山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
痛いイタイ
肋骨がイタイ。

1ヶ月以上咳が続いた(ずっと放っておいた)あと、

ヨガ指導でうっかり体も動かしてしまったら、その後恐ろしく痛くなった

しかし、お母さんはじっと寝てなんていられない・・・

だからこそ、眠れるときは思いっきり寝るようにしてた。


そこでふと、気がついたのだ。


わたし、力を温存してる?って・・・

どこかで、「子どものお母さんでいるために、最低限必要な力」を残しておくようにしてる。
愛情も、もしかしたら同じように、子どもに向けるために「とっておいてる」のかもしれない。

そして、その奥にあるのは、「責任」。
親としての責任を果たすこと、そのことが私の中ですごく優先順位が高いみたいだ。

そういえば、振返ってみると、子どもの頃「どうして思いっきりすべての力を出さないんだ?!?!」と50m走とかで叱られた・・・あの頃は、なんでそうしなくちゃいけないのか、わからなかったからなんだけど。

今までやったことないくらい、自分の底力とか、無限のエネルギーみたいなものを信じてみようか。
思いきって、使ってみようかなと思ったのでした。

気のせいか、今日は痛いけど昨日ほどじゃないような・・・

雨上がりにペンステモンの青
penstemon.jpg

雨だ雨だと思っているうちに、こんなに不思議な色の花が咲いてた。
何回見ても、この発色は奇跡だわ。奥のオダマキの濃すぎる紺といい、花の色は、いい。

痛いイタイと思ってるうちに、私のなかも変わって来た、かな。

すべては変化する。アニッチャ、アニッチャ・・・
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:7   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
5月が終わる前に
4月の末から5月中、咳と鼻水、時々熱に悩まされてあっという間だった。

動くとしんどくなるときもあるけれど、逆に浄化が進んで楽になるときもある。

庭仕事は、そんなときにちょこちょこやるのに、ちょうどいい。

庭にこの時期咲く、花の写真を残しておきたい。

shakuyaku.jpg
2年越しの芍薬。

素晴らしい造形美、ハッとする色。いいね~。
やっと咲いた花を家のなかにも置いてみた。


冬越ししたミニバラも
roses.jpg
虫や病気と共存しつつ、花を咲かせてます。健気じゃ。

葡萄やジャガイモ、畑の方も元気です。

シンプルな食事、生活で、からだそのものを強くしたい。
物事を深刻に考えすぎないで、ストレスを抱えず。
流れに任せて。

しみじみ、そう思うが、これって女性性を生きるってやつだなーと改めて思う。


Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
月礼拝のワークショップを終えて
名古屋での月礼拝のワークショップが無事終了しました。

現地のたまちゃんのアレンジのもと、愛知以外にも、岐阜や三重からも集まってくださった生徒さんたち。

ヨガが初めてと言う方が数名いたり、クリパルのDVDを家でやってます!って方がいらしたり。
うれしかったですね~。わくわくします。

前回に続けて、2回目の参加の方は、もう既に顔見知りの感じで、とてもリラックスして和気あいあいの雰囲気のなかで始まりました。

クリパル独特のウォームアップ、プラタパーナで心身の準備を整えてから、月礼拝のデモ、そして、その中で行うヨガのポーズを丁寧に練習し、最後に大きな輪になって、皆で月礼拝

リラクセ-ションのあと、それぞれに、自分の体験のハイライトをシェアします。

●シャバアーサナで「力を抜こう」とがんばらなくても、すーっと力が抜けた。
●プレスポイントを初めて試したけど、目から鱗だった!!!
●月が海の上に浮かんでいて、それを見ているような感じが今も残っている。
●最初は緊張していたけれど、皆と繋がって、一緒にいることが心地よく感じる。

一人ひとりの体験が、それぞれにとって大切なプロセスのひとつです。
人によっては日常生活を振返って、涙ぐむ人もいました。

短い時間でしたけど、とてもいい時間でした。また、名古屋で再会したいです!
今度は皆で写真も撮ろう!!

終わってから、一緒にリードしたたまちゃんと、沢山メールでやり取りしましたが、指導する私たち教師にもそれぞれに、ハイライトがあり、日常の自分のあり方と向き合うチャンスをもらいました。

参加してくださった生徒のひとりひとりに、アシストしてくれたさきさんに、一緒に指導し、すべてのアレンジをしてくれたたまちゃんに、心から感謝の気持ちを贈ります。ありがとうございました。
また、やりましょうね~!
Posted by 三浦まきこ
comment:4   trackback:0
[Yogaヨガのこと
付き添う
こどもが、水曜日の夕方発熱し始めた。

毎年この時期になると、熱を出すので、よし来た!と言う感じだったが、熱くなる体に触れていると自然と子どもに注意が集まり、視線を注ぎ、子どもの様子に合わせて、なにかしてやりたい、そばにいたいと言う気持ちになる。

私は子どもの頃、病気になってもあまり構ってもらえなかった記憶がある。
寝てなさい、と言われて、1人でじっと布団に入ってた。寂しいなぁ、と思った。

欲しかったのは、暖かいまなざしや、声がけ、手のぬくもりだったのかもしれない。

熱を出している息子に、付き添うことで、私の中に、気づくことがあった。

最近、息子に「あなたはもう、いろいろできるんだから、しっかりして!」と言う態度で接することが多かった。
もっと、一緒にいてほしかったのかな、と反省。。。

今年の熱は、出ていい熱だった。そんな風に思った。

そいういえば、GWに広島へ行く前、私自身も熱を出していて、電話で実家の母と話したことがあった。
相変わらず「だいじょうぶ?」の一言がないなぁと、気落ちしたが、実際に名古屋の駅で再開した時の、最初の言葉は「だいじょうぶ?」だった。

あれは、うれしかったなー

くすぐったかったけど、すごくうれしかった。

やっぱり、寄り添うのって、いい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
松本日帰りの旅
身一つで短い旅をした。

松本、ギャラリーLABORATORIOへ
labolatorio.jpg

ロベール・クートラスという作家の展示会が行われている。

画廊から乞われた絵を描くことを拒み、ひたすらカルトという手札大のカードの制作に没頭した作家。
自分のうちにある、エッセンス、純粋なエネルギー、そういうものと向かい合い続けて、創られた作品を見ていると、この作家の大切なものが滲んで出てくるような感覚に襲われて、こちらの中にある何かが揺すぶられる。

興奮気味だったので、ギャラリーで食事をして、落ち着こう・・・とオーダーしたの、今日もマフィンだった(笑)
mesnuits.jpg

短い松本滞在の間、もう一カ所歩いているうちに行き着いたのは、四柱神社。
jinja.jpg
鳩が泡のようにいっぱいいる。

お参りして、おみくじを引いた。

時くれば 枯れ木と見えし やまかげの 桜も花の咲き匂いつつ
<大吉>

やった、大吉。
でも、「そのうち春になって、末良き運なり。何事も慎め退屈せず時待てば必ずよし」
とは、私のお参りのあとに、ぴったりのお返事を頂いた感じがした。

いつか、クートラスのカルトを、これこそが、と思ったものを、身近において暮らしたい。

いつかそれを、自分の子どもに引き継ぎたいと思った。
Posted by 三浦まきこ
comment:1   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
母の日
母の日

午前はえりこのキッズヨガがYoga of Lifeで開催。
「まきこ先生」も仲間にいれてもらった。初のキッズヨガ、とてもいい体験だった。

キッズヨガで、子どもたちが、ちゃんと一人前に扱われること。
ヨガして、集中したり、チャレンジしたり、自分に自信を持っている姿を見られて、私自身がとてもうれしくなった。カメラ担当だったのですが、なかなかいい写真が・・・おいおいHPなどで紹介したいです。

終わってからえりこと、念願のチクテカフェへ。
cicte.jpg
すごいおいしい。
特にマフィンが!アイスミルクティもまろやか~。
水曜休み、YoLから5分です。1人でまったり、もいいかも。

久々にカフェでおしゃべりして、気持ちがあがった

共に出かけていた夫と子どもが、手みやげを買って来てくれた!
hahanohi.jpg
めっちゃ甘いケーキを頂きました。

母として、労われたことが、何ともうれしい母の日でした。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
女で良かった
今日一日は、とてもいい日だった。

ずっと体調がいまいちだったわりには、いや、だからこそかな?普段より余計な力が抜けて、クラスに臨んだ。
今の自分なりのクラスでいい、と思って進めたクラスの後、女性性を感じた、自分に必要なのかもしれないと話してくれた生徒さんがいた。ああ、あたし、無意識でもお母さんなんだなと。それでいいんだ、と腑に落ちる感じがした。

マタニティヨガと産後のママと赤ちゃんのクラスと続き、女性でいっぱいの一日。
産後クラスはしばらく不定期開催になるけれど、たまにでも集まれるといいね。

クラス後は、エサレンというボディワークをしてもらった。

エサレンはエネルギーワークのたぐい?といっても分かりにくいかもしれないが、体の上を撫で擦るように人の手が動く。途中ふわーっと頭が真っ白になることもあるが、感覚に注意を向けるといろんなイメージが湧く。
ぐいぐい押したり揉んだりするマッサージが男性的なら、エサレンは非常に女性的なマッサージだ。

施術を受けるのは2回目で、1回目は「大切に埋葬される感じ」だった。
参列した人たちに花を手向けられて、幸せな気持ちだった。(あくまでもイメージの中です)

2回目も丁寧に扱われている感覚は同じ。でも、今回は前回より「大きな手」に委ねている感覚があった。
施術する女性は小柄なのに、大きな体の人に委ねてるみたい。安心感が大きかった。

後半、自分自身が花のように思えた。
そのうち、施術してくれる女性がどんどん花を集めてきて、降り注がれているような感覚・・・まるで花嫁になったような気分だった。(花、連発ですみません・・・)

抱っこされ、きれいにしてもらって、祝福され、大切にされてる。

最後体を横にしたら、涙が出た。女でよかったーと久々に思った(笑)

この所、人の世話ばかり焼いて、それをきちんとこなさなくてはと、キリキリしてる自分がいやだった。
全然楽しんでいなくて、なんでこう、つまらない人なんだろうと無意識に責めてた。
結婚したばかりの頃や、妊娠している頃はあんなにバラ色に思えたのに、、、と。

今日と言う一日で、自分が女性であることを久々に思い出して、そのままで祝福されている存在なんだと
いろんな人に、いろんな形で伝えてもらったように感じる。

40代は、自力にこだわらず、人に助けてもらおうとおもう。

風邪が治るのと一緒に、心もスピリットも回復の傾向です。

Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Yogaヨガのこと
母と子のヨガパーティ
年末に好評だった「母と子のヨガパーティ」
今度の金曜、5月6日14:30~下北沢Yoga of Lifeで開催です。

子育て中のお母さんなら、どなたでも参加できます。

前半はお母さんのためのヨガ、後半は赤ちゃんと一緒に行うベビーヨガの予定です。

子どもを産んでからというもの、自分のヨガの時間はぐっと減りました。
せめて子どもと一緒に出来れば、と思って始めたベビーヨガですが・・・

自分でやってみて一番良かったのは、子どもとコミュニケーションを取れること、かな。

言葉を介さずにできるヨガで、コミュニケーションをとり関係性を築きはじめたことで、子どもとの間に隔たりを感じずにやって来れました。

そういえば、男の子は熱を出しやすいと聞いていたけれど、うちの子は年に1回出すか出さないか。
心身の健康は、ヨガのおかげかもしれませんね。

詳細はYoga of LifeHPをご覧ください。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。