クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
アーユルヴェーダの食卓:冬のヴァータのためのオニオンスープ
寒い冬に、温かいスープを作りませんか?

忙しい師走に、あえてのんびり料理できる時を作る!のも、ヴァータケアのための1つのエッセンスです。

冬のヴァータのためのオニオンスープ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
材料:
玉ねぎ 大2個
ギー 40−50g
赤ワイン(できればオーガニックで酸化防止剤無添加のもの)大さじ2くらい
水 500ml

作り方:
1、玉ねぎを薄切りにして、鍋にギーを溶かしたところに加え、じっくり飴色になるまで炒めていく。
✳︎焦らず、ゆったりと。甘みはヴァータケアにぴったり。
IMG_2908.jpg

✳︎ギーは、最近は成城石井などでも手に入るとか?とても美味しく、酸化しにくく(老化しにくい、ということです!)オススメですが、ない場合はバターや菜種油などでも。たっぷり使って、こく(=重さ)を出して。

2、玉ねぎが濃いブラウンになったら、赤ワインを加えなじませ、水を加えて10−15分煮る。

3、塩で味を整えて出来上がり!

作り方は極めて簡単ですが、慌てず、腰を据えて、かつのんびりとリラックスして、この工程と関わること自体、ヴァータ(風)を安定させてくれると感じます。そして、味も、まさにヴァータ向け◎
その理由✳︎は後ほどしつこく述べます…

たっぷりな量なので、アレンジも楽しいです🎶

<アレンジ1:オニオングラタンスープ>
IMG_2923.jpg
スープをボールに注いで、バケットとチーズを加えて、チーズが溶けるまで、オーブンかトースターで焼きます。
夫と子供もおいしいと、気に入ってくれてました^^

<アレンジ2:半熟卵をそえて>
IMG_2922.jpg
スープに卵を割り入れ、半熟になるまで火を入れる。
ガーリックトーストをスープに加えて一緒に食べてもおいしい。



さて、ここから先は、
どうして、オニオンスープが冬のヴァータケアによいのか??

理屈でわかるともっと面白い!という方はぜひ読んでみてください。

アーユルヴェーダでは、冬はヴァータ=風と空の質 が増えると言われます。

5大元素の中でも風は
・冷たい
・乾いている
・ザラザラと荒れている
・軽い
・不安定
・動き回る

という特質(グナ)が多いです。

実際、冬は寒いですし、肌も、体の中も乾燥しやすい。
便秘や生理不順、PMS、更年期などのホルモンバランスの乱れも、ヴァータの増悪が原因と言われます。
また心理的にも、気持ちが荒れやすく、不安定になりやすい。

だから、冬にはそれらと反対の質を増やすとよいのです。
つまり
・温かい
・湿っている
・油気(なめらかさ)
・重い
・規則正しいリズム、安定感
・ゆっくりする

たとえば、温かいお風呂は、熱と湿り気を増やしますし、同じお湯で作る湯たんぽも、どっしり重いですよね。
寒い時にお風呂に入った後や、湯たんぽを抱えた時、「あったかーい」「ほっとするー」と感じるのは、(アーユルヴェーダ的に言えば)増えすぎたヴァータを和らげられたからなのです。

アーユルヴェーダの食養生では、ハーブやスパイスが知られていますが、それは発祥の地インドがスパイスの国だからじゃないか、と個人的に思っています。もちろんハーブやスパイスはパワフルなものですが、もともとそれらを多用しない日本の食文化において、他にできることもたくさんあると思うのです。

たとえば、食事を作る時にかける時間、食べるのにかける時間をゆったりと長くする。
玉ねぎを大量に切り、長いことじっくり炒める作業は、規則的で、のんびりとしたリズムに乗って行う。
そうやって意識して作ると、味も香りもスープ作りにかけた愛情も、目一杯味わおうという気持ちになるような気がします。

