クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
いぶりだす
たべる、のむ、かう、つくる。

何かしていないと、落ち着かない。

そんな自分に気がついている。


外は雨、こどもは夏風邪? 鼻水とせき、微妙に疲れやすい
「今年最後のブルーベリー摘み」は断念して、うちにいる。

何となく元気のない息子は、早めに昼寝をはじめた。
眠る間、彼の体は、自力を発揮するだろう。

代わりに、わたしは、すわることにした。

いつもの部屋の片隅で 目を閉じる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遠くに自分の体がある 私自身はそこにいない

そのうち胸のあたりから いくつもの腕が伸び 暖かな光に向かって手を伸ばす

もっとほしい、もっと、もっと

すきなものきもちいいものすてきなもの 触手を広げる

ああ この感じ 

気持ちいいわけじゃないけれど 強い

そこをめがけて 「わたし」が近づいて来た


煙がおりてくるみたいに 体の中に「わたし」が燻る 

今からだは空っぽの空間 煙のように 雲のように 自然に燻る

そのうち体ん中は煙でいっぱい 燻蒸(くんじょう) 


いぶりだされるように なにかが わたしから でていった

渇望と嫌悪に操られていた それがはっきりみえる  



あとに残るのは 心が入ったからだ

完璧じゃないけれど ここにいればいい 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

瞑想したら、今するべきことがはっきり分かった。 

「今年仕込んだ味噌の天地返し」 面倒くさくてね・・・先延ばしにしてたのだ。

今日は新月。

手を動かそう。 

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
映画うまれる
上野原市西原という地区へ子どもと出かけた。

目的は映画「うまれる」

子連れでみることが出来るらしく、ずっと楽しみにしていた。


道中「やっこや」で豆腐ドーナッツ、がんも、それから湯葉の唐揚げを購入。
yakkoya.jpg
どれもおいしいが、特にヒットだったのは湯葉の唐揚げ!!!!
劇ウマです。

映画が始まるまで2時間もあったので・・・

まずは腹ごしらえに、手作りの焼きそばや芋煮、梅ジュースを頂き、

そしてジャガイモ掘りをした。

3株掘って1キロの収穫。土から顔を出すジャガイモは黄金色で、ホント宝物みたいだ。
うちの小さな庭の畑に植えたジャガイモは、トシが早く収穫し過ぎてめっちゃ小さかった。
しかも私のいない間に、掘っちゃって・・・念願の芋掘りだったのでした。

特産のゆずシロップを添えたかき氷でのどを潤し、引き続き木端材の積み木で遊ぶ。
yasusaihara.jpg

フルで遊び過ぎたか、、、

映画は20分でギブアップ
「外に出たいー」で大泣き・・・ああ、あたしのメインの目的だったのにぃぃぃぃ

この映画は通常DVD化されるところをあえてせず、地方での自主上映で地域のコミュニティごとに見られているそう。
見たかった・・・いっそ、Yoga of Lifeで自主上映しようか。。。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
すでに新月めいた日
新月は31日だが、もうすでに新月モードだなぁ、と感じながらの一日。

多分排卵している、とか。

きゅっと、エネルギーが絞り込まれる感じ、とか。

懐かしい顔に再開して、過去を微笑みながら振返ったり、自分の原点に気づかされるような日。


過去があるからこその、これから先へむけての、いくつかのチャレンジが見えて来た。

そして面白いことに、なぜかこのタイミングで、
シンプルなアーサナや、シンプルな呼吸法が、ヨガを始めたばかりと同じくらいの新鮮さで目の前にある。 
じゃじゃーん、新鮮にキレよく登場!みたいな。

クリパルヨガのクラスや、母と子のヨガパーティでも、

カパラバティ/ブレス・オブ・ジョイ/ナディ・ショーダナ(全部呼吸法を含みます)を実践して、その効果を味わう。(後で知ったが、今日は月が蟹座。支配するからだの部位は、肺。こういうシンクロ、起こるのよね)

大人だけじゃなく、赤ちゃんにも、ヨガのギフトを分けあう。

相手を信頼して寄り添うハンズオン・アシスト。

そういう当たり前だったことが、妙に新鮮に思える。

なんでしょう?これ?

ぎゅっと縮められていたバネが、何かの拍子にビヨーンとはねるみたいな、
でも手を離したのは私ではない、自力ではない、なにかによる、というような感じの一日です。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
夏の花
ゆりが咲いた
yuri.jpg

去年より蕾の数が多い。

東からの朝陽と
沢山の雨

冬の寒さや雪
いろんなことが絡み合って、こうしてまた咲いている

ゆりは薬師如来の住む国の花、と以前仏道を歩む人から教えられたことがある。
あなたのそばにおいておきなさい、と勧められた。

枯れずに今年も咲いてくれてありがとう。

その香りが、家の周りの空気に広がってる。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
きもちいい
しおつでのヨガ

先週は台風のため休講だったので、2週間ぶり。

出かける前、夏休み中の子どもを幼稚園に送り届けるのに一苦労(結局夫に頼んだ)

提出期限をうんと遅れているにもかかわらず、プリンターがうまく作動せず、必要なコピーがとれないとか。

瞑想する時間も取れず、あたふたと出かけた。


ヨガが始まって、呼吸して、ポーズを取って、中を感じる。

やっていることは、とてもシンプル。


それなのに、終わると、すごくきもちいい。

足、とか、頭、とか局所でなく、体全体が、からだとしてまとまって感じる。
柔軟性の問題ではなく、おなかや内臓が柔らかく感じる。

四方津でのヨガは、生徒と一緒に体を動かすのを自分に許しているちょっと特別なクラスだから、
自分でリードしながらも、ヨガもある程度している私。

だからこそ、終わった後、気持ちよさを生徒さんとシェアしながら終わった。

私がリードするから、じゃないのです。
ヨガをする、そうすると、心身が気持ちよく変わる。

ああ気持ちよかった、そう感じて終わるクラスもいいもんだ。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
下北のNew Shop
下北沢駅西口からYoga of Lifeまでの間に、新しく花屋さんができた。

しかも感じがいい♡

花好きの私には、一軒たちよる店が増えちゃうかも。

オープニングセール中、切り花鉢植えは、半額

みると、大好きなアナベル(鉢)が750円・・・山梨まで買ってかえりました。
ajisai.jpg

下北に移って4ヶ月目、下北に行くのが毎週の楽しみです。
目下のお気に入りは「伊勢や」おにぎり、おいなり、水ようかん・・・毎週なにかしら食べてます。

それから、久々に髪にパーマをかけてみた・・・子育てが一段落して、余裕が出て来たんだなぁとしみじみ。。。

そうそう、うちの息子、只今トイレトレーニング中ですが、この数週間みるみる進化しています
時々、数歩戻って、一進一退ではあるけれど、トータルしてみると、「ちゃんと育ってる」(笑)
感慨深いものがあります。

ただ、トイレで用を足すってだけのことだけど、このプロセスは子育てにとっては大きな節目です。
明日から幼稚園は夏休み。

母、気合い入れて、キャンプや川遊びに連れて行く気まんまんです

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ブルーベリーを摘みに
涼しい日は、ブルーベリー摘み日和、と電話を頂き、子どもとでかけた。

地元のヨガで知り合った有機農法を楽しんでいらっしゃる方宅へ。

途中、台風の雨で山崩れ・・・道が分からん! 電話して道案内して頂いたが、なんであんな、なんの道しるべもない道のりを、すらすらと道案内できるのか・・・不思議だ。

長袖、長ズボン、長靴で装備し、いざ畑へ。
畑までは山を登っていく。同じ市内に、こんな土の匂いがする柔らかい山があるんだなぁと、来るたびに思う。

ブルーベリーは意外と「熟してる」かどうか確認するのが難しかった。
「ぜんぶまっくろ」になっているのを探すのだが、摘んだ後で、あれ、ちょっと赤紫の部分が残ってるというのも多々あり。

あと、雨上がりだからか、ものすごい蚊!
隣の子どもが、ぶちぶちと沢山さされる分、わたしは大丈夫だったが・・・

こどもは1時間もすれば、腫れが引きすっきりしてる。

一方私は・・・その2日後の今日になって、かゆくなるところもあり。年齢ですかねー。

黙ってもくもくと、「色」に集中して摘む作業は、瞑想的で、心がとても静かになった。
お土産に、夏野菜も沢山頂いて帰宅。

すっぱいのも混ざってるので、今ジャムにしています。
blueberry.jpg
水気は全て、ベリーから出てくる。砂糖は甜菜糖にしました。

味見したけど、すっごいおいしい!
丁寧に育てて頂いたブルーベリー、摘むのもたまになら楽しいが、朝忙しいときだとイライラする!そうです(笑)またお手伝いにいきますねー。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
水で繋がる
今年は早めに実家に帰省。

幼なじみにあって、同級生が夫婦で経営するお店に出かけた。
杏zu 薬膳中華のお店だ。

見た目も味も、おいしい料理でいっぱいだった。
yakusen.jpg
写真を撮り忘れたのでね・・・店主のブログから拝借した別の料理ですけど、、、こんな感じにとてもきれいに盛られてるのです。

マスターのA君は、中学生当時番長みたいな存在だったんだけど、その理由が何となくわかったような。
芯のとおったしっかりした人なんだなぁと、初めて知った
・・・それに比べて自分は、人と向き合うことを避けてるような中学生だったからなぁ。なんて思い出したりして。

幼なじみは、弱くなったと言いながらも未だに酒豪(今日は酔わなかったわーっていいながら帰ってた、嘘でしょ?!)で、久しぶりに沢山話して、多いに飲んだ。

翌日、クリパル仲間のたまちゃんと会い(次回の打ち合わせもしましたー。また名古屋でWS楽しみです!)

その後は家族で温泉、プール。

子ども(うちの子3歳、姪9歳)と一緒にいたが、うちのは初めての流れるプール、滑り台でスライディングどっちも平気で、すっごく楽しんでるのに驚いた・・・去年は浮き輪もだめだったのに。成長した姿を見せてもらった感じ。

姪も、25M泳ぎきるのを練習していて、息つぎの仕方を教えてあげたりして・・・カナヅチだった自分が、泳ぎを教えてるなんて面はゆいのですが、そうやってついていてあげると、わくわくした表情で、楽しそうに泳ぎ、どんどんうまくなる。姪の存在を近くに感じる。泳げなくて夏休みが嫌いだった自分のことも、思い出した。

朝起きて来た母に、女子サッカーが優勝したと聞いた。映像を見てすっげー感動(涙)
女だからって、どこかで「いいわけ」にしてた自分に、そうも言っていられない時代かもよ、って声をかけたりして(笑)

そのうち台風が来て大雨にうたれながら帰宅しました(雨)

なんだか水ものでいっぱいの3日間でした。
雨降って地固まる じゃないけど、
心も湿って、自分の故郷の土地、人、思い出と繋がった感覚が残ってる。

いい3連休でした。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
夏おいしいもの
残り物満載、今日のランチ
lunch1.jpg

残り物でも、旬のものはおいしい。

・かぼちゃとトマトと水で戻した小町麩、塩を一緒に炊いたもの(オススメ!炊く時、水を入れないのがポイントです)
・頂いた朝取り白根キュウリ※のぬか漬け
・子どもが掘って来たじゃがいものサラダ
・大豆グルテンのウィンナー「リンケッツ」
・朝炊いた玄米と自家製梅干しのおにぎり

※私初めて知ったんですけど、普通に出回ってるキュウリは、かぼちゃの根っこに接ぎ木されて収穫されたものだそうです。そうすると、大量に実がなるんですって。
一方、白根キュウリは根も全部キュウリの株からなったもののこと。
普通のキュウリより白くて、でこぼこしてて、なる量は少ない。でも、柔らかく甘いのです。
触ると柔らかさがよくわかります。

あと、今年はぬかの調子がいい。
おばあちゃん(87歳)が手入れしてくれたからかもしれない。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
暑いときのヨガ
今日も朝から、気温はぐんぐん上昇。

子どもの朝の支度、一日の食事の支度をしているうちに、自分がめらめら燃えて来ているのを感じた。

怒りっぽいし、チリチリしてる、導線が短い花火みたい。

さてそんな中、瞑想してヨガにでかけた。

瞑想して、燃え盛る熱をそのまま感じると、そのうち炎は弱まっていく。
心にやってくる感情にではなく、からだの感覚に意識を、エネルギーを向けるのは、なんと健全な関わり方なんだろうと思う。

ヨガも、暑い中でもいつもどおりに、とがんばりすぎず、意識的に冷静に、控えめに行うように意図を持った。

やってみて思ったが、体の重心をいつもより上に保つことで、呼吸が柔らかく広がる感じがする。

冷静さを保ち、テイクバックすることは、アーユルヴェティックヨガで習った夏のヨガへのアプローチだ。

「夏を快適に過ごす」
快適と感じるのは、体と心だから、両方にアプローチできるヨガって、とても便利。

夏のアーユルヴェティックヨガをWSでやりたかったなぁ、、、他のことでいそがし過ぎて、ちょっと遅過ぎたか。。。通常のクラスに、出来る範囲で取り入れてみます。

そうそう、今度の金曜は「満月」です。 久しぶりの月礼拝を、夏バージョンでやってみよう。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
夏涼しく過ごすコツ
梅雨明けしました。
今日も真夏日になるらしい。

家の中を暑くしないように、と

「昼間、火を使わない」

ようにしています。

最初は抵抗があったこのやり方。。。だって夏だって作り立ての美味しいものが食べたいから。

やり続けるうちにだんだんと、悪くないなと思えて来た。

まず、朝涼しいうちに、米を炊いたり、麺を湯がいたりしておきます。
お茶も朝沸かして。出来るだけすべて、短時間で終え、暖かいまま鍋ややかんを放置しない。
熱源を減らすのです。

米のときのランチは、「おにぎり、のり巻き」

麺のときは、水でさっと解いて冷麺にすれば、けっこう美味しい。

これに、子どものお弁当に入れたおかずをちょこっと足すと、十分満足する昼ご飯になる。

一人で家にいるときは、これだけで今の時間(13時頃)でも、26度台が保てます。

試しに買ってみた無印良品の水出し紅茶、これけっこうおいしい。。。進化してるんだなぁ。
紅茶は南国のもので、体を冷やすというけれど、飲んでみるとそれがよくわかる。
tea.jpg
そしてあら不思議!これがあると、ノンアルコールビール飲みたい!!!っていう強い欲望が沸いて来ない(笑)
おかげで、このところ、内臓の調子がいいです

しかし、侮れないのは、人の体温。 

ヨガしたり、瞑想したりすると、体温が上がりやすい私は、「冷やしておきたい部屋」ではやりません。
それから、怒ったり、熱中したり、も暑くなります。
やりすぎず、冷静に、適度にリラックスして過ごすのが、涼しく過ごすコツかも。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
3人揃った
今朝、家族3人が久しぶりに揃った。

子どもが幼稚園に行く前の少しの時間だけど、
夫が、家で働いていた。

すだれを一つ追加し、ずっと気になっていた「詰まって溢れる雨樋」を開通させてくれた。
両方とも、高い所に手が届く夫でなければ、できない仕事だった。

それから、みんなで朝ご飯。

3歳の元気印の子どもと二人だけで過ごすと、お母さんはへとへとになる。

お父さんがいる。

それだけで、落ち着くものだなぁと思った。

子どもが出かけた後のいつもの瞑想も、いつもと違う。

とても落ち着いて座り、満ち足りた気持ちになり、いい状態で今日の自分の仕事を始められた。

離れていても家族だけど、一緒にいるってやっぱり、いいですな。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
子どもの願い
七夕に子どもが作った短冊?ならぬ流れ星☆
hoshi.jpg
裏に「願いごと」が書いてある。

「うれしいことが たくさん ありますように」

幼稚園で先生が代わりに書いてくれたそうだが、一つに絞り込めなかったのね(笑)

うれしいことが沢山あるのは楽しいね。

そうあることを母も祈るよ。

そうして、うれしい、たのしい以外のこともいっぱい体験させてくれるこの人生を、目一杯いきておくれ。

ちなみに、星には顔が書いてあるが、ついこの前まではかけなかったのです。
3歳になって、毎日色々出来ることが増えていく。
成長をみる喜びひとしおの今日この頃です。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
ナマケモノの足
最近、足がだるい。

ちょっと立ち仕事をするだけでもだるくなり、子どもと散歩にでも行こうもんなら、だんだん機嫌が悪くなるお母さんで、子どもが気の毒だ。

そう言うときのヨガは、最初はゆったりと始めるのだが、中盤、足腰をよく使うポーズを逆に、たっぷり行いたくなる。足腰にエネルギーを送りたいんだろうね。

そして、ちゃんと動かしたヨガの後は、足と自分はけっこう仲良しだったりする。

でも効果が持続する時間が短いんだよね・・・
すぐまた、だらーっとした、なまけものの足に感覚が戻ってしまう・・・

どうしてだろうなぁと思い巡らした。

最近暑いんで(Yoga of Lifeスタジオのエアコンも、昨日の夕方やっとなおりました!)冷たい飲み物、果物を体に入れる機会が多かった。
陰性のものの取り過ぎで、足がだるだる~なのかも。
ヴァータ(風)の気質は不安定になりやすいから、スグ足にでるのかなぁ。
(ヴァータの乱れは下半身にでるとインドで習った)
内臓も冷えてる気がする。

夕方、珍しく子どもが昼寝を始めたので、いまだ!とばかりに瞑想したら、おなかのなかがぐるぐるうごめいていて、気持ち悪い感じでいっぱいだった。さっき食べた水ようかん、心はほしがったけど、体はいらなかったみたいだ。

しばし、気持ち悪いおなかと共にいたら、夕立がきた!

ごろごろ、ざばー!!!!と音がする。

音でくぐもっていた感覚が変わる。
おなかの感覚が、他の体の部分に動き始め、頭から足まで、さーっと流れるように感覚を感じ始める。

ちょっと変わって来たので、瞑想を中断して、窓の調整に立ったら、足がしびれてた(笑)
瞑想が短か過ぎたのか、最近のだるさが出ているのか・・

・・・理由は、わからなくていいんだった。
私の分かる範囲など、ほんの一部分に過ぎない。
ただそのまま感じて、変化するのを体験する。

確かに変わりました! いやー涼しくなった!!(笑)

気温、一気に25度をきる。(それまで33度、雨ってすごい)

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
木漏れ日
曇り空から 
木漏れ日が差す

夜の雨に
濡れた緑 ひかる

昨日書いたツタの壁
tsuta.jpg

かぼちゃが覆う縁側
kabotya.jpg
うようよ

生い茂る
植物にたべられそうだ

小さな人間が、その中で生きています。
今日は、クリパル本の翻訳を手伝ってる。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
温度計
夏の必需品、温度計。
外気温と、内気温を同時に見られるタイプのもの。
一代目が壊れてるなぁと思っていたら、夫が早速新しいのを調達してくれた。
ondokei.jpg
見えるかな?
上:外気温 35.8度
下:内気温 27.3度

9度近く、部屋の中の方が涼しいのです。。。エアコンは使っていないのですぞ。

コツは、夜間の冷たい空気を部屋の中に入れ(10センチくらい窓やシャッターを開けておく)、外の気温が部屋の中の気温より高くなる前に、窓を全部閉める。
そのために、このタイプの温度計は必須なのだ。

できるだけ、日陰をつくり、家そのものを暖めない事も大切。
外に出している温度計のセンサーを日向のコンクリにでも触れさせたら、50度越えるのはザラです・・・
壊すかと思った・・・

うちでは(主に夫が)すだれを掛けたり、背の高くなる野菜を植えたり(今年はさやえんどう)、ツタをはわせたり、夏はとにかく、太陽の光と家の間に、植物系のものが存在するように配置している。
植物は、太陽が当たっても温度が上がらないのです。

今年結構パワフルなのは、「かぼちゃ」。
旺盛な生命力で、根っこさえ土の中にあれば、コンクリートの上でもどんどん伸びていくから、コンクリートが太陽の熱で、熱々になるのを防いでくれる。ちなみに、生ゴミを土の中に埋めたところから、自然に発芽したかぼちゃなので、タダです

山梨までくれば、夜は涼しい。今25度くらい、パジャマは長袖でもいいくらい。
だからここまで、効果が出るのだろうけど。

東京のスタジオでも、なにかできないかな~と思う。
もう、すだれとグリーンカーテンはやったのだけど、やっぱりまだ、暑いのだよね~。
エアコンが修理されても、それ以外に涼しくするために何か・・・

屋上に断熱材いりのペンキ?を塗るのは、費用がかかりすぎるため。。。やっぱり、かぼちゃかな。
ただ見た目がねー、ワイルドなのです。。。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
北側の自分の空間
現、夫と共同生活を始めてから、7年目。

久しぶりに自分のスペ-スをこしらえた。
myroom.jpg
部屋、ではない。

2階の一部なのだが、これから机をセッティングして、自分の好きなことが出来る場所に整えるつもり。

写真を撮ったり、詩を書いたり、英語を勉強したり、お茶を飲んだり。
やりたいことはいっぱいある。

一人のときは、自分が家族をつくることを心から望んでいたけれど、
それが叶うと同時に、一人で何かを、黙々と行うことは少なくなっていった。

この間、瞑想していて、ひらめいたのです。
ここに、自分の部屋を作ろうって

北は、「豊かさ、成功」を招き入れる方角。
私はずっと、「北側の部屋」で10代、20代を過ごしたが、暗くて、寒くて嫌いだった(笑)
この家の北は明るくて好きだ。緑色や、金色があうんだってよ。

窓の向こうの森や、記念に買ったシダ、金色のラクシュミ(壁にいます)に囲まれて、自分の時を過ごすのが楽しみだ。

それにしても、スタジオ移転をするごとに、なにかと家の中に遺品が残る。
昔夫が使っていた受付カウンター(手作り)に、私がMUKUで使っていた椅子、明かり、シダを入れた鉢も古いスタジオのものだ。
そしてついこの間まで渋谷のスタジオで使われていたカーテンも、敷き布として使ってます。

古いものを再利用して、気持ちよく使う。
これは、トシから学んだあり方だな。
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
予定は未定
予定は、その通りにいかないことがある。
今日はそれのオンパレードだった。

涼しいショッピングモールに出かけた。
インターからスグのようだし、行けば分かるだろう・・・と思ったら思いっきり迷った。
カーナビは情報が古過ぎて全く役に立たず、久々にコンビ二で道を聞きましたよ・・・

モールに来た目的は「子どもの散髪」
っつーことで、早速目当ての「ミニカーに乗って、アンパンマンのDVDを見ながら、散髪できる美容院」に行ったら、今日は夕方5時まで予約でいっぱい、、、ですって。ボーゼン。

仕方ないので、昼頃まで子どもの遊びにつきあっていたら、山手線の車両(おもちゃ)を買うはめになり、私もはき心地のいい靴を見つけたり、髪留め(進化している・・・)を見たり、思わずショッピングモードに。

そしたら、子どもとはぐれた。。。

うちの子は、今まで一人で遠くへ行くことはなかったから、ちょっと気を抜いた・・・しまった。
しばらく探したが、いない・・・こりゃ、まずいな、と思ったそのとき、迷子のアナウンス。

親切な人が、別のフロアの迷子カウンターに連れて行ってくれたのね。
初の迷子体験・・・何か、わやくちゃになって来たので、もう帰ろうということになった。

でも、「髪を切る」つもりででて来た息子は、髪を切りたいんだって。

結局、家から歩いていけるスーパーの中の美容院で散髪してもらった。(なんだそりゃ)

月、水星、それから金星がボイド(逆行)してる、今。。。
ああ、こういうことか、と思ったりして。

でも、なんだか、障害物競走みたいな、無事に終わってよかったね、ドキドキしたねの1日だった。

最終的に落ち着いた今日の行き先は、ここ。涼しそうな首筋です。
haircutyasu.jpg
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
土地のものを食べる
月が蟹座(水の星座)の新月(スタート、浄化)だからか、いや、ただ単に梅雨がもうすぐ明けそうだからか、
水回りの掃除に励む一日だった。

洗濯槽も一新したくて、洗剤を買いにスーパーへ。
うちは石けんで洗うので、洗濯槽に石けんカスがつきやすいらしい。

そこで、雑誌「クロワッサン」を見つけた。
kurowassann.jpg
大変興味を惹かれる見出し、放射能の影響が懸念される今、食べることでなにができるか。

何かを食べれば、大丈夫!ってそういうことではない、という言葉が心に残った。

日々、毎日食べているものが、からだをつくる。

そんな当たり前のことに、改めて気づき直し、日常を大切にしたい、そんな気持ちになった。

季節はそろそろ夏。 焼き芋が売られていたワゴンでは今、焼きもろこしが売られている。
1本100円! 芋も、もろこしも、地元で採れる季節の野菜だ。
yasucorn.jpg
自分でむく!といって、がんばった息子(笑)
何と独創的な姿・・・これが、とうもろこし??
まるで、花火みたいだね。

何の因果か、山梨で生まれて育っているこの子は、やたらとうどんが好きだ。

うどんの地、その土地の力をもらって、育まれてる。

牡蠣を食べて育った人が、津波にさらわれても瓦礫にしがみつき、何十キロも歩いて帰って来たという話が載っていた。さすが、牡蠣パワー。。。

うどんと玄米、のりを主食に、季節のものを食べて育つうちの子は、いったいどんな人間に育つんだろう。

うどんのコシと弾力、しなやかさをもらい、玄米の力強い生命力をいただいて、生き抜く力を育んでほしい。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
蟹座で新月、そして日食
7月1日、今年は蟹座で新月、それと日食が重なる。

スタートラインに立つ(新月)、それがスペシャルになる(食)、とは、石井ゆかりさんの毎日の星占いにあった言葉だ。彼女の占いは、ホント興味深い。

始まりは、始まったばかりなだけに、不安定さや、自分に馴染みのない感じ、ざわざわした感情が伴う。
それは、とても自然で普通のことだ。

私の今日は、とても普通の一番定番の形で始まったが、将来振返ってみたら、今から始まっていたということがあるのかもしれない。

山開き

プール開き

なんとか、開きが多いなぁ。


ちなみに、昨日始まったYTTは、4回のモジュール全てが、ほぼ新月の頃から始まる。

わざとじゃないんです・・・

そこに、偶然の符号を感じたりする。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |