガWS「ウーマンズヨガ」の準備をしてたのだけど、外の空気を吸って体も動かそう!と、子供と一緒に散歩に出かけた。

暖かく着込んで歩く。

霧もやの立つ山や紅葉の赤、黄色がとても美しい。
IMG_2859.jpg

ウーマンズヨガで、「木」をモチーフにした瞑想やヨガをしようとプランしています。
実際に、木の近くに行って、たくさんの落ち葉でふかふかした柔らかい土を踏んでいると、そこから感じるものがあった。
こんなに多くの葉を育てても、秋になったら全部落ちていく。
実をつける木もあれば、裸同然になっていく木もある。

でも、足元の落ち葉はとても美しく、それだけじゃなくて、木自体の根を守り、冬を越え、春を迎えるころには養分となる。

女の盛りはいくつなのか、いろいろな説があるけれど、仮に旬を過ぎたとしても、そこには秋の美しさもあるのだと思った。

Om Mani Padme Hum というマントラも、今回のWSにぴったりに思えて、当日みんなで唱えたいと思っている。

最盛期を過ぎ、意識が内向し、手放し、また、実りを受け取る秋のエネルギーは、生理前や、更年期の時期のエネルギーと重なるところが多いなぁと、しみじみ感じました。

ウーマンズヨガ〜わたしの月経と更年期〜は、11/26(土)の午後開催です^^

ご興味ある方は是非どうぞ♫








来週土曜 下北沢Yoga of Life
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
1年以上ぶり!ウーマンズヨガ〜わたしたちの月経と更年期〜開催します。
今日地元でのヨガ指導中に、めまいがしばらく治まらず、生徒さんに待ってもらうという出来事がありました。

さすが、もうすぐ46歳。体の変化をひしひし感じます。
IMG_2662.jpg

当日のクラス参加者は、全員私より年上、女性としての経験豊かな先輩ばかり。

めまいの経験や、どう対処したか、どんな経過をたどったか、めまいだけではない「更年期症状」の多様性についても、クラス後も話を聞かせてもらいました。

「ヨガをしていると更年期は楽に経過する」と聞くこともありますが、ヨガがメジャーになってまだ歴史の浅い日本。

自分たちの体験を通して、その真偽を確認したいと思っています(笑

更年期も、生理痛やPMS、大きく言えば妊娠、出産に係る体の変化も、流産や不妊治療のような体への負担も、女性だからこその体験です。

こう言った不調、不安定さ、辛さを、「女だからしょうがない」とただ我慢するのではなく、自分の体や、心の中で何が起きているのか、現実を受け止めるくらいの時間は、もたせてちょうだいよ、と思います。

そのうえで、今の環境の中でリラックスしたり、自分らしくいるために必要なことを探していく過程を、ヨガや瞑想、仲間とのコミュニケーションの中で体験できたら、それが「セルフケア」になるんじゃないか。

それがひいては、避けて通れない老い、そして、心身の変化も、味わいながら生きていくヒントになるんじゃないかなぁと、思うのです。

そんな気持ちで、1年以上ぶりにウーマンズヨガWSを開催します^^
これまでのウーマンズヨガを受けてくださった方にとっては、「秋」のウーマンズヨガです。

変化を受け入れ、今の自分にあるものを大切にするのが、裏テーマ。

女性の皆さん、ヨガをツールに自分自身でいることを快適にするような時間を一緒に過ごしましょう!

お申し込み、詳細はこちらへどうぞ♡
ウーマンズヨガWS〜わたしたちの月経と更年期〜
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
ウーマンズヨガ:初の宿泊リトリート@茅ヶ崎を終えて
2014年、7月の最後の週末。ちょうど新月の時に、京都の千絵ちゃんと一緒に展開しているウーマンズヨガ初の宿泊リトリートが終わりました。
会場は同じクリパル仲間の青江夫妻の主宰する「Rainbow Yoga Room」

茅ヶ崎集合写真

参加者は定員ちょうどの8名。
土日の1泊2日を、女性だけで過ごした。

ヨガするときも、瞑想するときも、「わたし」に注意を向ける。
makiyinyoga.jpg

食事を作るときも、食べるときも。今、何が起きてるのか、何度も注意を向ける。
DSC01977_convert_20140809130927.jpg

「女性であるわたし」を直接感じるワークをしたり、夏らしいエネルギーを感じる海ヨガやサイクリングの他、プライベートな時間も楽しんで。
P7270130_large.jpg
P7270145_large.jpg


時間をかけて、何度も様々な方法でアプローチすることで、やっと触れられる自分の本質や本心、または普段目を向ける間がないけれど、確かにそこに居る奥の方の自分に、誰もが近づいて行っていた。
その内なる”女神”の声を聞き、本当にありたい自分に近づくヒントを受け取るのに、一泊2日という時間は、ちょうどよかったようだ。

参加者は皆、『今の自分』をオープンに、時には笑って、時には戸惑い、涙を見せながらシェアしてくれて、本当の真摯な気持ちからだから、ひとつひとつの言葉が、心に響いた。

夏って、大人になる毎に、思いっきり味わうことをだんだんとしにくくなる季節なのかもしれない。
だからこそ、意識して何か自分の「してみたいこと」に飛び込むことで、新しい可能性や本質を再発見する女性が多かった。

私のハイライトは、海ヨガと、海までのサイクリング。
海で、海と空しか見えない状態で、からだを思いっきり動かすときの、解放感ったら、半端ない。
”ここまで”なんて境界は、本当はどこにもないように感じた。
海の祭壇
帰りは道に迷ってエッジでしたが・・・(爆)そこで自分がどう振る舞うか、改めて「わたし」を知る体験になりました。

9月暑さが徐々にやわらいで行く頃、京都で秋の一泊2日リトリートを予定しています。
季節が変わるように、変化するのは自然なこと。
自分の中にもある『四季』を体験するのは、女性としての自分の存在の深さに触れることに繋がるように思います。

ウーマンズヨガ・リトリート 〜私の実りを受けとる 初秋の京都1泊2日〜
お申し込みはこちらへ→CHIE_YOGA
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[ウーマンズヨガ
| HOME |