山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
第5回クリパルヨガ教師トレーニング開始
下北沢Yoga of Lifeで、今回で5回目のクリパルヨガ教師トレーニング(YTT)が始まりました。

昨日からスタジオに詰め、今日は早朝から準備。

子どもも、協力者の一人です。初めてベビーシッターを頼んでみていてもらったが、スタジオの外のスペースで遊びながら待っていてくれた。

スタジオのエアコンが壊れているからっていうだけじゃなく、熱いYTTになりそうです。

2006年から2007年にかけてクリパルセンターに通い、クリパルヨガの教師になって、YTTの日本開催のため夫をサポートして、子どもが生まれた2008年、夫が最後のトレーニングにアメリカに滞在し、彼自身がディレクターとなった、今までのプロセスを思い出した。

YTT参加者と一緒に、私も、自分の意図と捨てたいものも確認した。

私の意図は、現実に留まること。

捨てたいものは、大好きなエネルギーの場、YTTに自分もいたい!という渇望。

大人になって、大好きなもの、大切なものが増えて来た。

ヨガも、スタジオも、クリパルの仲間も、大好き。

そして同じように、子どもも、自分たちの家も、山も大好き。

新しくクリパルヨガ教師を目指す、8人のメンバーに、心からの愛と、それからこの夏がかけがえのない夏になるようにという祈りを送ります。

明日は新月、そして日食。
新しいことが始まる、動き出す気配が、もう宇宙に飛び交ってる感じがします。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
泣かなくなったな
久々に晴れて、シーツや枕カバーを洗った。
aozora.jpg

枕を見てふと、最近泣かなくなったな、、、と思った。

感動や感謝でじわーっと涙が出ることはあるけど、一時のようにさめざめと、孤独や悲しみ、怒りから泣くことがそういえばない。

今朝、子どもが幼稚園にでかけるまで、夫は仕事部屋から全くでて来なかった。
朝早く起きてヨガして、仕事して、自分のペースで過ごしているみたいだった。

「うちにはいるけど、今朝はいなかったね」

と私が声をかけたら、ビビってたみたいだが(笑)

それを寂しく思う気持ちは、あるのだ。
ただそういうことに、以前ほど強く反応しなくなっただけのことなのだろう。

感情は沸いてくる

まるで雲みたいに

ただそれを見ている

そこに安らぎを感じる
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
子どものことば
水疱瘡で幼稚園をお休みしてる間も、散歩に行きたいと、割と元気だった息子。

彼が見つけたタンポポの種
tanpopo.jpg


完璧な球体、自然美・・・
そのままガラス瓶に入れて取っておこうと思った母。

が、その数分後には、風に吹かれて、最後には全部なくなってしまった。

「とんでっちゃったね」
執着、なし(笑)
そうだね、ずっと取っておく方が、不自然なんだね。

大人のお皿でご飯をもりもり
食べてにっこり、、、のあと
yasusara.jpg


ねぇ、めめつぶってたべよ。
おいしい(大声)

子どもにリマインドされて、食べる瞑想をした。
ついつい、やらずにいたなぁ。。。

目を閉じるだけでご飯の粒が、味が、食感が、よくわかるよ。

こどもは、潜在意識を刺激するから、苦手だったのかも、と瞑想の時おもった。
今はそんな私の所に、生まれて来てくれたことに、お礼を言いたい。

ありがとう、息子よ。母は謙虚に、キミから学ぶよ。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
新しいもの
Yoga of Lifeに看板ができました!
yolkanban.jpg
木の看板、スタジオガイドや月間スケジュールがいつでも手に取れます。


そして、ずっと欲しかった「カモメ食堂」で使われていたお皿。
ヴィパッサナ中、台所のお皿、コップを整理しようと案を巡らせていたのです。
plate.jpg

一人暮らし同士が同居して今に至るので、不揃いな食器が多かった。
便利で気に入った皿に、これから活躍してもらおう!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
ヨガと瞑想とエサレン
瞑想していて気がついたこと、3つ目。

最初は鼻先の感覚に集めていた意識を、頭から足先まで、全身に向ける時、
体の感覚が、頭から水をかぶったように(または中に染みるように)、ぞぞぞぞーーっと広がる。

この感覚、最近味わった、、、と思った。

エサレンだ。

施術者の手が触れる所に意識は自然と集まる。
その手が動くと、一緒に意識も移動する。
感覚が波のように動くのだ。

瞑想はたった一人で、動くこともせず、心身の感覚を観察するが、
他者の手が触れれば、エサレンに、
体を動かし、呼吸を意識的に行えば、ヨガになる。

ヨガ、特にクリパルヨガはその要素が特に重要とされている。
アーサナで体を動かし、呼吸を意識的にとることで、心身に感覚が起こる。そこへ意識を向けるのだ。

心身の感覚に注意、意識を向ける。

なぜそうするのか。

感覚は「今」にしか存在しない。
そして、「リアル」なものだ。

そこに人の意識を集め、純粋な(クリパルでは判断のない「目撃意識」と呼ぶ)意識で「今の現実」に触れると、そのこと自体が自然の摂理で変化する。それが心身の浄化になる、と私は理解している。

その仕組みは、マインドで理解できる範囲を超えていて、とにかくやってみるしかない。

瞑想、ヨガとエサレンが、私たちに勧めてくれること。

人の意識の的確な使い方と、その想像を超えたパワーに、非常に興味を惹かれる。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
音の中の音
瞑想中気がついた。

ダンマバーヌ(瞑想のセンター)のすぐ横には、川といっても、小さな小川が流れている。

あれ、雨かな?

と思うと川の音。

常に川の音が聞こえるのだ。

瞑想5日目くらいに、チャンティングが、ごく小さな音で繰り返し、流れているように聞こえ始めた。
幻聴か、あるいは、本当に流れているのか・・・・スタッフに聞こうかと思った時、

それも、川の音だった。

川の流れる音の中に、何十年間、この場所で流れ続けている詠唱、チャンティングの音が染み込んでいるみたい。

川際で、それに気がついて、もっと耳を澄ませたら、音の中に、ゴーっというような音・・・OMの音もあった。


我が家は山際にあり、住宅街なのに、非常に静かな環境にある。
聞こえるのは、鳥の声と、たまにくる車の音くらい。

帰宅後すぐ、瞑想したときは、近所から聞こえてくる歌謡曲の音が空間を占領していたが、
今日瞑想したら、まだあの音が聞こえた。
だんだん、小さくなって来ているが、その音の源のような音は、確かにある。

ちなみにこの小川には、とんぼ、かえる、そしてホタルもいます。
今年も飛んでた。
周りで工事や環境整備が行われているが、まだ、大丈夫みたいだ。

でも、サーバー(奉仕者)の人が言っていた。
今年は、うぐいすの声が、今までより聞こえなくなったらしい。

自然の音が、あり続けていてほしい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
みそ汁と瞑想
10日間、黙して瞑想の毎日。

その中でいろんなことに、気がつきました。
今日発行のメルマガにも書きましたが、他にも・・・

たとえば、
味噌汁は、ほかのどの食べ物とも違って、口に入れると体の真ん中にふわぁ~っと味が広がること。
味噌が放射能による体への影響を軽くしてくれるというのは、この、独特のエネルギーによるのかなぁなんて思った。

食べ物を同じように噛み、飲み込んでも、感覚の広がり方はそれぞれ違う。
帰宅してからも、それがあまりにおもしろくて、目を閉じて味わっていたら・・・

「おかあさん、どうしてめめつぶって、たべてるの?」

その方が味がよくわかるからだよ、と応えたら、子どもも目をつむって噛み始めた。

よくかんで食べよう。ゆっくりね。瞑想の良い影響のひとつだ。

それから、子どもが水疱瘡になって一日早く戻って来たが、今日からめでたく幼稚園に行き始めた。
本人も楽しそうだし、私も・・・

子どもが出かけたすぐ後と、帰ってくる直前、瞑想する時間を作ることにした。
これはなかなか、いいアイデアみたいだ。

実践、あるのみ。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
出かける前に
しばらく、年に一度のリトリートにでかけます。
約2週間、生活から離れる。今年は去年より、それを楽しみに思う気持ちが強い。

その前に。。。
酵素玄米を炊いて(これで2週間、米はもつだろう)

小梅を漬けた。
umedukewithyasu.jpg3歳になった息子は、小梅のガク取りができるようになった。
落っことす梅も、去年より少ない。

成長したなぁ。。。

うぐいすの鳴き声を聞きながら、キルタンを流して、梅仕事をする。
息子はキルタンを歌う(笑)でたらめだけど、歌うんですよ。


用意していたオリーブの木をやっと下北に運び、
春のビオラを、夏の花に植え替えた。

携帯を忘れて出かけて、写真が撮れなかったのが残念。
Yoga of Life1Fの入り口アプローチは、徐々に小庭になってます。元々植わっていたツツジの花も咲いて、蜂がミツを集めに来てたよ。都会にも息づく生態系ですな。

帰りのドライブで、夫に「今年は去年より楽しみ』なのは、どこから来るのか?と聞かれた。

私は人との関係性の中で、「自己」を確立することが、とても難しかった。
相手に依存するか、距離を置きすぎるかにどちらかになりがちで、いつも一緒にいる夫や子どもとの距離感も、探りさぐりなところがあった。

今、やっと40を超え、子どもが3歳になって幼稚園に通い始め、アメリカの女性画家「ジョージア・オキーフ」の伝記を数ヶ月かけて読んでいる。 その中でやっと、夫や子どもと関わり合いながらも「自分」でいる感覚に、なんとなく触れつつあるのだ。

それは私に必要なことで、そして自分でいられる、その奥には、「HOME」「自分の居場所」がある、という根本的な安堵感があるように思った。

やっと自分の居場所がみつかった、そんな感じ。

だから、そこから少し、旅をすることが怖くなくなったのかもしれない。


しおつヨガのクラスを休んだり、Yoga of Lifeのクラスを代行して頂いたり、多くの人の理解や協力のもと、自分がしたいことをさせて頂きます。それを忘れず、感謝して出かけます。代行してくれる由美さん、のぶさんのクラスを金曜午前中に受けられる機会ですので、皆さん是非、クラスに足を運んで下さい。

それじゃ、行ってきます。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
明日は新月&部分日食!
明日の朝、北日本を中心に日食が見られるようです。

そのせいか?

なんか、変な感じのする一日だった。

いやな感じとか、不安を感じるとかそういうのでなく、何とも言えないむずむずするような、じりじりするような。

終わった花を取り除き、下向きにぶら下がる花だけ残した。
rose0530.jpgこっちに向いてほしいけど、むいてくれない、でも、まぁいいか。みたいな(笑)
そういうところにいるんですけど、これじゃ、わかんないですよね~。

石井ゆかりさんが「新月満月の前は、飛行機が離着陸のとき、一番揺れるのと同じ」と書いていたのを読んで、妙になっとく。明日は新月と日食が両方起こるから、その感じが強いんだって。

明日から、また新しい月が始まる。
新しいスタートかな。
今はその直前のところを過ごしてる。それだけのことなのだろう。

いつものように、子どもの歯を磨いて眠ろう。

がたがた揺れる飛行機の夢を見るかもしれない(笑)
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。