クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
和葉さんとの往復書簡:8
和葉さんから受け取った、全編後編に分かれた書簡を読んでの、お返事です。
休養を頂いていた期間と重なって、益々、いろんなことを考えました。

私はなにがしたいんだろう?って、誰にとっても大切な、そして結構難しい問いなんじゃないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
和葉さんへ

お見舞い、ありがとう。この前は、ずっと前から約束してたのに、会えなくてごめんね。
まだ、からだは「通常」レベルではないらしいのだけど、もうほとんど、今までどおりの生活ができるようになってきてます。

もしクリパル以前、瞑想以前の自分が同じ状況になったら、心身ともにもっともっと大変だったろうなぁとは、思います。
でも、そんなにきれいな、理想的なヨガ実践者じゃないよ、私は(笑)リアルでいるって、どす黒いものも、残酷なことも含んでるからね。
ただ、いつも正直でいるってところだけは、自分らしかった(えっへん)。心身ともに、ものすごく揺さぶられたし変化してるけど、本質的な命に関わるところから来るものが多いから、その分見るべきものも多くて、非常に興味深い体験だったよ(笑)しかし、これが、「治らない」種類のものだったら・・・って思いが、あれからずっと、心に残ってる。
変化するっていうのは、命が展開してるってことで、実はそこに居やすい状態だよ。変わらないとか、じわじわひどくなる、とか(一時期そうだったけど)これが続くと、もっと追いつめられるだろうなって思う。
何があったのかのシェアはまた、プライベートで・・・。色々と想像やイメージを持って見られるのは、いやだなぁと思うので。

さて、ヨガレイブと子持ち主婦になる前の自分に戻りたいか、についての話。ちょっと時間をかけて、深めてみたいなあと思ってました。

最初は、自分はどうだ?って考えてみた時、「役割と責任」しばりから、なかなか心を自由にできないなって思った。
体調崩してる私に、家族も周りも「休んで」「好きなことして」って、甘やかしてくれるけど、最初は「人の役に立たねば」(そうでないと、存在意義を見つけられない)みたいなのばっかり出てきて。それこそ、元気でお金もあって時間もあったら、海外旅行に行きたいとか、そういう類いの「したいこと」は出てきても、探してるのはそれじゃないよね〜。

一日中、ほとんどひとりでベッドにいたから、いろんなことを考えたし、ヨガのリトリートに同行した時の体験も重なって、徐々にマインドがシンプルになっていってね。
健康状態が良くなってきた時にこれからどう生きたいかって考えたら、ヨガ、瞑想がいつも近くにある今の生活、プラス「自分がしたいこと」がやっと出てきたよ。
わたしね、歌が歌いたいの(笑)。これだけは、理由も分からないくらい前からずっと好きで、そういえば、結婚後、ほとんどしてなかった。
バンドで歌うのはおろか、家でも音楽も聴いてない。子守唄とか童謡をたまーに一緒に歌うくらいになって、だいぶ経つんだな。

私は和葉さんみたいに、「そこに辿り着こうとして悪戦苦闘」すらしてなくて、「今は無理ダベ」ぐらいで手も付けてなかったから、最初はピンと来なかったんだ〜。
和葉さんがヨガレイブで体験した「この感覚、心から求めてた!」みたいなものが、私にはないのか?ヨガや瞑想に関しては強い気持ちと行動力があると思うし、仕事とリンクしてるから、実現しやすいんだけど、その他にはなんもないのか?って結構、自問自答しました。

「透明なおり」の感覚はよくわかる。でも、そこから、「自分が」頑張って(例えば、子どもを連れて電車や車に乗って出掛けるっていうレベルは既に私にはかなりのハードルであります)、以前してたことを取り戻したいってエネルギーが感じられないのは、なんでだろう??田舎に住んでるからか?私が横着で、めんどくさがりだからか?と・・・。

実際、どれもあってる・・・と思う。でも、それよりも多分、「心から好き!」って感じることが、かなり偏ってて、なんて言ったらいいか、、、そのエッセンス的なものを求めてるんじゃないかと思うんだよね。

私はもともと、「表面的なことは興味ない。その奥に何があるの?」っていう種類の好奇心というか、探究心というか、エネルギーが強いの・・・でも、結婚出産前は、それにstickできなかった。それを憧れて求めてたけど、リアルにはそこに触れていられなかったの。もっとマインドが忙しかったし、どうしたらいいか分からなかったし、普通の学校、会社に属してたから、どこか、他の刺激で紛らわせてたというか。
でも、トシと出会って、クリパルに傾倒していって、結婚、妊娠、出産、子育てするようになって、それまで表には出なかった、奥のほうの自分の本性が、どんどん出てきたんだな。和葉さんの言う「自分の黒い側面が暴かれていく修行(笑)」。このプロセスと、そこで見つけるリアルなものが、そもそも好物なんだね(笑)ははは、これ以上おもしろいものはないってくらい。

えげつないほど「リアル」な自分に出会うのは、「新しい自分を創造していく感じ」もあるかもしれない。でも、私にとってはむしろ、ずっと、そこに居たんでしょ?っていう本来の自分自身を生きるきっかけになってるような・・・そのリアルな自分に繋がって、あの好きな「歌う」っていう行為でそのエネルギーに繋がれたら、ただ単純に、うれしいだろうなってね。以前の私は、前述同様、やりたくてもできなかったから。ここからまた、やってみたいなって思ってるんだ。

和葉さんは「今したいことは、ヨガ!」って気づいたあと、行動に移してるよね。偉いなぁ。私も、アクションは起こしてみた!けど、まぁ、ちょうどいいタイミングと縁があった時に、と、相変わらず受け身なことを言っとります(笑)

近日のFBでの「七五三」の投稿コメントも、この辺りに繋がってるように思います。
・・・で、正味、七五三ってなに?と問うた時、エッセンスは「この子がここまで、死なずに、元気に成長したことに、感謝します」って感情を家族が味わうことだ、と私は思ったのだけど、それってどうしたら体験できるの? すごく、すごーーーく、知りたかったのです。おせーて!女の子だと、着物着せたりすると、母もテンションあがる?私は息子に袴履かせても、あんまり盛り上がりそうもないんだよーー。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
【The seed of spirit】まきこさんとの往復書簡:7(前編/後編)
和葉さんとの往復書簡、今回頂いたお手紙は、前後編に分かれてます(笑)

【The seed of spirit】まきこさんとの往復書簡:7(前編)→本文はこちら

【The seed of spirit】まきこさんとの往復書簡:7(後編)→本文はこちら

子育て中、「何したい?」と聞かれても、今は無理・・・的なことしか思いつかないというのは、よくあるのでは?
そんななか、参加した日本初開催の「ヨガレイブ」に参加して、感じたことを独白!してくれています。

私もいま、何したい?って自分に聞いてるとこだけど、「責任や義務を果たす」→「罪悪感から解放されたい」ってところから、なかなか離れられないでいるんだなぁと、しみじみ思います。宅レイブ、のつもりで、歌ってオドルか!!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
和葉さんとの往復書簡:6
和葉さんへ

この半年、ということは、今年の2月から7月までってことだよね。(ごめーん、時間の感覚が緩いの・・・)

いや、わたしも色々ありましたよ〜。
なんか、子どもが年中になって育児も落ち着いて来て、もう一時のような嵐のような感情の波も収まって来てるのかなと思っていたけど、時々どーん!と、大きいヤツが来るようで、ヨガしてるからないだろう、、、くらいに思ってたぎっくり腰が来たよ。ただ、ざわざわした感じは、長くは続かなくなってきたかな。結構さっぱりしてきた、というか(笑)

子ども育てて、それ以外に、仕事なり、家事なり、夫婦なりやってるっていうのはさ、ハンコで言ったら「大変良く出来ました!」5つ分くらいだと思うわ!
育児には自分のコントロールが利かないことが多いし、逃げ場がないことが多いから、普段は見ないようにしてることや過去を思い出したりする機会が増えるよね。そこで何か気づきが起きて、いわゆる浄化が起こって、世界が広がったり、新しいステージが始まるって、すごく面白い体験も同時に起こる時期だけど・・・心身ともに、エネルギーがいります。はい。

和葉さんちの姫は、眠るのが難しい赤ちゃんだったんだね〜。大変だったでしょう。。。

ウチの息子も、眠りは浅かったし、産んでしばらくは体を立てておかないと寝なくてね。
その頃は、寝かしつけは、夫に頼ってたなぁ。PC作業しながら抱いててもらって。
でも夫が1ヶ月、研修で居なくなったのをきっかけに、おっぱいくわえながら寝かせるようになって、そのまま「お母さんじゃなきゃダメ」な状況に。
夜中約3時間ごとに起きるのが、2歳半くらいまで続いたから、いつになったら寝たいだけ寝れるだろうって、天井を見つめてたねー、空っぽの目で。寝不足続いてたし、体もあちこち痛かった。

和葉さんがいうような、「ダークな自分」も、しょっちゅう登場してるよー、今でも(笑)

わたしは、どっかであきらめた、かな。そういう時もあるって。それも含めていこうって。
いつも「優しいお母さん」なんてリアルじゃないだろうって(笑)

でも、わたしがこんな態度じゃ、自分と同じようなトラウマを持たせちゃうかもしれないとか、色々考えた。
トシにもそういうようなことを言われて、理屈は分かるけど、コントロールできなくなっちゃうわけだから、どうしたらいいの?って。
一番いいのは、子どもから離れることだと今でも思ってる。
でもさ、代わりがいないなら、そのまま関わり合うしかないじゃない?

そんなこんなで、いつ頃からか、徐々に「母=不完全な人間」でいいって思いに変わったのかな。

そのかわり、「あーわたしイライラしてたなあ・・・」って後で素直に悪かったって思えるようになったら、ちゃんと子どもにそのことを話して、謝って、子どもの気持ちも聞いて、許してもらって、もう一回やり直す。っていうプロセスをめんどくさがらないで、正直にやろうって。

そういうのを繰り返してます。

前にも書いたかもしれないけど、「おそろしく素の自分」なのに一緒に居られるのって、子どもだけなんだよね。
親や友達、夫にだって、すべてをさらけ出してるかって言ったらNoだと思う。

時に真っ黒なわたしを知ってても、それでも「お母さんが大好き」って言って、ずっと側にいたがる子どもをみてると、こんなわたしでも、愛してもらえるんだー♡って、すごく癒される瞬間がある。
だからね、子どもと持ちつ持たれつで、関わり合って行けばいいかって思ってるのです。

何が一番辛かった?って聞かれて、ずっと考えてたんだけど、寝れないとか、イライラするとか、体が痛いとかその時は色々あっても、徐々に変わるじゃない? 1番が、流動的なんだよね。
でも、そいういう諸々のトラブルの元になるようなものは、いまだに変わらずあるんじゃないだろうか、と。
そう思って見回してみると、わたしの場合は、「子どもと遊べない」って状況に何か潜んでいるように思います。

遊ぶ時間がないとかじゃなくて、子どもと遊びながらそこにちゃんと居ることが出来ないって・・・通じる?

つい目的を果たすとか、結果が出るとか、何か意味付けしやすいことに心が逸れて行っちゃって、全然そこに居なくなるの。
ただ、遊べないんだよねー。だから子どもは不満だし、わたしも全然楽しくない。
私自身が子どもの頃から、ただ遊ぶって苦手だったから、そこには、なんかあるんだよね。

母親は友達じゃないからいいやって逃げてた時期もあったのだけど、これは、わたしの問題で、これからどう生きたいかに大きく影響してるって直感があります。

だから、この夏は、子どもと一緒に感じたり、熱中したりするのに、チャレンジしよう!とおもっとります。

早速、日焼けするくらい海で遊んで、背中がカユいけど(笑)
何かのためじゃなくて、ただそこに居るっていう感覚を取り戻せって魂が言ってるような気がするのよねー。
で、実際飛び込んでやってみれば、ちょっと感覚が掴めるというか。。。

ヨガや瞑想してるときみたいに、体と心が一体になってる感覚を日常に広げることに繋がりそうなの。

だからこの夏は遊びまくる!(←がんばれ、あたし)
和葉さんは?今何がしたい??

海の側のクリパルヨガスタジオ(茅ヶ崎まで行けばあるよ)、横浜にも近い将来、誰か作ってくれるんじゃないかと・・・人頼みだねー(笑)

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
和葉さんとの往復書簡:5
ふふ、半年ぶりに和葉さんからお手紙頂きました
2歳児と過ごす半年は、非常に濃い日常だろうと、想像ができます。

それから、ほんとはそう思ってるけど、口に出すのははばかられるようなことを、シェアして、共感して、そこから新しいあり方を創造するっていうプロセスに今の時代は入ってるように思います。
今ならではの、赤裸々なお手紙です(笑)ぜひ読んでみてください♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まきこさんとの往復書簡:5 
和葉から、まきこさんへ



ごーめーーん!笑

なんと最後に書いたのが2月だから、
半年近く放置してしまった。

なんかもう、もうもうもう!

まきこさんに話したい事、
しかも
がっつり話したい事が
次から次にの半年で
ちゃんと書こうとしてたらこんなに時間が。

下書きフォルダにいくつあるんだ、
って世界。

で、もうそれらをまとめられなくなったので
あきらめて短く行こうかと。

でも
まきこさんの日記も読んでいると
お互い結構いろいろあった半年ではない???

わたしはすごく重要な半年だった。

仕事においても
育児においても
家庭においても

どん、と大きなシフトがあった。
大きなでき事、って言うんじゃなく
次のステージ、っていうシフト。

広がると同時に、
「思い出す」
っていう感じも多くって
あらためて

「いや、2歳児育てるってやっぱり普通に大変だよね?笑」

って思っています^^

それ以外の事やってるわたし、
えらい!
ぐらいで行こうかと・・。


そして余裕が出てきた分、
一番辛かった時代を思い出して
またちょっとしんみりしたり
その時の辛さについてまだまだ「癒し」が
必要だなと実は再認識しています。


うちのお嬢さんは
今でもそうだけど
寝るのがとっても苦手でね・・・

とくに最初の一年くらいは、しっしんとかも
ひどかったので
ほんとうに寝られなかった。

そしてちっさい頃は一日に何度もある
お昼ねのときも
いちいち寝かしつけに時間がかかって
なんかわたし
一日に何時間寝かしつけに費やしているんだろう・・・
って宙を見つめていたなあ。

頭も働いていなかったし、
時間の流れがおかしくなる感じで
ほんとうにノイローゼ寸前というか
いや、ノイローゼだったんではと思う。


まきこさんは、
育児、
どうだった?(←漠然とし過ぎ!)


しびれるような幸福感とか
時にものすごい孤独とか。


今までの人生で経験した事のない感情がてんこもりで
なかなか忙しいですね。


で、いきなり一番辛かった話なんだけど
まきこさんは、なに?

わたし、やっぱり
育児しなければ出会わなくて良かったかも知れない
自分のダークなダメな側面
に出会うのが一番キツいときだなあ。

これは未だにそう。

こんな幼子相手に
心底「いらっ」と来る自分とか。
遮断して無感覚になろうとする自分とか。

もう絶対誰にも見せたくない自分の顔ね。

でまた、そういう時に限って
夫は容赦なく指摘するんだよね、笑

「なんでそんな事でイライラするの」とか。

悲しさ倍層^^

まきこさんは
こんな時どうしてるのかな~
って、いつも思うんだ。

どうしてるの????(どストレート)


まきこさんも
いろいろ動いているね。
動いている自分の心の動きも丁寧に見ている
まきこさんの様子を見ていると
クリパル教師ってすごいもんだなと
改めて思うよ。

下北が近ければよかったのに!

そしてやはり
うちの近くでは、活動しているクリパルティーチャーが
見当たらないんだなあ。

ああ、またあの時間を過ごしたい。
感覚を通してその奥にある自分に触れる感じ。

ということで横浜スタジオオープンを提案いたします!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
番外編が来た〜。
和葉さんから、往復書簡番外編が届きました。

この間書いた「あたらしいことをはじめる」というブログの記事をよんで、のことらしい。

番外編読んでみたら、なんか伝わって来たよ。
写真

エッジにいて、気づきを保ち続ければ、そこから何か掴もうとさえしなくても、実りを受け取るプロセスは自然に訪れると思う。enjoy your edge!!!

PSエッジに居るということが、体験的に分からないなら、やっぱり、クリパルヨガの集中コースがいいと思う。
教師トレーニングじゃなくて、集中コース。クリパルのYTTは、指導法を学ぶもの。集中コースは自分の体験を深める場。今年は関西で、初開催されます。
詳細はこちらへ→クリパル ステージ1〜3
(東京Yoga of Lifeでの予定も近日公開です)
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
| HOME | next