そして、温かく、汁気があり、砂糖ではなく、野菜や穀物(スープに浸された湿って柔らかいパン)の持つ甘みと、質の良い油分のあるこのスープは、体も心もほっこり暖かく、安定させる冬のヴァータケアにぴったりな料理となるでしょう。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
冬:ヴァータの季節の過ごし方
暮らしにいかすアーユルヴェーダの基礎4「プラーナ、テジャス、オジャス編」も無事終了し、クリパルジャパンYoga of Lifeでの2016年最後のレギュラークラスも終了。ああ、今年ももうすぐ終わるんだなという感覚が強くなってきました。
IMG_2914.jpg
クリスマスも、もうすぐです。

アーユルヴェーダでは秋、冬は風と空の質をもつ「ヴァータ」が増える季節と言います。

今日外で子供とバドミントンをしましたが、本当に「ヴァータ」=風が増えてる!と感じました。

風が吹くと…
空気がめちゃくちゃに動き回るのが、舞う木の葉の動きでよくわかります。
髪の毛もハチャメチャに動き、バドミントンの羽も思うようには飛びません。

風待ち中、その様子を見ていたら、ヒラメキました。
だから、まずはヴァータをケアして、それから他のドーシャのケアをしなさいって言うんだなと…つまり、ビュービュー風が吹いているなかで、エネルギーの方向を転換するようなことをしても、ぐちゃぐちゃになってしまうから、まず風を止ませ、風と空の清浄な空間、落ち着いて微細な感覚を感じられる状態にしなさいってことなんだ、と。
IMG_2921.jpg

風が止む合間に羽を打てば、気持ちいいくらいスパッと、目標に向かって飛んでいきますからね^^

そしてもう一つ、どんなに空間に風が吹き荒れていても、視線を落として大地を見れば
IMG_2920.jpg
しっかりと根を張って、風が吹いてもビクともしない、素晴らしい安定感で、柔らかく強く咲く花があります。
こんな風にグラウンドするのも、ヴァータの季節に大切なことだなと思うのです。

忙しい、頭がいっぱいというときだけでなく、冷え性、乾燥による皮膚の炎症、便秘、神経系の痛み、ホルモンバランスの乱れも心身の風=ヴァータが吹き荒れている時に起きる症状です。

次回のクリパル・アーユルヴェディック・ヨガWSでは、ヴァータをケアするオイルトリートメントと、グラウンドして体を中から温めるアーユルヴェディック・ヨガを体験できます◎
最近話題のオイルプリング(ごま油を使ったうがい)も紹介しますので、更年期症状や白髪予防に何か試してみたい方にもオススメです。

年末年始を超えたら、一息ついてセルフケアして、元気に一年過ごしたい方、ぜひいらしてください^^

ご予約、お問い合わせはクリパルジャパンYoga of Lifeまでどうぞ。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
ヴァータケアにバナナケーキ♡
この週末は、夫、初の北海道遠征により、子供と二人で過ごしています。

「家に大人が自分しかいない」ことで、細かいことに責任やプレッシャーを感じます。

例えば、お祭り。

うちの子は、お祭り行きたい!という割には、見ているだけで何もせず…
つまらなそうに終わってしまうと、何だか自分のせいのように感じてしまう。

他にも、戸締りや家に帰る時など、明らかに夫がいないと、警戒する。
もともと、怖がりで、想像力旺盛なのが、強くなるんですねー。

怖がりも、妄想も、アーユルヴェーダでいうところのヴァータ(風)のエネルギーが多い時の症状です。

プラス、あれやらねば、これもやり遂げたいなど、「ラジャス」(活性)という心の質も増えてる。

こうして過剰になったヴァータが、こんな風に現れてました。

・子供と密接に関係できなくて、ラフでドライ(どちらもヴァータの質)な対応をしてしまう。

・食べるものに無頓着になって、買ったもので済ませたり、食事の時間がグチャグチャになる。

・深夜に音楽を聴いて、歌って踊るなど、ヴァータと同質のものを欲する。
(子供が起きて、何の騒ぎだ?って見に来ました…それでも放っておいてよ、って思ってましたから、自分でもちょっとアンバランスになってるなーって気づきました)

・そして不眠


今日、子供が出かけて留守の間、勢いにのって何かするのをやめて、極力何もしないようにしようと思いました。
ヴァータをケアして、バランスを取り戻そうと思ったわけです。

ヴァータケアのためにしたことは…

・静けさ

・ヨガや瞑想(穏やかで落ち着くもの。なるべく考えない)

・規則正しい単調な作業(今日は翻訳、洗濯)

・定時に食事、簡単でいいから、米や酵母パンなど「甘味」のあるもので、重いものを。

・懐かしいことや心が和らぐことに意識を向ける。

…ふと、子供の頃なりたかったものが二つあったのを思い出しました。

一つは歌手なんですが(笑

もう一つは、主婦。

大人になって、会社を辞めて自営したいって思った時も、やりたいことのトップは「主婦」だった。(相手がいませんでしたけど…)

生活に関わることを丁寧に、楽しむことが、夢の一つだったんだよなーって思い出したら、今進めている新しい仕事のプランも、腹に落ちることを確認して、ゆっくり実現すればいいや、と気持ちが和らぎました。

だいぶ症状が和らいだので久しぶりに、手作りおやつを。

IMG_2654.jpg
--------------
バナナケーキ
--------------
小麦粉200gにBP小さじ1.5くらいをよく混ぜておき、砂糖(今回はきび砂糖)大さじ5、菜種油大さじ2、塩少々と豆乳200ccを混ぜたものを加えて、さっくり生地にします。
適当に切ったバナナを加えて、飾り用をトップに並べ、180度のオーブンで25分くらい焼く。

と出来上がります!


手作りのおやつやパンは、ちゃんとここにいられる時じゃないと、作れないなって思った。





「〜せねば」と思う気持ちをちょっと脇に置いて、

スローダウンして、

ここにいて、

頭より心や体を使って

したいことをする。


そういう切り替えの時間は、時々必要だなって思います。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダと生きること。
昨日Yoga of Lifeへ行きましたら、あるものの山が出来上がっておりました。

その一部がこちら
FullSizeRender_2016052113592003d.jpg
「グナ・カード」と名付けてまして、オリジナル作品です!
(制作にあたっては、YoLスタッフ、村上史子さんに多大なサポートを頂きました。ありがとーふーみん!)

もともと、体を動かすのが嫌いだった私は、ヨガより先に「アーユルヴェーダ」に興味を持ちました。
かれこれ、20年以上前の話です・・・太陽礼拝という動きがあるらしい、と知ったのも、アーユルヴェーダの本からでした。

一昨年〜去年まで、米国クリパルセンターでのアーユルヴェーダ、及びアーユルヴェディックヨガのトレーニングに参加できたのは、本当に長年の夢が叶ったという感じでした。→その時の記事:基礎修了(2014年)・ クリパル・アーユルヴェディックヨガ教師認定(2015年)

私は、ゆっくりのペースで、子育てや家事など、普通の生活しながらヨガやアーユルヴェーダを続けてきて良かったと思います。というのも、知識で頭がいっぱいになることなく、自然と咀嚼しながら『分かること』が増えていく感じで楽しみながら続けて来れましたし、自分自身で「これって、こういうことなんじゃないか」と思い始めていたことを、正式なトレーニングで「やっぱりそうだった!」と確認できたときの喜びは、全て教わって覚えるのとは違う、充実したものだったからです。

このグナ・カードはそんな中で、生まれました。

今まで、子どもの色紙を借りて、手づくりしていたのも良かったですが、一気にプロっぽくなったように感じます(笑)

先日、一緒にアメリカで学んだ仲間が、病により他界したという知らせを受けました。日本から1人で来ていた私に、マメに声をかけてくれて、何の壁もなく接してくれた、彼女の明るい笑顔が忘れられません。しばらく、喪に服すような気持ちで過ごしてました。
IMG_2261.jpg
(for Donna)

今、私は、アーユルヴェーダは命の質を高めるものだと思うに至っています。
そして、ヨガとアーユルヴェーダを比翼とするクリパル・アーユルヴェディックヨガを学んだ1人として、
多くの仲間と一緒に学んだこと、自分に出来ることを、オープンに必要な人に届け、役立ててもらうことが、私に出来ることなんだろう、と思ってます。

夏はYoLと、京都TAMISAさんでワークショップがあります。

6/26(日)13:00〜
東京Yoga of Life:夏のクリパル・アーユルヴェディック・ヨガ

7/10京都、7/9名古屋
外部ワークショップのお知らせ

新生グナ・カードもお披露目できると思います!ぜひいらしてください。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
秋と更年期に向けてのセルフケア
すっかり秋ですね。
来月45歳の誕生日を迎えますので、人生の季節も、秋に入っているように思います。
IMG_1606.jpg
秋は少し寂しい気持ちにもなりますが、自分に意識を向けて内観を始める良い時期でもあります。

この2週間は、夫の留守によって、ひとりの時間が増えました。
季節の変わり目に、セルフケアする時間をもらっているような気がします。

このところ気をつけて行っていることがいくつかあります。

・白湯、ケチャリ(インド風の豆と米、野菜などの入ったおかゆ)など消化がよく、体を温め、刺激の少ないものを摂る
IMG_1543.jpgIMG_1685.jpg

・何を、どれくらい食べたいか、体に聞く
IMG_1602.jpg
秋、冬は甘み、塩味、酸味、そして、良質の油分を多めに。写真はさつまいもとりんごに、軽く塩して煮ただけのもの。体も心もホッとする味です。

・トイレを我慢しない

6月にクリパルセンターで受けたアーユルヴェディックヨガのプログラムで指導してくれたJohn Douillard の「女性の健康のためのアーユルヴェーダ」というPodcastがきっかけです。
こちらでその録画が見られます→ Ayurveda for women's health

1時間ちょっと、女性と自然のサイクルとの繋がりのことや、月経、更年期、不妊、流産、産後のケアまで、すさまじい情報量でしたが、「トイレを我慢しないこと」ならすぐできそうだし、簡単だし、試してみています。

最初は「そんなの普通にやってるよー」と思ってましたが、本当にそうしようと意図してみたところ、意外と「まだいいだろう」と思って後回しにしたり、トイレに行くのを(変な話ですけど)面倒くさがっていたことに、気づきました。

トイレを我慢しないことは、アパーナと呼ばれる下降して体外へ排出する流れを、あるべき力に戻す助けになるそうです。
だから、生理も楽になり、体の浄化に繋がるというわけです。生理を楽にするには、月経血を排出するだけじゃなくて、その準備を体全体がしている時に、リンパの流れをスムーズにすることも大切だと聞いて、運動も増やしました。

・リンパを動かす
リンパは皮膚のすぐ下に流れている体液で、体をさすったり、動かしたりすれば自然に動きます。
ーボディブラシやオイルを使ったマッサージ(アヴィヤンガ)
IMG_1669.jpg
ー朝キッチンで関節を動かす(ダシャチャルヤ、と呼ばれるものです)
ー日中は30分は運動する(散歩、自転車など、わたしは水泳が好きです!)
ーヨガ
ー踊る(笑)など
IMG_1627.jpeg

・痛みのある部位に注意を向ける
(これは大きかったです。)
慢性的に右肩が痛くて、どこかで「あきらめ」ていました。
痛くても放っておく、そのうちどうにかなるまで気にしないようにする、というのは、わたしの古いパターンそのものです。

PRYT(ヨガセラピー)中も、ずっと痛みはありましたが、むしろ、気にかけて様子を伺って、注意を向ける方が必要だったのかも、と思い始めてから、ひどい痛みのときも、ぐずついた痛みのときも、それを感じて呼吸して、注意をそらさないようにしてみました。

一週間くらいしか経っていませんが、変化の兆しがあります。激しさが和らいで来たようです。
もうしばらく続けてみます。

そんなこんなで、体がスッキリして来ました。
心もいい感じで、新月が迎えられそうです。




Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
| HOME | next