山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
花粉症と、心と体
花粉症の症状が出て、感じたことがふたつある。

まず、体のこと。

「異物」に対して反応する強さには、波があり、大バトルをへて、終息へ向かうという、自然の摂理が脈々と働いているのを見せつけてくれる。

今回の場合、軽いくしゃみからはじまって、止まることのないくしゃみ、鼻水、のどと目のかゆみ、発熱、頭痛へとあっという間に症状が重くなり、二日目は最悪。
子どもといるのに、目も開けられない、口も聞けない状態・・・しかし、子どもももうすぐ3歳、様子がわかるのか、だんだん静かになって、ふたりで早寝した。

どうなることか、と思ったけれど、この最悪の状況は、ずーっとは続かず。
翌日、鼻は徐々にとまり、くしゃみの回数は減る。そして、ひどい頭痛と微熱が残る第二段階へ。。。

病気は体が回復へ向かうプロセスだ、とは、ナイチンゲールの言葉だが、体内の大バトルは、あって然りなのだろう。ちょっと不快になると、薬を飲んでひどくならないようにしていた、過去の自分を思い出す。時と場合によるが、思いっきり不調でいられるなら、そのどん底を味わった方が、回復に近いような気がした。

そして、もうひとつは、心のこと。

私は、花粉症と聞くと、思い出す人がいる。
15-6年前、大好きだった人で、その恋はみごとに壊れ、私の落ち込みようは普通ではなかった。
社会生活が営めなくなり、復活するのに何年もかかった。

ヨガを始めたのも、その頃だ。

重い頭を抱えて、浅い呼吸で横になっていたら、その頃のことをおもいだした。
あの頃、あの時、花粉症だった彼はこんな状態だったのかな~と・・・
それから、ずっと記憶の底にあって、普通は思い出しもしなかったことを次々思い出した。

見ないように、して来たのかもしれない。

これに向き合うほど、私は安全ではなかったから。

ヴィパッサナーでこの頃のことを思い出しても、こんなに感情的なことは、出て来なかった。
もう終わったこと、と、自我が言っていたのかもしれない。

でも未消化の、目を背け続けていた感情が、まだそこにはあった。

今ならあの時の気持ちを十分味わっても、私は大丈夫。

思い切って、思いっきりその思いに触れて、いっぱい泣いた。
何の意味もない、ばかみたいな時間だけど、私自身のために必要なことのように思えた。
そうしたら、この頭痛ももしかしたら、消えるんじゃないか・・・そんな風にも思った。(←打算的・・・)

今朝起きてからしばらく経つが、頭痛は、昨日に比べたら比較にならないくらい軽くなっている。
よく寝たからか、昨晩の心理的な出来事の影響か、本当の所はわからない。

でも、心の方も、体と一緒。
状況によって、そうしても安全だと感じる時には、どん底の感情を受け止め、味わうこと。
そこから、本当の癒しがはじまるんじゃないか。

何年かかったっていい。
そのとき、時間はその意味を持たなくなるから。
人生が癒しの旅にみえるよ。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
花粉症・・・か
昨日、電車の中でくしゃみがはじまった。
高尾山をすぎたら(東京へ近づいたら)急に、だ。

ヨガしているときは、不思議となんともない。

しかし、家に帰ってから、鼻水や頭痛が、、、体がアレルギー反応をしてるのに気がついた。

取り出したるは・・・ネティポット。
netipot.jpg
夜やるのは、ちょっと微妙だったので、今朝から再開しました。
懐かしいなぁ、シバナンダアシュラムのネティポット。もう黄ばみ始めている。長持ちするもんです。

鼻の中が洗えるから、多少すっきりはするけれど、今日は強烈なのか、マスクをしないと、のどもかゆいし、はっくしょーんが止まらない。

そういうときにはできるだけ、砂糖や乳製品は避けたいため・・・

おやつは、朝食の残りのパンケーキを、豆腐クリームと苺でケーキに変身!
pancakewhole.jpg

苺のおかげか、息子大満足。
pancakecut.jpg

花粉症も、反応しはじめが一番からだに大きく影響がでて、しばらく経つと、慣れるのか?ちょっと落ち着いて来たりする。 初期症状のひとつか、ケーキをみても、食欲が落ちてる私・・・よし、今こそ、ダイエットだ!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
A Course in Miracles
クリパルセンターで500時間のトレーニングを受けた5年前、「A Course in Miracles」の話を初めて聞いた。

エネルギー溢れるディレクター、デバルシ(クリパルセンターヨガ部門のトップ)がモジュールの間に、熱心に話してたのだ。彼自身、熱心な実践者で、かなり影響を受けている様子だった。
誰でも今すぐ始められる、やってごらん!と話していた。

ずっと気になっていたのだが、先日偶然、翻訳本があるのを見つけた。
日本で翻訳本が発売された直後だったようだ。
acourse in miracles

「text」を読み(難解な印象)それに続く「ワークブック」を、1日1ワーク実践する。
独習で、実践できる、とある・・・

そして、スピリチュアルな世界では「As the course says・・・」(コースが言うように)と言う具合に頻繁に引き合いに出されるくらい、誰もが知っているもの、らしい。

この2週間、1日1ワークを基本に、実践中。

忙しい毎日だからこそ、迷ったり苦しんだりする自分だからこそ、実践する意味があると感じられる。
ヨガ哲学と同じようなことだと感じるワークもある。
実際、なかなかおもしろい!今日は何かな?って楽しみになってたりして。

今日のワークは「私の心は過去の思いでいっぱいだ」
目を閉じて、自分が考えていることをひとつづつみて、そしてこの言葉で終える。
これを1日数回行う。

ワークは全部で365。
一通りでも、1年以上かかると思う。

だって2週間経っているのに、まだワークは8つめなのだ。遅々とした進み具合。
でもいいのだ。コツコツやるのが、性に合っている。

ちなみに、英語のサイトだと、365のワークがサイト上で見られる。
思考体系をがらっと変えることから始めるからか、最初の数ワークを読んだ時、「この理解であってるのかな?」と不安になって翻訳を購入したが、癖が分かれば、原文でもそう難しくないかもしれない。

翻訳本発売記念でワークショップもあるらしい。

行ってみたいが・・・家族や会社の中での自分の役目、バランスを考えると今じゃないだろう。

40歳の誕生日に、「新しいことを始めるなら、この年齢が最後のチャンス」と夫に言われ、それ以来、それって何だろうと探り続けている。

もしかしたら、コレかもしれない。

アレかもしれないけど。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
下北沢 Yoga of Life 工事開始!
下北沢Yoga of Life、スタジオ工事が今日から、はじまります!

オープンは、2011年3月11日!

ほぼスケルトンのスタジオが、たった数週間でヨガスタジオに変貌します。
すごいなぁ。

この間1Fの古着&洋服屋で、スカートを買いました。
2,000円!
使えます・・・
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
玄米8合
こどもが幼稚園に通い始めるにあたって、お弁当対策にと、酵素玄米もどき作りに着手。

ちゃんとした講習に出たわけでないので、あくまでも、もどき、ですが、
いっぺんにたくさんの玄米を炊いて、保温釜(買いました)で保存すれば、10日は持つ、しかも、からだに良いのなら、やってみない手はない・・・

古い大きい圧力鍋を引っ張りだして、8合めいっぱい炊き、4日目がこれ。
kousogenmai.jpg
これさえあれば、おにぎりと昨晩の残りで、立派な昼ご飯になる・・・すばらしい。

そして、「いつでも食べられる米がある」ということが、非常に安心感になる。

あとは、食べごろになる3日目まで、トシに食べられないように、張り紙を作るだけだ。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
パウロ・コエーリョの本
パウロ・コエーリョの本を久々に読んだ。
「ブリーダ」
51v08SWP+yL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
魔女として転生を繰り返す女性が、運命の人、ふたりに同時に出会う話。

運命の人のうち一人は、魔術の世界の師匠。

もうひとりは、魔術の世界の人ではなく、物理学を研究する人で、本質的には同じことを別のアプローチで行っている。

お話の中では、運命の人とは、自分の分身のことで、前世のどこかで同じ人間だった人、と語られている。

印象に残ったのは、そのことをヒロインが物理学者の彼に話した時の、彼の言葉だ。

「素粒子をある一定の早さ以上でこちらから向こうへ移動させたとき、間に紙を置いておくと、2つの点を同時に通過するんだ、そしてまたひとつに戻る。物理学の世界では、事実として誰もが知っていることだ。だから、そういうことは、起こりえるのかもしれない」

たとえば私はヨガをしていて、ヨガの師匠と結婚した。
お話になぞらえれば(分身かどうかは置いておいて)前者と共に歩んでいるのだろう。

運命の人、「分身」は、一人ではないそうだ。

現実の世界と同じくらいの割合で、今とは違う世界が起こりえた、ということか。

そういう話は夫婦でもよくするが、ほんと、縁とは、不思議なものである。

読後、本に描かれた世界観を自分の中で反芻するのは、ひじょーに味わい深い作業だ。
なかなか、いい本だった。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ぎゅっとして!
妊娠中、お産にも使えるよと言われ(実際使った)購入した湯たんぽ。
6127_thumbnail.jpg
コレの柄違いで、お腹や腰に当てやすい、ゴム製のものだ。

今年は寒いようで、毎晩、3つの湯たんぽを作って布団へ持っていくのが習慣になっている。
(0歳児を抱えてたころは、湯たんぽを作るなんて無理だった。去年はあまり寒さを感じなかったしな。)

足先だけじゃなく、骨盤のあたりに当てると全身が暖まる、とは夫の弁。

ここ数日、寝ていて、ぞくっとすることがあったから、お腹や骨盤、肩にも当てて使い、重宝していた。
もう手放せない!って感じ。
今朝も明け方、寒いなと感じて湯たんぽを探し、お腹に抱え込んだら、あれ?中身がない・・・

栓が緩んで、お湯が漏れた。
ほとんど全部・・・

パジャマは、べちゃべちゃ
着替えても、布団もべちゃべちゃ

もう諦めて、起きてヨガしました。
今日晴れて本当に良かった・・・
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ゆきだるま
雪だるま
yukidaruma.jpg

作ったのはいつ以来だろう?
人参の鼻までつけたのは、初めてかも。

思っていたより、すぐ出来た!

子どもの頃、大変だったことも、おとなになった今なら、お茶の子さいさい(←不思議な言葉)って感じ。
自分が意外と、思っているよりたくましいことに、驚いたりして(たかが、雪だるま作りですけどね・・・)

心は子どもの頃の記憶を元に「寒いし、大変だろうなー」なんて、言っていたけれど。

案ずるより産むが易し。
Fear is often worse than the danger itself.


雪だるまは「ゆきちゃん」という名前になりました。
息子は、窓に張り付いて、ずっとなんかしゃべりながら見つめています。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
暖まる!お風呂の入り方
雪ですね。

昨日から連休明けまで、東京で仕事のトシは、外泊中。

いや、遠いんでね、仕方ないですね。

昨晩、子どもとふたり、お風呂に入っていたら、ろくに暖まってもないのに、「もうでる」という・・・

おいおい、母は暖まりたいよ。。。


お風呂をでる前には、10数えるのがお決まりなので、「10する」という。
早く数えろ、と。

そこで、ゆーっくり、1から数えてみた。

自然と音がついてきて、歌みたいになって来た。

そしたら、急かしていた息子も、一緒になって歌い始めた(やった!)

3周り、のんびり、思いつくままに節を変え、歌いながら数える

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10

ながーーーく声を出すこと。
リラーーーーックスして、次のメロディーなんて考えないで、その瞬間にまかせること。

この辺がポイントです(笑)

腹式呼吸にもなるし、あったまるし、子どもも喜ぶ。

これ、いいですよ。
何でもっと早くやってみなかったんだろう?
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
軟骨ができるとき
先日の水曜、しおつのヨガのクラスでこんな話をきいた。

4歳(だったかな?)の孫が、骨折したのか、そうじゃないのか分からなくて、しばらく家にいるんです。

なんでも、軟骨が日々作られる時期らしく、骨折してるかどうかが、今の医療技術を持ってしても分からないんだとか。

日々、軟骨を作る4歳・・・

からだって、こうしてる今この瞬間にも、変化してるんだろうな。
ちょっと今と違うことをすれば、感じが変わるしね。

40歳だって、4歳ほどじゃないけど、変化しているに違いない。
老化も変化のひとつだし。

心なんてもっと変化だらけ。

心や体を持っている存在って、おもしろい。
やっぱりあたしは、(悟りになんて至れっこないけど)悟りたくないなぁ(笑)

そんな風に思ったヨガの時間でした。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
クリパルヨガ:ポーズの保持
昨日、クリパルヨガ教師の集まる、研修会に参加した。

昨日のお題は、「ポーズの保持」いわゆるホールディングだ。
クリパルヨガでは、ステージ2という段階にあたり、
身体が安定してポーズに入ったあと、感覚が最も強くなるエッジに留まり、そこでポーズを保持する、それがホールディング。

研修会の後半、教師同士で3人グループを作り、実習をした。
各自、2回のホールディング体験というプレゼントつき(笑)

クリパルを始めて、7年目、最近やっとホールディングが面白いと感じ始めている。

まず1つ目は、ヴィラバドラ・アーサナ1(戦士のポーズ1)

最初左足を後ろにおいて行った時、自分のエネルギーが身体の中央部に集まって来た感じがした。
身体が円形だとしたら、円周にみなぎってた力が、中央に集まったみたい。

反対側でもホールディングしたが、こちらは、教師にプレスポイントアシストをしてもらった後、右のおなかあたりが、びくびくっと震え始めた。・・・まるで子どもが慟哭して、身体をふるわせてるみたいだ、と思った。
あたしは、身体をふるわせるくらい泣きたかったんだ、直感的にそう思った。
その震えを感じ取って、ホールディング、終了。

二つ目は、セツバンダ・アーサナ(橋のポーズ)
ホールディングには、比較的良く使われるポーズ。
慣れているはずだったのに、身体が思うように開かない。もがいている自分がいた。
カパラバティを行って、すこし胸元が開いて、それそっちへいけーと行き場を探している自分がいる。

ホールディングを続けると、また開放感はどこへやら、元通りどこへも行けずもがく自分を見つめる時間だった。

こういう体験が、個人にとってどういう意味をもつかは、その人次第だろう。

でも、自分の中にあるものを、判断しないで、ただ見る。
そうすると、不思議と認めてもらえたような気がする。
寄り添ってくれた教師がいたことで、一人じゃ逃げてしまうような状況を保ちつづけ、そこで起こっている本当のことを見届けられたような・・・

「隠れていた汚濁が、表に浮き上がると、浄化がおこる」
・・・そんな風によく表現されるけれど、そういうことが、本当に普通に起こる。

自分もステージ2、ホールディングのリードをした。
そこから気づいたことは、長くなるので端折りますが、

一夜明けて今朝、1週間以上続いていた右腕の痺れ、痛みが無くなってた。

あっぱれ、ホールディング!

身体と心は繋がっている。
そのシステムは自分には知る由もないけれど。

身体は正直ものだ。
心は思いやり深いものだ。
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Yogaヨガのこと
なめしいね
お父さん、いないの?

なめしいね


なめしい:さみしいの意

他にも、(特急が通過する駅にて)とまらないね、なめしいね
 (キッズルームに持っていく弁当を抱えて)お母さん来ないの?なめしい。
など使用例もあり。

言葉を話し始めた2-3歳なりに、感情を表現している。
それがすぐ変わるものであっても、その時十分表現している。

親として、そういう感情をそのまま受け止めてあげたい。

もうひとつ、
私のハートを暖めてくれる言葉。

「お母さん、つくったの? おいしいね」

たまにこれに、「ありがとう」がつく。

慰労・・・してくれているのか?!2歳児が・・・

子どもとちゃんと一緒に過ごせる日は、私の休日だ。
慌ただしいときこそ、その穏やかさが身にしみる。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
節分:高尾山へ
今日は節分。そして新月。

しおつのヨガの生徒さんに「高尾山の節分会」の話を聞いて、子どもとたまには、出かけよう!と思い立った。
新月ですし、一年の無事と新しいスタジオの祈念に行くのもいいなぁと。
家事をすませ、「しっかり歩こう、がんばろうね」と二人で出発!

まずは電車に乗れて、ご機嫌。
ontrain.jpg

ケーブルカーに乗って、いざ高尾山へ。
tengu.jpg
最初にしたのは、天狗焼きを食べること。何しにいったんだか・・・
黒豆のあんこで、おいしい。

がんばって歩いた。
「もう歩けない」という息子に、もう帰ろうか?と何度か聞いたけど、
時間をかけて、ちゃんと自分で歩いた。

やっとついた薬王院で、天狗さんとパチリ。
tengutoyasu.jpg

高尾山は、ヨガを仕事にするかしないか、迷った頃によく来た。
一生一人か・・・と覚悟を決めたこともあり、その後パートナーが出来てお礼参りにも来た。
妊娠中、臨月のときにも歩いたな・・・その子とこうして、一緒に歩いている。
30代の自分を振り返るような道のりだった。

節分会には、北島ファミリーなど有名人も集まるらしく、すごい人・・・
konzatu.jpg
本殿前に上がるのに、交通整理が行われていた。
お参りして、天狗のうちわ(魔除けになるらしい)を買ったら、豆まきまで待たず、帰ることにした。

その帰り道、息子くんは、やっぱり泣いた。
cryingyasu.jpg
「もう無理」という。

しかし、抱かないで歩かせてみようと思った。

ちょっと休んで、それから、
「泣いたっていいよ。
もう無理だ、と思うんだね、
それでも足を動かせば、ほら、こんなに進んでるよ。」

そんなことを、明るく言いながら、手を引いて歩くうち、休憩場所まで到着!やった!
niceview.jpg
ベンチに座って、お茶を飲んで、家から持って来たパンをつまんだら、
さっきまで泣いていたカラス(我が子)は、すっかりニコニコになった。

ああ、やっぱり、人間の限界なんて、当てにならないな~なんて思う。

もう駄目だ、と思っても、
もう嫌だ、と思っても

そこにいるしかない
続けていくしかない

そういうときって、たくさんある。

心があっぷあっぷになってるのと、
本当の限界は、違うんじゃないかな。

心の大騒ぎを聞いてやり、そこで自分がどうしたいのか、意図を持つ時、限界(エッジ)は変わる。

私は人の中に秘められた力に興味がある。
だからヨガに引かれるのだろう。

歩き通せた息子を誇りに思う。
抱っこして、楽にしてやってたら、彼の力は発揮されず仕舞いだったかもしれない。

よし、お母さんも、がんばるぞ(笑)

新月の日、息子の初山登り。
行ってよかった。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
新しい場所へ
渋谷で7年目を迎える今年、Yoga of Lifeは新しい場所へ移転することになりました。

新天地は「下北沢」。

「もしもし下北沢」 の 下北沢。
東京で(たぶん)一番オルタナティブなエネルギー溢れる 下北沢です。

近くには、Natural House、農民カフェ他、ナチュラルなライフスタイルを充実させるお店もたくさんあり、
のんびりとした町歩きも、楽しめます。

駅から徒歩3分ほどに、スタジオはあり、ヨガをする日を楽しく過ごせる場所になると思います。

Yoga of Life下北沢は、3月中旬にオープンの予定です。お楽しみに。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。