クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
夏の料理
料理家のコウケンテツさんが、とても美味しそうな豆乳のそうめんの作り方を紹介していた。
あまりに簡単なレシピだったので、適当に作ってみた。

☆豆乳麺
1、ボールに白ごまペースト(適量)と塩を入れ、豆乳を少しづつ入れて溶く。→冷蔵庫で冷やす

2、茹でた麺(うどんを使った)を水で洗って器に盛り、1をかけて、キュウリやトマト、すりごまをのせる
udon.jpg
(食べかけですが・・・)
とても美味しいし、麺をゆでる時しか熱を使わないから涼しいし、生ゴミもほとんど出ない。
夏向きだーー! 梅干しとの相性がとてもいいです。一緒に食べるとGood!


ついでに、ベジ餃子もよく作るので、適当レシピを紹介します。

☆ベジ餃子
1、タカキビなら数時間、モチキビなら浸け起きなしでも、圧力鍋にいれ、ひたひたの水と塩で炊く。
圧がかかって5分くらいで、火をとめ圧が抜けたら、弱火にかけ、ふたを開けて混ぜながら水気を飛ばす。

2、キャベツ千切り:クィズナートを使ったら、あっという間だった・・・もっと早く使えば良かった・・・

3、1と2を混ぜ、軽く塩をふり、餃子の皮で包む。

4、ごま油を熱し、餃子を並べ、軽く焦げ目がつく頃、水を投入、蓋をして中火で蒸し焼き。
皮に火が通って透明になったら、蓋をとり、強火で水気を飛ばす。

5、ぱちぱち言う音がなくなったら、出来上がり! 梅酢をつけて、食べます。

どっちも、2歳のやっちん含め、家族みんなの好物です。
家族が同じものを食べられるのっていい。料理も楽だしね(笑)

気づけば、両方とも梅干しと相性がいいです。
梅干しで夏バテ防止、っていうけど、ホント梅干し食べるとシャンとする感じがする。

我家の梅干しは保存のため大変塩辛く、相当引き締め効果がある模様です。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
ヨガの効能
週末から実家に帰省していた。2年ぶりである。
大学の同級生や会社の同僚にも、会えるだけあったが、なによりインパクトが大きかったのが同窓会だ。

私の生まれ故郷は、当時小さな村で、小、中学校はひとつだけ。
だから、9年一緒に過ごし、さらに高校も同じという仲間が多い。

成人式以来、だから、20年ぶり?に顔を合わせる子もいたが、怖いくらいそのまま、全然変わっていなかった。

懐かしい顔が並んでいるだけで、何だかほっとした。
その頃のことで、知らなかったことが、今だから表に出ることもあったし、
そんなことまで、なんで知ってるの?って事が話題になることもあった。

山梨へ帰って来ても、なかなか感覚が元に戻らない。
なんというか。。。切ないのだ。

一緒に帰省していたやっちんは、今日(今も)よく寝る。
2歳なりに、自分のテリトリーを飛び出し、たくさん冒険して、疲れてるんだろう。
せっかくなので、寝てる間にヨガをした。

自分のクラスを録音したのを使って、プラタパーナをし、アーサナをすると、
体が熱くなり、呼吸に集中してくる。感覚が沸き、力強さを感じる・・・ああ、今の自分と一緒にいるってこれだった!と体感した。

いまの自分でいることに、不安や孤独を感じてたんだと気がついた。

ヨガには色々な効能があるけれど、
私にとっては

いまにしか起こりえない、からだの感覚を使って、
いま、ここ にいること。

そうして、今の自分自身を受止め、そこからはじめる。

コレが、ヨガの一番の効能みたいだ。

馴染みの人間に囲まれた暮しは、居心地がいい反面、時には面倒に感じることもあるだろう。
でも、時が過ぎるなかでも、切れ切れにならない人間関係に、私は憧れと渇望を感じているようだ。

子どもの頃の記憶、思い出を共有し合える人間がいるのに、自分には遠く離れた暮しがあるって、なんだかとても切なく感じたのだ。

その気持ちを受け止めるのは、今の自分。

今、現実を生きているのが、私の本当の姿なんですな。

そう、気づかせてくれるなんて、やっぱ、ヨガってすばらしい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
アンジェラ・アキが好き
YTTが始まってしばらく、留守にしており、昨日久々に帰宅。
今日はお休みである。

やっちんが、午後6時に寝てしまったので、You Tubeでアンジェラ・アキのライブや「情熱大陸」の映像をどっさり見た。
anjeraa.jpeg


明るさの裏に、孤独があり、喜びもあれば、悲しみがある。
情熱があれば、嫉妬があり、強さがあれば、弱さがある。
等身大の自分でいることが、彼女の強さだ。

そんな感じのナレーションが入っていた。

いやー、ゾクゾクするくらい、いい。
わくわくするシンガーソングライターだ。

孤独のかけら

Home

音と言葉で、ほんの数秒の間に心が震えて、涙があふれる。
そんな音楽のエネルギーを体験させてくれる。

ああ、いつか、コンサートを見に行きたい。ぜったいに!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |