クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
問いかけること
数日前からトシが意味深いことを問いかけてくる。

自己否定してはいないか?

感じたことをすぐに言葉にするのではなく、しばらくそのまま感じるようにしてみたらどうか?

自分の時間を持てているか?


私なりに感じたことを書こうかと思ったけれど、すぐ言葉にしないでいることを試しているのでやめておく。

このブログを読んだ皆さんも、それぞれに自分に問いかけてみてください。


今日、日の光を浴びながら子供と散歩していて、体でも心でもない自己は、自然そのものだと感じた。
自然と共にいると言う時、人は自然と離れてしまう。人も自然そのものなのだいうことが、内から沸いてきたのは、最近の問いかけの影響なのではないかと思う。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
春が来た~
色のない地面から

毎年忘れず芽を出すクロッカス

花開く姿を見ると、春のエネルギーを感じます
K3200286.jpg

去年より、花数が増えた?
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
理論と実践
おととい、パン生地をしこんだものの、昨日はクラスがあって、焼くタイミングを逃しそうだったので、冷蔵庫に入れてゆっくり発酵させようと試みた。

帰宅後、冷蔵庫を空けてみたが、朝と同じ(ように見える)。

一晩、室温で発酵させて、今朝焼いた。


そーしたら・・・


いつもより、もちもち。
ねばりがあって、柔らかく、おいしい。

ゆっくり低温で発酵させると、パンの持ち味がよく出てくるみたいだ。


本を読んだり、ネットで調べたりして、人の経験から知り得た理論は失敗を減らしてくれるけど、

実践してみて、経験して得た知恵(というほどでもないか)は、しみじみと感慨深い。


ヨガの理論と実践にも、同じ事がいえそうだ。

実践、つまり、自分でやってみて経験するのには、時間が必要。
忙しく、急ぎ足の世の中だけど、この辺のことは、普遍的ことだろうと思う。

おもえば、私は、クリパルを始めてすぐの頃、トシの集中コースで、そういう時間を持たせてもらっていた。

その頃は早く知りたい!と、もっと焦っていたけどね。。。もう一度今、受け直してみたいものだ。



Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
新・コミットする
コーチング講座2回目を終えて二日経過、インテグレーションが起こっている。

さっき布団の中で気がついた。

私は、知らないうちに何かをしていることが多い。

うーん、これじゃ語弊があるな・・・そのつもりで、覚悟してないのに、始めてしまい、その渦中にいるようなことが多い。こっちの方が近い。(長いけど)

「あれがこーで、この人があーだから、こうするしかないな。」

こういうあり方が多いのだ。状況に合わせて、対応している。

クリパルヨガをしていると、自分が何を感じていて、どうしたいのか、問いかけられる。
毎日続けていても、根本的な所は、なかなか変わらないものだ。
未だに、まわりに合わせてその時のベストを尽くしているだけ。

コミットするというのは、「私はこうしよう」と決意(覚悟?)してから入っていくことで、私にはそれが欠けている。

それが、気分よく責任を取ることや、自由でいる事を難しくしているみたいだ。

スタジオのスタッフにも、ちゃんとコミットしてから事に臨む人がいる。かっこいいとおもう。

今日も驚きの「雪」に囲まれてるけど、コミットするぞ! 

一日元気に過ごします!
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
St.valentine's day +
昨日はヴァレンタインデー、今日はトシの誕生日です。

ということで、チョコレートみたいなキャロブケーキを作りました。
valentine.jpg
キャロブというのは、イナゴ豆のことで、カカオみたいな味だけど、豆なのでカフェインなし、子どもにもやさしい食べ物なのです。

やっちんは、はじめてスプーンでケーキを食べました。(ずっと手づかみだったので)
『成長したな~』と感慨深いです。

昨日まで、お出かけが続いていたので、今日は久々に家で家族と過ごす一日。

昨日は、KYTA Japanというクリパル教師の研修会に出席。
2種類の『ホールディング』をしました。要するに、アーサナを保持するのですが・・・

からだの感覚、こころの声をわんさと聞いて、

さらにホールドを続けると、そこを超えて「このままいつまでもいけそう」「私は強い」というアファメーションが自然に沸いてくる。

こういうホールディングを体験したのは初めてだったかもしれない・・・

体験に導いてくれたクリパル教師の仲間達に感謝です!

ヴァレンタインだから、とお菓子やローフードチョコをくれたタマちゃん樹里ちゃん、トシに分けてもらって家族みんなで頂きました~。すごく美味しかったです!
 
ホールディング体験を試してみたい方は、来月のクリ基礎Bにトライしてみてください!

Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
やっちんと車
息子のやっちんも1歳10ヶ月、男の子っぽくなってきました。

なんてったって、クルマが好き!それから、カラフルなカードも好き!
yasucard.jpg

お姉ちゃんにあたるNちゃんからもらったDVD『カーズ』をもう何回繰り返して見ているか。。。

近所のお家や、キッズルームで遊ぶときも、ミニカー並べて数時間・・・ずーっと並べてる・・・お母さん出る幕なし、の集中力です。
家にミニカー置いてないのが、功を奏しているような。

クルマに乗るのも大好き、なのに乗ると寝てしまいます。

10キロ超えてから、クルマに乗せて昼寝させ、クルマの中が親のミニオフィスに早変わりすること多し。

ですので、トシとやっちんが時々クルマにいるのは、私が追い出してる訳ではありません!念のため・・・。

今も2人で寝ています。

その隙に夕食と明日のランチを作って。。。明日はKYTAの研修会。クリパルのYTT卒業生が集まり、学び合いを深める日で、私も今回は参加です!わーい!
自分が学ぶ側になる機会を、今熱望している私にとっては、またとない機会です♬

そういえば、先日のクリ基礎の参加者に今日スタジオであったら、今度ちよちゃんのドロップインを受けに(遠くから夜行に乗って)くるつもりだと話してくれました。

ちよちゃんのドロップイン、私も受けたい・・・熱望しています。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
想像の余地
午後二時、夫と息子は車の中で昼寝中(ありがとう、トシ)
ピンポーンと呼び鈴が鳴った。

玄関を開けたら、ドアのすぐ前に、小学生の女の子が立っている。

『時計がないので、4時半になったら、教えてもらいたいんですけど』

は???

4時半に私がどこで、何をしているか今はわからないので、それを約束するのは難しいと答えましたが、いまだに変な感じがします。
私が小学生の頃、知らない人の家のピンポンを押すのは、とても勇気のいることで、その知らない人を時計係に任命するなんて考えたこともなかった・・・はず。

忘れてしまっただけだろうか?

ちなみにその子には、前にも会ったことがあった。

通りすがりに「こんにちは」と挨拶をしたら、そのままずんずん入ってきて、うちの玄関先で友達と遊ぼうとしていたコだ。

相手との境界って、どうやって築くものなんだっけ?

相手の気持ちを想像する力は、暴走するとやっかいだけど、あっていいもの。
想像の余地を持っていてほしいなとおもった。

そう考えると、、、生理で体は重いけど、息子や夫の気持ちを想像する力をあきらめては行けないね。

ふたりが昼寝から戻ったら、ベストを尽くしてお母さんと奥さんしようと思います。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ヨーコの言葉
クリ基礎A(今度の2/11祝日開催。まだ参加できますよ!)の打合せで、ちよちゃんに本を借りた。

オノ・ヨーコ著 『今あなたに知ってもらいたいこと』
yoko.jpg

私にとって謎の女性だったオノ・ヨーコさん。

この本を読んで、吸っている空気がもっと遠くから自分にやってくるように感じた。
私も、世界に参加している一員なんだと誇りが持てるような気持ちになった。

「クロワッサンを焼いている人も、田んぼを耕している人も、平和産業に関わっているひと」

(ちょっと違ったかもしれないけど)
そういってもらうと、私ごときには気の遠くなるような話で・・・と思っていた『平和のための行動』が、すっと自分にもできるように思えて、日常に、近くに降りてくる。
どうやればいいか、もうすぐ分かる。そんな思いで、無性にわくわくした。

「思いつく人、一人ひとりに”祝福”を送る」

最近また不眠症(寝付けるんだけど、起きちゃうのです、授乳そろそろやめたい・・・)だったので、思いつく人に”blessing"してみた。 4時間起きてたのが、2時間くらいに減少。
そして翌朝の意識状態が・・・まるで世界が”おはよう”と言ってくれてるよう。満たされているように感じた。

一冊の本によって、新しい意識が目覚めることってある。

しかし、不思議と本を返したら、この魔法が効かなくなったみたい?

こりゃ、手元に1冊置いておきたいなと思う本でした。

Posted by 三浦まきこ
comment:4   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
雪の下で過ごすこと
3日ぶりにやっと晴れた今日、雪の下に葉っぱがあるところだけでも、と雪をどけて廻りました。

フリーズドライ?

鎌倉?

を彷彿させるような姿で、下から芽を出し始めた草花がでてきます。

どうも、大丈夫な様子です。


それから、球根類。
今年初めて植えてみた水仙やチューリップ、いくつか芽がでてたんだけど大丈夫かな、と気になりましたが、

なんとなく、雪が自然に解けるのに任せた方がいいような気がして、そのままにしてあります。

雪のなかって、乾燥しないし、地温であったかそうだし・・・(外気は夜中-5℃とかまで下がります)


きっと、自然に起きていることには、意味があるんだろうと。。。それを試してみたいのです。


あったかすぎて、早く芽吹くと、寒さが来た時、芽が枯れる。

温室でほんわか大事にしすぎると、そこ以外で自力で生きていけない。
自然淘汰されていくのだから、自然に任せればいいんじゃないか。

その時がやってきたら、自分で頭を出してくる。
その時が来てるから、きっと頭を出したのだろう。

自分がしんどい時、つらい時、うまく行かない時、後悔している時、不安な時

無理に頭を出さなくていいんじゃないか。

自然のサイクルの中で、必要なことはちゃんと起こる。

時に頑張ろうとしすぎる自分に向かって、そんな風に思いました。


我が家で一番、自然に生きてる息子と、おとなりの雪だるまと一緒に
yukidaruma.jpg


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
福はウチ、鬼はソト
こちら山梨は、雪の中です。
100202_0801~001
雪の重みで木が折れる。

でもパンジーは強健です。雪ノ下で、ちゃんと花をつけ続けています。
一方で心配なのは、植えたばかりのブルーベリーの苗。
天気予報と庭仕事は切っても切れないものなのだと、身にしみました。
トシが仮設ビニールハウスを作ってくれたが、雪と風で微妙に傾いている。。。根がついてくれればいいんだけど。

根がしっかりはれば、毎年花を咲かせ実を付けられる。
人間も地に足つけて、グラウンドできたら、底力が発揮できますもんね。

苗に支柱をつけるのも、風で揺れて根が動くのを防ぐため・・・足下がしっかりしないうちは、支えが必要なのです。
人間も同じように、環境が変わったり、心がゆらゆらするときは、グラウンドして土台を安定させるヨガがいいですね。

最後の冬のエネルギーが舞い踊ってるかのようだけど、旧暦のお正月、節分、立春、春がもうすぐやってくる時期です。

食卓にも、菜の花やふきのとうが登場。春の苦みは体をすっきりさせてくれる。

今夜は豆まきして、恵方巻に挑戦です。

恵方巻の存在自体ずっとしらなくて、こちらに越してきて初めて知りました。
ジャンクだけど、魚肉ソーセージと沢庵(それぞれ炒めるらしいです)、それとかんぴょうを煮て具にしてみるつもり。韓国にそういう巻物があると聞いて、食べてみたくて(笑)

うまく巻けるといいけどな・・・見た目はどうでも、今年の吉方位、西南西を向いて、がぶっと!楽しみです。


Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
| HOME |