クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ヒロシマ
ひろしまヨガピース2010に合わせ
4/24、25、家族で広島、宮島へ行ってきました。

名古屋から実家の母が合流し、息子と4人の旅。

広島でまず感じたのは、人間の素直さ、おおらかさでした。
実行委員の皆さんも、参加者も、タクシーの運転手さんまで、普通にそのままそこにいる。
急ぎ足で過ぎて行く都会でもなく、よそ者に対してクローズする田舎でもなく、
とてもオープンで、リラックスしている。
私もトシも、とても居心地がよくて、ワークショップも、そのエネルギーが生きた場になったように思います。

二日目に行った宮島も、鳥居のまわりで貝拾いしてる人がたくさんいたりして、島と神社が融和してる。
格式ばっていない、おおらかさを感じました。
万物に宿る命に神を見いだす、古来の日本人の感覚が残っているような場所。
会場となったお堂には、ダライラマ師の写真が・・・いらっしゃったことがあるようです。
大好きな方なので、そんな場所でクリパルヨガの体験をシェアできるのは、とても嬉しかった。
K3200336.jpg
90分の短いクリパルヨガの体験でも、その間に、参加者が感じたことを終わってからたくさんシェアしてもらいました。みんな、ありがとう!

帰途につく前に、ついに原爆ドームへ。
ずっと、そこへ行くのをためらっていた場所です。
K3200342.jpg
ある地点から先は、空気が濃くなる感じがして、涙が出てきて、しばらくそれ以上近づけなかった。
最初は、当時生きていた人々の感覚や思いにばかり意識がいってた。

でも、しばらくいるうち、今生きてる息子や、たくましく芽吹いている木々、何世代も繰り返しているだろうスズメ、雑草が茂っている今に意識が向いてきた。

癒しっていうのは、きれいごとでなく、簡単にどうにかなるようなものでもなく、こうやって、そこに生き続け、混沌のなかにあり続ける命の中に、もっと生々しく息づいている力のように感じた。

爆心地の碑が病院の傍らにひょいと立っているそのあり方が、命の力、癒しの力の現れのように感じて、畏怖の念が沸いた。

6-7年前に、京都平城京でコンサートを聞いていたとき、ながーい時の流れの中で自分が生きている時間なんて、1つの点みたいなものだと感じて、空恐ろしくなったことがあった。

今回の広島でも、それと同じ感覚を持ちながら、帰って来たのだけど、
今はそれは恐ろしい感覚ではなく、むしろ、あちらで1人、こちらで1人、無数にある命の1つとして今の自分があり、その繰り返しで世界ができていることを思うと、そこに安心感を感じる。
無数の星が一瞬でも光るから、宇宙に銀河があるように、存在の儚さと存在の意味の両方を感じる旅でした。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
決めてるのは誰?
自宅でヨガをしようとすると、
●子どもがグズる
●抱っこやおっぱいをせがむ
●ひどく泣かれる

というプロセスを何度もふんでいたため、子どもが起きてる限りヨガは出来ないと思っていた。

ところが先日、床に転がってアーサナを始め、ダメもとで子どもを誘ってみた。

一緒にやろう!

そうしたら、同じようにはやっていなくても、なんだか隣で彼なりに楽しんでいる様子。
私はある程度ヨガをすることができたのだ。

これをやってもダメだろうと決めてるのは誰なんだろう。
私だ。

子どもは変化していて、半年前はダメだったことが、今はできるようになってる。

私自身は、どうなんだろう。
自分自身にも、リミットを決めてしまっているところが同じようにあるんじゃないか。

試してみて、ダメだったら別のやり方にすればいい。
それを繰り返すのを面倒がらずに、やっぱりダメだと残念がるだけじゃなく。

今という新しい瞬間の持つ可能性を大切にしようと思った。

それをしなけりゃ、新しいことは起こらないんだから。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー
こどもと行ってきました。
東京インターナショナルフラワー&ガーデンショー。

初めて、こういう形で作られた庭をみた。

雪の後だから?花達に元気がない。
もともとそこに植えてあるわけではないのだから、
根っこが落ち着いてないんだろうか?

でも、デザインや組み合わせはおもしろい
K3200326.jpg
こんなの作れないもんなー。

猫じゃらしみたいなのと、安かったクラブアップルの苗を買い、えっちらおっちら、運んで帰った。

より印象に残ったのは、昭和記念公園の木たち。
1本1本が、でーんとしている。
3本並んでても、1本が3つ並んでる感じ・・・なんというか、ひとつひとつに存在感があるというのかな。

桜もまだ咲いてた。
K3200320.jpg
力があって、リラックスしてる。

どうも私は、根っこがしっかり張ってる方に惹かれるようです。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
四月の雪
昨晩から雪。
四月なのに・・・で、気になるのは、草木の苗や野菜の新芽のこと。

ちょうどいい時期を勘のようなもので感じ取って、草木は芽を出してくるように思う。

温度管理されたら、よくわからなくなってしまうけど、空の下にいたら自然とわかるんじゃないだろうか。

それでも、こうして、思わぬ雪に降られることもある。

早けりゃいいってもんでもないんだな。
あったかくなると、いの一番にさっそうと、姿を現す株もある。
その時は注目するけれど、打撃に耐えられなければ、命の危機だ。
生きるって大変なことだ。

それでも
草木は言う。

根っこさえあれば、来年がある。
またチャンスが巡ってくる。

雨降りのなか、陽が照ってきた。

草花よ
人よ
木よ

みんな、がんばれーーーー!!!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
新月の願い事
新月の日、それもちょうどその時間に願い事をすると叶う確率が高いという話を聞いた。

願い事をするなら、本当に叶ったときに、責任が取れることにしたいと思った。

今週のしおつのヨガは、その新月の直前で、
ヨガをしていると(私は指導もしながらではあるが)本心に近づける。

叶っても大丈夫な願い事が、見えてきた。


願い事の流儀にも、いろいろあるだろうが、私はそれが叶っているかのように思い描き、そのエネルギーに触れながら願いを繰り返すやり方が好きだ。

今日は、その願いが叶うかのように、散々いらいらして過ごした。
自分の感情を十分に味わうのは、私の願いを叶える一つのあり方だ。

たっぷりイライラしたおかげで、夜、風呂に入ったら、ものすごーーーく気持ちが切り替わった。
もう十分だ。
ここから抜け出そう。

いい匂いのボディソープを泡立て(息子が触り、その手を口に入れて苦い顔をして慌てたが)体中洗う。
子どもがいることで、遠慮してやめていたことを、この際あれこれ、やってみた。
全身にボディオイルを塗ってマッサージしたり、大好きな!龍馬伝の録画をちょっとでもみたり。
風呂あがりのりんごで、時間を稼いで、できるところまで。

そして、子どもはあっさり寝てくれて、今、梅酒など飲みながら、PCに向かえる。
ささやかな自分の時間。
こうやって少しづつ私の願い事は、叶っていく、そう思いたい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
桜 満開 その2
この週末は天気に恵まれた。

土曜はクリパルティーチャーのえりこがウチまで来てくれた。
4/29のワークショップ「クリパル基礎」の打合せや、最近のそれぞれが感じていることをたくさんシェアした。
話をしたり、聞いたり、思いを発したり受け取ったり、エネルギーを投げあっこしているうち、ほーんと元気がでる。

日曜は、庭仕事をしたり、近所の桜の名所へドライブしたり。
桜吹雪のなか、眠い目をこすって歩く息子(やっちん:2歳)
K3200317.jpg

このところ、「うん」と言ってうなずくようになったやっちん。
『~しないで。~しちゃだめ」だとうまく行きづらいけど、
『~しよっか。いい?』と聞いて、「うん」と自分で言うところまでいくと、
スムーズに運ぶ。

ジャムを瓶ごとなめ続けるとき、お風呂に入るとき、おもちゃを片付けるとき、
おっぱいをやめてほしいとき、いつでも相手のオッケーを取ることの大切さを感じます。

ああ、子育てが楽になってきた~。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
桜 満開
近所の公園の桜が満開です。
K3200315.jpg
桜をみる度に、子どもを産んだときのことを思い出します。

今年も無事に息子の誕生日を迎えられた。
あれから2年も経ったんだぁ・・・。

産んだ年は、お土産の桜で花見しただけで、外出できず、家にこもって過ごしました。
去年は、息子をベビーカーに乗せてたけど、まだいつ機嫌が悪くなるかとヒヤヒヤしながらだった。
今年は、息子と一緒に、花見しながら散歩ができる。

2歳になって、イエスとノーで意志を表示してくれたり、私の言うことに「ねー」と同意してみたり、
歌に合わせて一緒に踊れるようになったり、ウォーリーとなかなかいい発音でいいながら、DVDを見せてとねだるなど、コミュニケーションが始まって、子育てが楽になってきたなとしみじみ感じる。

あと何回、桜がみられるんだろう。

その度に子どもは成長し、私達も年を重ねていく。
植えたばかりの花や木も、年月を経て茂っていくんだろうな。

そう思いながら、穴を堀り、今日はシャクヤクの苗を植えました。

春ですね。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
No-Yesのプロセス (vol.48から抜粋) 
【クリパル・エクスプレスvol.48】より抜粋

「ヨギックライフ」三浦まきこ
---------------------------------------------------

■No-Yesのプロセス

4月、息子が2歳の誕生日を迎える。今まで、黙って私たちの 話を聞き、
不都合があると泣いて知らせていた彼が、少し前に「No」の意思を口に
し始めた。

「ないない」「ばいばい」嫌だと言う意味で、結構頻繁に使う。逆にオッ
ケーな時は二カッと笑うだけ。言葉はない。だから親のほうは大変だ。
何ならオッケーなのか、どうしたら状況を変えられるのか、分からなくて
困る。

それが、最近「Yes」の言葉を口にし始めた。「うん」と言ってうなずく。
この「うん」が私にはとてもありがたいものだった。受け止めてくれた、
これでいいと言い切ってくれた、そういう風に聞こえほっとした。

そして、人間は、まずはNoから相手に伝え始めるんだな、と思った。No
はただ、それじゃないと言っているだけで、なにかをコミットしているわ
けではない。意思は伝えるけど、無責任でいられる言葉。一方、Yesと言
葉にしたら、それは何かをオッケーと認める責任が伴う、だからこの順番
なのか?と思った。

夫にその話した所、まずNoと言うのは、きっと自分を守るための本能的
なものなのだろう。大泣きでNoを連発するときに、息子が一番泣き止む
のは、その理由を聞いたり、代替になるものを提案したりするのではな
く、ただ「嫌なんだね」とそのまま受け止めてあげたときだよ、とも言っ
ていた。

自分にとって危険に思えることに対して、「No」ということは、自然な
こと。その気持ちを否定しないで、受け止めてもらえたら人は安心してい
くんだろう。そしてその安心を重ねて初めて、責任を伴うYesが言えるよ
うになるのではないか。実際に、そうなのかどうか、は知りようがないけ
れど、そんな風に目の前で起こることの後ろにある意味を探求していくの
は、とても楽しい。

そして子供に起こっていることは、往々にして私たちにも起こっている普
遍的な事実を含んでいることが多いのだ。自分自身が「いやいや」してい
る時、そうなんだねと自分が受け止めてあげたいと思う。そうしたらその
後、きっぱりと責任を持って、リラックスしてYesといえそうな気がする。
Omは応諾、おう!と言って受け止めることと何年か前にある講義で聞い
たことがあるが、そのプロセスを大切にしたい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[【クリパル・エクスプレス】ヨギックライフ
みたこともないモノ
秋に植えた球根から、芽がでて花が開き始めています。
このプロセスに自分が関わったのは、生まれて初めてです。

最初に咲いたのはクロッカスで、春先のまだ寒いころに咲く花の美しさは、この世のものとは思えないほど。

一番最初に咲いた花が、一番エネルギーが強かった。
感動も、それと同じように、その一瞬に属する類いのものだと思う。

でも、その気持ちを残しておきたくて、文章、あるいは詩のようなものを書きました。

-------------------------------------------------------------------

クロッカス

露を含むような 瑞々しい 白
春の霞立ち上る空の下 朝陽をうけて 
クロッカスがさく
K3200303.jpg

冬の寒さの下 真っ暗な土の中で
北風の叫びを遠く聞き 雪のあたたかな毛布をかむり
夏の光と大地の熱を蓄えて 
じっとしていた この時がくるまで

さぁ今、のびをして
暖かい空気へ
輝く光へ向かって 
芽を伸ばし、つぼみを広げよう

羽を広げられる空間と未知が そこに あるなら


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |