クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
名古屋でワークショップ この1年の感謝を込めて!
昨年末のはじめての名古屋でのワークショップから1年。
次回で4回目となります。愛知、岐阜、三重をはじめ、中部近隣から集まってくださった皆さんに感謝の気持ちを込めて、年末にワークショップを企画しました。

<年末特別ワークショップ>
☆気づきを育むークリパルヨガ☆


nagoyakizuki.jpg

1年の終わりは、慌ただしく過ぎる忙しい時期でもあり、また、自分の体験や心身のあり方を振返るときでもあります。

今回のワークショップでは、まずは、クラス形式でクリパルヨガをたっぷり堪能します。
体の今の感覚、呼吸に注意を向けながら、心身を徐々にリラックスし、集中力を高めます。
最後のリラクセーションでは体の芯からホッと一息つける、安らぎの時間が訪れるでしょう。
クリパルヨガは、初心者にもわかりやすく、体験者にとっては、体験を深めたり、前回までのワークショップの復習の機会にもなります。

 ヨガのあとは、ヨガや瞑想のポイントにもなる、「気づき」の体験をします。
気づきは、善し悪しの判断なしに、あるがままを受け止める状態で起こります。
瞑想の入り口でもあり、また、ヨガの目指す心の安らぎや慈愛を育む礎にもなります。
また、気づきは、ヨガマットの上だけでなく、日常生活に広く活用できるヨガの知恵です。
この一年を振り返り、また来年への意図を抱くときに、自分自身を深くサポートしてくれるでしょう。

1年頑張って来た自分へのプレゼントに、ぜひ、心身の安らぎのための時間をお過ごしください。


日時:2011年12月29日(木)10:00~12:30
場所:アイミック 名古屋市中区上前津2-1-24丸富ビル3F TEL(052-332-4818)
☆地下鉄上前津駅5番出口から徒歩2分
地図→ http://www.imic-inc.com/access.htmlrent_image02.jpg

IMG_0441.jpg
指導:米国クリパルセンター公認クリパルヨガ教師
   三浦まきこ&林珠美
参加費:4,000円
持ち物:動きやすい服装、ヨガマット
数量限定の無料マットレンタル有り(予約時にお問い合わせください)
対象:初心者~経験者
定員:16名

ご予約の方は、氏名、連絡先、メールアドレスを添えて、maki☆kripalu.jp(☆を@に変えてください)までご連絡ください。追ってこちらから、確認のメールを送らせていただきます。

尚、12/26(月)以降のご予約、キャンセル、お問い合わせに関しては、ロータス・ヨガサークルへご連絡いただけますようお願いいたします。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
今年最後のクラス@YoL 
昨日が、今年最後のYoga of Lifeでのクラスでした。

そのことに、数時間前まで、気づかなかった・・・・
仕事や行事、しなくては行けないことに追われていて、今自分がどこにいるのか、意識できずにいた。
さすが、師走・・・だけど、今日一日は、二度とない一日なのにね。

だから、瞑想やヨガをして、今、自分がいるところを確かめ、一呼吸を大切にしたいと思うんだろうな。

今年最後、とわかったらすぐに、Yoga of Lifeが、3月11日に移転、リニューアルオープンしたこと、
その日にクラスを担当していて、そして、震災が起きたことを、ついこの間のことのように思い出した。

原発事故も起き、しばらくのあいだ、もしかしたら今も、みな多かれ少なかれ、その影響を受けて過ごしている。
忘れられない年だと思う。

クラスで顔を合わせられる生徒にはまず、深々と頭を下げてお礼を言いたいと思った。

顔をあわせられない人も含めた、多くの人のおかげで、Yoga of Lifeは今あるのだと思う。

ひいては、一人ひとりの存在も、数えきれない多くの人や生き物、自然との関わりあいに支えられて、生かされているってことなんだよね。。。瞑想、ヨガを終えたところで、心からそう感じた。
その思いが、クラス全体に伝わっているような、みなが共にいる、あたたかいクラス、だった。

クラス後、今日はじめてあった生徒さんが、実は福島から最近引っ越して来たこと、いまでも、いつでも、涙が出てしまうということをシェアしてくれた。

彼女が、他の生徒が差し入れてくれた、サンタのアラレをみて、「かわいい」と笑う。
santaarere.jpg


悲しみもある、悔しさもある、迷いもある、でも、温かい気持ちも、笑顔も同時にあるなんて、不思議ですってそんなことを話していた。

私には、こうして話を聞いたり、共感したり、一緒に涙ぐむことしかできないけれど、それだけでも、できる限りさせてもらいたいと思った。

今、私の時間の多くは、うちの3歳の息子ひとりに注がれているが、彼がこれから出会い、影響を与えるかもしれないものは、無限にある。この先、数限りない人や世界と関わることで、彼は未来をつくる。

地道に、平和を目指そう。
できること、働けることをして、ベストを尽くそう。
希望を繋げるんだ。

そんなふうに、心新たに思う今年最後のYoga of Lifeでのクラスでした。

◆お知らせ◆
来年3月11日には、瞑想やヨガをし、キルタンを一緒に歌ってすごす計画を立てています。
ぜひ、いっしょに。。。詳細はまた追ってお知らせします。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
クリパルヨガ+アーユルヴェーダ=?!
12/11開催のアーユルヴェティックヨガのワークショップについて、
どんなことをするのか、ちょこっとYoga of Lifeの公式ブログに書きました。

アーユルヴェーダやヨガに興味のある方、自分の状態に合わせたヨガの実践方法を探してる方、是非読んでみてくださいねー。

何度も書くけど、絶対面白いよ。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
アーユルヴェーダとヨガ
先日、アーユルヴェーダ医療融合協会のセミナーに参加しました。

名だたる有名人のお話を聞かせて頂いたのですが、やっぱりアーユルヴェーダ、すごくおもしろい世界です!

印象に残ったことを残しておきます。

アーユルヴェーダ医師の安藤先生のお話:
・蜂蜜は、体温以上に熱すると、それ以下ならスパイスなどと混ぜにできる
・食べ物は、栄養(エッセンス)と老廃物に消化(転換)される。老廃物(例えば便)には、身体を支える役割もある
・エネルギー(プラーナ)が流れる脈管は、太陽が昇ると共に開き、沈むと共に閉じる。蓮の花のように。
・故に、夜食べるものは、未消化となり、アーマ(毒素)になる
・やせたいなら、ガルシャナ!(絹の手袋で、毛並みに逆らって身体をこする)

話しかたまで、インドっぽい安藤先生(笑)なんだか、懐かしい感じがした。
私は、1年に一回くらい、診断と施術を受けてみたいなと思った。

アーユルヴェーダ医学の権威、上馬場先生のお話:
・内治(食べ物、オイルでの浄化法)、外治(マッサージ、温感療法)の他、ヨガや瞑想による外治外療法の3つがあるという考え方。
・インドで主に女性が伝統的に行うオイルマッサージが、社会を癒す可能性について(虐待、犯罪の減少に繋がる)

アーユルヴェーダの普及は、ヨガと合わせて行って行くことがとても大切だという話も、あちこちで聞かれました。

夜9時までのセミナーだったので、家に帰ったら11時。

やっぱりおもしろい!と十分感化されたため・・・
夕飯は白湯のみ、セサミオイルで頭頂と耳だけでもマッサージして、お風呂で暖まり、寝ると、ものすごくアーユルヴェーダっぽく過ごしたら、あれから身体のバランスが整ってる感じがします。

山梨に越して、カパが増えたなーと実感。アンバランスになることもあるけれど、バランスが整うと、本当にカパって穏やかで、優しくて、満ち足りていて、素敵なエネルギーなのです。

難しいヨガ哲学とアーユルヴェーダの理念を重ねることは、諸先生方にお任せして、私は、いちクリパルヨガ教師としてクリパルセンターで研究開発されている、アーユルヴェーダの知恵をヨガのアプローチに活かす方法を現場で実践して行きたい。

12/11(日)Yoga of Lifeワークショップ「アーユルヴェティック・ヨガ」を開催します!
詳細はYoga of LifeHPにありますが、どれくらい面白いか、はまた今度書きますねー
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME |