山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
when you face to whatever you don't know
トシは7時頃家をでて、4歳の息子とふたりの朝だった。

私:「明日はお父さんがいなくて、お母さんもヨガだから、預かりの部屋で待っててね」
息子:「うん!預かりの部屋で遊んで待ってるね。でも、預かりの部屋って幼稚園のどこにあるの?」
私:「うーん、担任の○○先生に聞いてみたら?教えてくれるよ」

このあと、なんで?ってくらいの勢いで子どもは泣き始めた。
「それって、どこ?わからないよ。」そんなことをいいながらパニックになってる。

お母さんから先生に「場所を教えてあげてください」ってお手紙を書いてくれと言う。
そんなことくらい自分で聞けるだろうに・・・でも、私の声が聞こえないくらい、自分を失ってしまってるんだよな。

出来上がっていたおかゆを食べさせて、とりあえず子どもを落ち着かせて、何気なくでも、意図的に問いかけてみた。

「今日はなんで曇りなんだろうね?」
「お父さんはどうして今日は、朝早くにいないんだろうね?」
「どうして毎日、ちょっとづつ背が伸びて大きくなるのかな?」
「どうして毎日、お腹が減るんだろう?」
「朝の次は夜が来るのは、なんでかな?」
「なんで寝てる時は咳が止まるのに、朝起きると咳がでるのかな?」

ふたりでいっぱい、わからないことを出し合った。

世界には、分からないことがいっぱいあるね。
お母さんもそうだよ。わからないことがいっぱい。
それでいいんだよ。わからないことがあっても大丈夫だから、安心して。

誰にも分からないこともいっぱいあるけど、咳のことはもしかしたら病院の先生は知ってるかもしれないね(病院にはあまり行かないけどね)
お父さんがどうして今朝早かったのかは、お父さんに聞けば分かるかもしれないね。

そうしたら、預かりの部屋が分からなかったら、誰に聞いたら分かると思う?
先生はきっと知ってて、連れて行ってくれると思うよ。

この間、ゆうに40分はかかってる。
shakehands.jpg

自分が「しらない」ということから来る不安を、誰かに排除してもらおうとしたり、自分を守ろうとしたりするのは、普通のことかもしれない。大人でもよくやるし、私も随分やって来た。

でも、40過ぎた今の私には、別のあり方の可能性が見えている。

忙しい朝に40分くらい忍耐が必要だったとしても(笑)

「世界は分からないことでいっぱいだ」「その中でコミュニケーションして知り得ることも出来るんだ」「どうしてだろう?って思うことは、おもしろいことなんだ」ってことを子ども達に知らせたい。

この訳の分からない世界の中で、リラックスしているあり方もありえるんだって、子ども達に伝えたい。

私の中にいる、子どもだった頃の自分にも、知らせてあげたい。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。