山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
中庸
春分の日、表面的にはそう感じなくても、本質的には、エネルギーのバランスが取れる日なのだそうだ。

前回のコーチングで、こんな話を聞いた。

人は、以下の4つの点によって、特徴づけることができる;
1.外交的/内向的
2.感知/直感
3.考え/感じ
4.判断/知覚

いわゆるチェックテストみたいなものをやって、自分のバランスを知るのだが、4番目の判断/知覚について私はたくさん感じることがあった。

会社員の頃から、仕事の場では、私は判断タイプだ。宙ぶらりんなことが不安で結論を出したがる、多くを達成するタイプ。恋愛も待っていられず、自分から告白してたなぁ・・・。
一方知覚タイプは、もっと情報があるかもしれないと結論をすぐにつけない。現在に興味があり、決めなくてはならないと不安。あまり達成がない。んだそうだ。

会社務めのころは、ヨガが『知覚』を増すツールになっていて、ヨガをすることでバランスをとってたようだ。
ヨガが仕事になってからは、「仕事」の面でも知覚する力が必要になってきて、そちらを増やそうという意識が私には強い。

また一般に、判断タイプは、知覚タイプに対してイライラすることがあるそうだ。
今でも事務仕事をしていると、相変わらず多いに判断タイプの私は、事務仕事でも知覚している夫を見て、そう感じた経験があった。
ああ、まだまだ判断ばかりしてるなーと思ったその後、ふと、別のシーンでは自分がとても知覚タイプだと、夫に言われたことを思い出した。

外のホースを巻かないまま置いてあったり、ベッドをきれいにしないでグーグー寝ている私に、
「どうしてこういう状況のままで置いておけるの?
マキって、きちんとしてるところと、そうでないところが、めちゃくちゃだよね。」

そういわれてみれば、最近はすぐに結論をつけず、あれこれ状況を見ながら、考え続けて過ごすことがあるなぁと思い当たる・・・夫とのきっかけも「どちらともなく」で、私が告白したんじゃなかったわ!なんて(笑)
子育ての場でも、結論づけたり、達成したりしようとすると、うまく行かないことが多いから、自然と知覚する場が増えていた。

人間って、『私はこういう人!」という思い込みをしやすいけれど、反対の要素を少なからず含んでいるのが現実なんじゃぁないだろうか。

中庸というエネルギーのバランスは、実はそんなに遠くにあるものではないのかもしれないと思った。
反対に思えることや、憧れているあり方は、自分の中に(目立たず、ちょこっとかもしれないけど)在る。
ないと思うから、焦がれるけれど、在るとわかれば、リラックスできるんじゃぁないか。

本質的にはバランスが取れているというのは、こういうところから来るように思ったのでした。

陰と陽のエネルギーは、敵対しない。共に存在する表と裏の関係なのだと、腑に落ちてきます。

自分の多面性には、混乱させられるときもあるけれど、それは思い込みがあるから。
出来事に対して喜怒哀楽するのも、自分の期待や憶測という思い込みがあるから。

この思い込みに気づくことが、自由でリラックスしているためのスタート地点なのでしょうね。
ヨガでやろうとしていることも、それと同じに思います。

知覚する力は、誰にでもある。 そして同じだけ、判断する力も誰にでもある。

こうして夜中に目が覚めるのも、不眠と言えばネガティブに聞こえるが、自分の時間だという面では、子育て中の私にはかけがえのない大切な時間だとも言えるのです。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
大阪2泊3日
トシのワークショップに合わせて、家族揃って大阪に行ってきました。

もうすぐ2歳のやっちんが、新幹線でどうなんだろう?と思ってたけど行きも帰りも爆睡。
以外と大丈夫でした

初日は、トシの古くからの知り合いで、クリパル教師でもある夫妻と合流。
スイス在住なので、なかなか会う機会がないから、私とやっちんは初対面。
旦那さんのほうは、アメリカ人で、以前太極拳をクリパルで教えてたそうです。
2人ともクリパルに住み込みしたことがあるので、色んな話に興味津々でした。

2日目、トシがワークショップに入っている間が大変だった
強風と黄砂の中、子どもは機嫌が良くなくて、慣れない都会で遊びたいやら、眠いやらでぐちゃぐちゃ。
さぁ、そこで、今何ができるか、何をするか、これが結構ヨガだったりします。
まず、自分がリラックスすること。
そこから、相手にペースを合わせてみたり、エネルギーを変えてみたり、自分の感情もケアしながら、ベストを尽くす。
そうして、それでもどうにもならない時は、もう委ねるしかない。。。

なんだかんだ、やってるうちに、やっちんはベビーカーの中で眠り始めてしまった
外は猛烈な風だったので、起きるまでの間、ゆっくり食事をしたり、久しぶりに買い物したり。
せっかく2人で出かけたのに、ひとりで食事するのは寂しい気もしたけど、見方を変えれば、ゆっくり味わって頂けます。蒸し料理のお店で、1000円行かなかったと思う・・・安くておいしいです。
K3200306.jpg

夜は、関西のクリパル教師達と合流、近況を聞かせてもらったり、今後のことを話し合ったり。
3人とも2期生なので、YTTが終わってから1年ちょっとだけど、みんないい顔で、充実してきてるように見えました。頼もしいです!
そして、この晩、やっぱり大阪に来たらたこ焼き食べなきゃと、固く決心。

最終日、新幹線に乗る前に新大阪から歩いて、西中島へ。

目指すたこ焼きやは12時開店らしく、それまでぶらぶら。
お茶等して過ごす。パートナーがいてくれると、子育てはとてもラクちん!
K3200309.jpg
やっちんがぐずれば、どっちかが歩き回り、もう1人は休める・・・ああ、ありがたい。

おおとり、念願のたこ焼き屋へ。
K3200310.jpg
めっちゃくちゃ、おいしかった!
生地がふわふわなのが、東京で食べるのと違う感じ。 ああ、また食べたい・・・

大阪で教えてもらったお好み焼きのコツを頼りに、今日の昼には、初お好み焼きを焼いてみました。
まだまだだけど、意外と美味しく食べられました(玄米をいれてみたよ!キョウコちゃん!)

まだ関西は、関東ほどヨガスタジオが多くないそうです。
クリパルもこれから。
でも、関西のおおらかさと、実利主義はクリパルっぽいようにも感じます。

来月はひろしまヨガピースです!
西へ~西へ~ Go West! 
開拓精神で出掛けていきますので、西日本の方、またお会いしましょう!



Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
春を待つ;”ダイヤモンド”を見つけながら
温かい日が続いて、外で過ごす時間が長くなってきました。

近所の少年達が群れて遊び、それを黙々と眺め、興味津々の様子の息子、大きくなったなぁと思います。

割とお兄ちゃんの少年が、ラジコンカーを貸してくれる。息子は大喜びです。

その少年に「去年は何にもなかったのに、すごい変わったね」と言われて、「?」きょとんとしていたら、庭のことでした。

苗が植わって、球根から芽がでて、たしかに賑やかになってきました。春が楽しみ。

でも、「思い通りの庭にするには、最低12年はかかる」とは、ターシャ・チューダーの言葉です。

「最近の人は急ぎすぎるわ。Patienceが必要なのよ。それができれば、大抵のことはうまくいく。」

Patienceはよく、「忍耐」と訳されますが、ターシャの本では「待つこと」と訳されてる。
そっちのほうが、私は好きです。

待つこと、子育ても、庭作りも、もしかしたら他のことも同じかもしれません。

向かいのガーデニングの先輩から、大きく育ったクリスマスローズの花を頂きました。
K3200299.jpg
見上げる位置に置くと、とてもかわいらしい。
彼女も、言ってました、「前の家から、掘り下げて持ってきた株なのよ。ここまでするのに、15年かかった」って。

そうそう、先日、九州から苺が届きました!
K3200298.jpg
煮たのと、生のを、豆腐のクリームと一緒に食べました。ベリーぐっとです(あらら、だじゃれみたいになっちゃったわ)
来月、トシが宮崎で行うWSでお世話になっている方からの贈り物です。(こっちは、もう満員キャンセル待ちなんですって)
九州の温かい日差しを、目一杯浴びたような苺、春のおいしさ♡

これといって何か「やり遂げた」ということはなくても、日々の中には、きらきらとした瞬間がたくさんあります。

1800年代のアメリカの農村で、人々は生きるために必死に働いていて、こんな言葉を残したそうです。

  なくしもの
  日の出から日の入りまでのどこかで、ダイヤモンドの60分を埋め込んだ黄金の一時間をなくしました。
  見つけた方への謝礼はありません。それは永久に失われたままです。

私も21世紀の忙しい生活の中で、ダイヤモンドを見つけながら暮らしていきたいものです。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
コーヒーミルとその相棒
眠れない日が続いていたが、昨日やっと朝まで眠れた(途中3回くらいは授乳で起きてるけど)

心が落ち着かなかったのが、落ち着いてきたのを感じる。

実は、昨日はよく泣いてもいた。怒って泣くこともあったし、うれしくて泣くこともあった。
私は、怒ることを避けてきた。そのせいか、怒ってる時も泣いている。
自分が慣れ親しんでいない感情も、ちゃんと感じて外に出すと、溜まってるものが出て行くみたい。

ある程度の期間、どうしたらいいかわからないような行ったり来たりをするうち、エネルギーが高まって、そしてエネルギーのシフトが起こる。
ヨガでいう、トランスフォーメーションは、こうして日常レベルでも同じように起こっている。

昨日は、ちょうど息子も、くしゃみと鼻水で自浄中。

そして、夕方、夫に何が起こっているのか、話をした。
彼からは、私の心身がバランスを崩すと、家族にその影響が出る。
それも結構、大きな影響を与えてるんだよと言われた。

いいタイミングで、シバナンダ教師のあさこさん(ハーブや占星術の勉強をしてるのです)から不眠にいいと言われる、ハーブやアロマの情報をもらった所だった・・・セルフケアをするのを、なんとなく、家族に悪いと思って後回しにしてたところがある。
ああ、これからは、セルフケアしよう!!ひいては、それも、家族のため!!
と夜、さっそくカモミールの入ったハーブを飲んだのでした。

うちには、古いものがたくさんあるが(夫婦とも、ものを大切にする:捨てられないほうなので)
最近復活したコーヒーを飲むという愉しみには、壊れかけのコーヒーミルを使っている
K3200296.jpg
豆を挽くためのボタンがとれてしまって、ボタンがついていた穴を何か先の小さいもので押さないと使えない。
ここに、先の飾りのとれたフルーツピックがちょうど合う。

コーヒーミルはトシの、フルーツピックはワタシのものだった。

古くなっても、ひとつでは完璧じゃなくても、補い合って長持ちする夫婦でいたいなーと思った。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
コンプレックスについて
ヨガをしていると、受け止めざるを得ないことが色々出てくる時期がある。
いち実践者として、練習していた頃は、そういうときには、ヨガからちょっと離れてみたりして、しばらくすると、またやり始めることが何度かあった。少し違うスタイルのものを試してみたこともあるし、自分の取り組み方が変わったこともあった。

若い頃は、外見のコンプレックスも大きかった。
妹は目がぱっちり、かわいいのに、私は弥生時代みたいな顔で嫌だなとか、ダイエットしてもちっともやせないとか。

しかし、外見は、変わる。
年を重ねるうち、顔から肉が落ち(これでも、落ちた方なのです。元はほっぺたで、たこ焼きがしっかり作れた)、表情も変わる。
体重も20歳超えた頃から、急に太りにくくなった。
もともと、自分の外見はイマイチ、と思っていたので、年を取るのに抵抗がないのは、嬉しい副産物だ。

でも、心の癖の方は若い頃と大して変わっていないようで、相変わらずゆれている。

誤解を恐れず書けば、人からの判断を気にして、引っ込み思案になるところや、義務感でいっぱいで、何がしたいのか分からなくなるところ。

ヨガをしていると、まざまざと見せつけられるようで、居心地が悪くなることもある。
体は年齢をちゃんと重ねているのに、心が未発達、、、みたいでかっこわるいですな。

でも、です。
ここから早く逃れて、不快なところは変えたい!と思ってあれこれしても、結局戻ってくる。

40を前にして、唯一私の内面が変わったのは、その居心地の悪さに向き合う必要を感じているところ、でしょうか。

自分の嫌なところがない人なんていないだろうと思います。
その部分は、ある意味自分の個性でもあります。
そこに向き合うには、時間が必要で、十分に向き合えた時には、そこから、本当に変革するための一歩が踏み出せるはず。
今の私にとっては、ヨガってそのためのものなんだよなぁ。

季節と同じように、急がないことだよ、わたし。
春はきれいだから、早く!と思っても、雪は降る・・・3月なのにねぇ。
尊敬するターシャ・チューダーが言ってました
「雪は花達が眠るためのベッド。雪がなかったら、土も、根も凍りついてしまう。」

子どもの頃思ったものです。「冬になったら、冬眠したい。」
ある意味、今そのくらいのつもりでエネルギーを充実させる時期なのでしょうか。

よし!もう一回寝てみよう!(早朝5時半、リビングにて)
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
雪と太陽
また雪がふりました。
あったかくなるかなーとおもいきや・・・寒く曇った日が続きます。

そんな中、去年植えたクリスマスローズに花が咲きました。
K3200292.jpg
庭の端っこの方で、静かに、ひっそりと季節を過ごし、春を待たず寒さ厳しいうちに、つぼみを付け、花を咲かせる強い花。
一年ごとに、だんだん株が大きくなっていくのを楽しみに待ちたいものです。

くぐもった日が多い中でも、一瞬、光が射すこともあります。

朝食にした、シナモンロールに
bagle.jpg
光が当たって陰ができる。

陰影を作り出す光が、たまらなく美しく見えました。

パン作りに使っている自家製の酵母は、自分達の力で、どんどん美味しくなっていきます。一説によると、授乳中のお母さんの手は、酵母を美味しくする乳酸菌が多いそうです(って前にも書いたかもしれない・・・)
授乳中に酵母を始めてよかった・・・

そうそう、まだ授乳中ですが、シナモンロールに合わせるのは、コーヒーがいいなと思い始めました。
産後しばらくは、どうも飲む気になれなかったのです・・・

しかし、家にいるときは大丈夫なのですが、渋谷に行く前に飲んだら、電車でえらく酔いました・・・
ヴァータ(風の要素)を増やすコーヒーが、電車で移動(移動もヴァータを増やす)するうち倍増したか?!

しばらくは、仕事の前のコーヒーは厳禁です。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
UAさんミニライブ@リマハイ
昨日、UAさんミニライブを見に行った。
場所は、リマハイ。上野原市で知る限り唯一のベジタリアン、マクロビオティック対応可のレストランです。

一日雨だったのと、仕事がたまっていたのとで、その前にいくつか催されてたワークショップへは行けなかったが、色々あったようです。私も今度、ヨガやらせてもらうので、お近くの方は是非遊びにきて下さい!

さて、ミニライブ。60分+アンコールほどで、島唄に始まり、聞いたことのある曲もあり、子どもと一緒に揺れながら気持ちよく聞けるような曲もあり、自宅近くのレストランで、目の前で歌ってもらう分には十分だった。
水色と言う曲と、「私の赤ちゃん・・・もうすぐしゃべる・・・」って歌詞の曲が私にはぴったり来ました。
images-1.jpeg

最前列で見たので、子どもが譜面立てを蹴飛ばしそうになったり、ハラハラ緊張もしたけれど、家族で一緒に行った始めての生コンサート。やっちんが大きくなったら、野外のとか、いっぱい行きたいな~。

合間のおしゃべりで、UAさんのお母さんの地元加計呂麻島で森を崩してチップ工場(?)が出来る予定なのをなんとか変えたいっと話されてた。署名を集め、伐採計画の変更のため掛け合っているそうだ。
さっそく調べてみた。署名、こちらからできるようです。

SAVE KAKEROMAこちらで、詳細や署名用紙など手に入れられそうです。

オノヨーコさんの本にもあったけど、こうして一生懸命生きてるこの普通の毎日の中で、いま、私達は平和に関連した行動をしてる。そのことを意識すると、少し自分にも出来ることがあるような、どしんと落ち着いた気持ちになる。

さらに、今現在、私は土や草花に触れて自然と一緒にいることで、ものすごく心が穏やかになる。癒されてるといってもいいくらい。。。自然は私達自身と同じで、自然に触れることで、私達も自分たちのもともとのあり方に気づくことが出来る。 自然は、赤ちゃんと同じように、ただありのままにそこにあるからそれが出来るのです。
私にとって、自然はそういう意味でとても大切なものです。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)無料説明会
先月から、クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)の説明会を渋谷Yoga of Lifeなどで開催している。

先日燕スタジオという外部での説明会があり、私ひとりで行ったのだが、色んな意味でいい経験になった。

まず、数年ヨガを練習している人でも、クリパルヨガを聞いたこともないと言う人がいっぱいいた。
トシのことも、ほとんど知らない。ヨギーニなどにあれだけ登場していても、クリパルの認知度はまだまだなのだ。

渋谷Yoga of lifeには、全国からクリパルをやりたい人達が集まってくる。その中にいると、それなりに知られているような気にもなる。ホームスタジオ以外の場所、つまり、アウェイなところに出て行くことって、大切だなと思った。

何の前知識もない人達に、クリパルを伝えようとすると、此れが、本当にむずかしい!

各地のクリパル教師達が向かい合っているむずかしさは、こういうものか、と改めて実感する。

また、クリパルの説明をするなら、自分のあり方もクリパルらしくないとなと反省した。

この一点だけではないけれど、自分を引っ込めてしまってはクリパルヨガをしているとは言えない。
私はそれまで当たり前に思ってきたプレゼンテーションのやり方にそって、『伝える項目を漏れなく、きちんと伝える』ことに引っ張られすぎてしまったようだ。

説明しながらも、時折自分の体験を織り交ぜて話をしたのだが、あとでトシに録音データを聞いてもらったら、『ボクはまきの話をもっとしてほしかった」と言われた。

つたない説明にも関わらず、何人かの参加者から終了後、声をかけて頂き、言葉だけでなく、雰囲気や表情、話す様子から、クリパルの愛や暖かさを感じたと伝えてくださった。

ああ、真剣に聞いてくれてありがとう!その言葉に、どれだけ救われたか!!

次回同じようなチャンスがあったら、今度はヨガを始めて、シバナンダヨガのトレーニングも受け、その上でクリパルヨガ教師になった自分の体験から、話をしてみようと思う。

次回無料説明会開催は下記のスケジュールです。
トシが直接YTTの説明をする機会もあります!興味のある方は是非どんなもんだか、聞きにいらしてください♬

3/21(日)18:00-19:00 TOKYOYOGA大阪(大阪江坂)

3/27(土)16:00~16:50 燕スタジオ(市ヶ谷駅から徒歩5分)

3/28(日)16:30-17:30 Yoga of Life(東京渋谷)

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
ローングバケーション
若き日の木村拓哉さんと山口智子さんが共演していた「ロングバケーション」というドラマがある。
そのドラマが大好きだった。
自分のやりたかった仕事から外され、居酒屋の店長の仕事をしている山口智子さん(役名は忘れてしまった)と、ピアニストとして成功する前の瀬名くん(木村拓哉さん)との短い同居生活を描いたものだが、最近今の自分にも、このロングバケーションという言葉がしっくりくる。

最初に就職してから数年は、それまでなんの苦労もなく過ごしてきたせいもあって、色んなことを体験した。
その後数年、一度ロングバケーションを私はとっている。会社という組織に加わらず、好きなことでバイトをしながら、あーでもない、こーでもないと自分の進むべき道を探していた。

20代最後の年に、東京へ出てきてから、しばらくは必死に生きてきた。
ものすごいスピードで毎日を過ごし、エネルギーを発散し、自己実現へ向かってた。

30代後半で結婚して妊娠してから、早3年が経とうとしている。子どもが幼稚園などへ通い、世界を広げ始めるまでのあと2年の時間は、再び自分に巡ってきたロングバケーションのように思えるのだ。

バケーション中なのだから、本格的に活動する時期ではない。
むしろ、自分に向かい合い、本当にしたいことを問いかけ、実現するためのエネルギーを蓄える、いってみれば、秋~冬にかけての時期のように感じる。

今日コーチング3回目を終えて、今の自分が取り組みたいプロジェクトを作る所へ来ているのだが、自分がすべきことと、したいことが、微妙に違って感じた。
そこから、「私は、今すぐにすべきことに取り組みたいとは、思っていないのだな」と感じた。

人の生きる間にも、自然と同じように春夏秋冬があるように思う。
季節が巡るように、人生の時間も順を追って巡っていく。

まわりの状況、自分の意志、色んなものが絡み合って、今の景色は彩られ、その季節なりの味わいになる。

いつでも、真夏のエネルギーでなくてもいい。
秋や冬のように、エネルギーを蓄え、外を彩る代わりに、内へ意識を向ける時期もいいものだ。

また春が来たら、その時は存分に花を咲かせようぞ!!なんて思うのです。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
一年越しの・・・
去年の春ごろ企画が始まったマタニティヨガのDVDが、とうとう明日発売されます。

「ママとベビーのしあわせマタニティヨガ」
img102jh4728_1.jpg

3月3日、渋谷Yoga of Lifeにて先行発売開始です。
2枚組で、マタニティヨガだけでなく、呼吸法やふたりヨガ、妊娠中~産後すぐのセルフケアまで収録されています。
妊婦さんはもちろんのこと、妊娠を望む女性や、女性ホルモンを充実させたい方にも、おすすめ。
暖かく、柔らかな子宮は女性のほがらかさの源です。

4/9(金)には、DVD発売記念の特別クラスもありますので、興味のある方は是非どうぞ!

モデルのチャンドラーさんのお腹からは、元気な赤ちゃんが生まれ、DVD撮影時は、おっぱいが張って仕方なかった私も、最近は一日くらいは、大丈夫になりました(もうすぐ2歳ですが、まだ授乳しております・・・)

マタニティのクラスで一緒だった妊婦さん達は、どんどんお母さんになっていきます。
同じ予定日だねと話し合っていた2人が、同じ日に出産することも・・・十人十色のお産には、ひとりひとりのドラマがあり、大いなる力が私達に働いているように感じることもあります。

ご近所にも、この夏赤ちゃんが生まれてくるらしいです。

未来をつくる子ども達がすこやかに、のびやかでありますように。
お母さんも同じように、一緒に、すくすくと育っていけますように。

平和な未来への道には、幸せなお母さんと子ども達の存在が欠かせないと思うのです。
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。