山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
○○するべからず
ムーミンに登場するスナフキンは、小さい頃から、憧れのヒーローだ。
着の身着のまま、執着をしない風のような存在。
そして、○○すべからずと書かれた立て札が大嫌い。全部引っこ抜いて燃やしてしまう。

私の中にも、立入禁止の立て札が、そこそこある。
危険につき、立入禁止。
○○するべからず、という種類の立て札だ。


大抵は、過去の体験や記憶から、「これは危険、too much」と感じて、立て札を立てているようだ。

しかし、この週末、子どもとのびのび過ごす時間を持ったら、はたと気づいた。

例えば、何が起こるか分からなくて危険すぎるから、近づかない方がいい洞穴があるとしよう。

でもその洞穴の中に、自分の家族が入らなければならない。

わたしはどうしても入っていけなかった。
あまりにも危険で、なにかあったら、今までの生活や子どもにも影響を与えかねないから。
だから、洞穴の中の様子を聞いたり、戻って来た時に、できるだけ休めるように、気を配り、外の生活を支える方に力を尽くす。

そんな状況がずっと続いていたみたいだ。

でも、それじゃうまく行かないことが分かった。
どんなに話を聞いたり、こちら側にいるときに、休んでもらおうと思っても、やっぱりとても辛そうだから。

もともと、ストレス過剰にならないように立てた、立入禁止の立て札は、意味がなくなった。
だって、立て札をたてて、自分自身を守ろうとしたって、全然守れないんだから。
穴の外の私も、苦しくて怖いんだから。

週が明けて、トシが帰宅してから、私たちは具体的にその話をした。
そして、いっしょに「穴」に入ることにした。

トシを楽にすることなしに、自分は楽になれないのだから、他に道はない。

・・・というわけで、近寄るべからずの立て札を1つ、引っこ抜いて燃やして、探検を始めました。

やはり、一筋縄では行かないし、出口も、解決策もなかなか見いだせない穴です。

それでも、穴の外で、怖がって、身を縮めていたときよりも、ずっといい。

毎日、爽快感すら、あります。

見て、スナフキン、立て札抜いてみたよ!って気分です。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
ウチの先生のパン
ウチの先生の食パン。
ものすごくおいしい。
sihobread

作り手によって、季節によって天然酵母パンの味は変わると聞いている。ああ、これが、ウチの先生の6月の味、パリ!ふわ!で、たまらんおいしいーーー!パン教室はこちら:happykashi→ http://happykashi.jimdo.com

と思いながら、噛み締めていただいていたら、この、ウチの先生、という感覚が、心地いいなぁと思った。

ヨガの先生とは、仕事仲間になり、友達になり、恋人になって結婚して夫婦になったから、純粋に「ウチの先生」とは、呼べないものがある・・・

クリパルでは、「先生」として教師が生徒と関わるよりも、大切にしていることがあり、そのためにトシは「先生」と呼ばなくていいですよ、とみんなに言っていた。

それも影響しているのかもしれない。

でも一緒に仕事をし始めるまではずっと、「いえ、ミウラ先生と呼ばせてください」といって、がんとして先生コールをやめなかったんだよなぁ、あたし(笑)

ある道で、この人すごいー、かっけー、叶わないって思える人との出会いがあるのは、素晴らしいギフトだと思う。

クリパルヨガで体験させてくれた「そう感じている自分の中に何が起きてるのか注意を向ける」というあり方はキープしつつ、「ウチの先生」に憧れる自分の心にも、敬意を評したいと思う。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ウーマンズヨガ ~夏の1dayリトリート~ 開催!
women_summer.png
昨年秋から千絵ちゃんと続けてきたウーマンズヨガのワークショップですが、夏の1dayリトリート* の開催が決定しました!

これで、ちょうど1年分、ウーマンズヨガの四季が一回りすることになります。

「夏」を味わうのは、私にとっては、一番のエッジ(ギリギリのところ、瀬戸際)でした。
・・・それなのに、いま、ものすごく夏を満喫するこのリトリートを行うのが、楽しみでしようがない!
ワークショップを開催する私たちも、生徒のみんなと同様に、「季節のサイクルに乗る」という体験を味わって来たのかなと思います♡

女性のみなさん、どうぞ自分のための、夏を味わう時間を過ごしにいらしてください。
これまでに参加された方も、今回はじめてという方も歓迎します。

今回は千絵ちゃんの本拠地、京都と、わたしの出身地である名古屋での開催です!
*8/24(土)京都、8/25(日)名古屋
名古屋は、在名のクリパルティーチャーたまちゃんの協力のお陰で、初開催できることになりました。
東京は秋の1dayリトリート(10/27日曜@YoL)を予定していますので、お楽しみに☆

*リトリート【retreat】
1 退却。撤退。後退。
2 隠居。避難。また、隠居所。隠れ家。避難所。仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所。


ウーマンズヨガ ~夏の1dayリトリート~
♡ Enjoy your summer! ♡

natu1.jpg
■ウーマンズヨガとは・・・
元来、自然界に四季や月の満ち欠けのサイクルがあるように、女性には、生理周期や初潮から閉経期までの女性性のプロセスがあり、女性と自然は相互に影響を与え合っています。しかし、現代の生活の中では、女性達が生きる環境は変化し、様々なストレス、緊張状態が続き、自分の女性性や自然のサイクルを感じることが難しい状態が多くなっています。
ウーマンズヨガでは、自分の内外に存在するサイクルに注意を向け、そのエネルギーに合わせたヨガや瞑想、呼吸法等を行い、女性同士がサポートし合うコミュニティを作ります。女性が自然の一部であるという実感を取り戻した時、母なる自然から大いなるサポートを受けとり、女性としての自分自身への気づきや、癒しが起こります。

■内容説明
女性たちが、それぞれの「夏」を味わう1日ワークショップです。
「夏」は、降り注ぐ日差しや暑さ、草木が繁殖する力が象徴するように、エネルギーがピークに達し、喜びやイキイキとした生命力溢れる季節です。月の満ち欠けで言えば、夏は「満月」、生理周期では「排卵期」、女性の一生では、「成年期」にあたります。季節を充分に味わい、自然と次の季節に向けて心身が変化していく「季節のサイクル」を体験しましょう。

今回のワークショップでは、「夏」という季節に合わせたヨガを体験します。ひとつのアーサナである程度の時間保ち、じっくり行う「陰」と、呼吸に合わせて体を動かし、エネルギーを高める「陽」、それぞれのアプローチで行います。ヨガで体を開き、心を解放し、リラックスします。

また、ポットラック(持ち寄り)でランチタイムを過ごしたり、音楽や、やさしいダンス、マッサージなどで、心身ともに楽しみ、リラックスする時間を持ちます。そして、自分の中にある女性性の象徴に触れる、というウーマンズヨガ特有のワークを行います。

それぞれの体験は、シェアリングの場で参加者同士で分かち合い、学び合うことができます。女性同士の体験には共感できるところも多く、繋がりや安らぎ、知恵を与え合う機会になるかもしれません。

家族や友達、恋人など、誰かのためではなく、自分自身のために、夏を謳歌する特別な1日。
一人ひとりの異なる体験と気づきを尊重しますので、夏が大好きな人も、苦手な人も歓迎します。
ヨガが初めての方から経験者まで、すべての女性にご参加いただけます。

<予定プログラム>順不同
・陰ヨガ
・陽ヨガ(クリパルヨガ)
・音楽や、やさしいダンス
・マッサージ
・女性性に触れるワーク
・シェアリング
・ポットラック・ランチパーティ

※女性性に関わるワークが含まれますが、心理療法としてではありません。
すべてのプログラムは、個々人が安心してできる範囲で行っていただけます。
chiemaki_banner.png

<京都>
【日時】2013年8月24日(土) 10:00-17:30(1時間半程度のランチタイムを含む)

【場所】 京都・アスニー山科 和室(山科駅より徒歩約3分)地図

<名古屋>
【日時】2013年8月25日(日) 10:00-17:30(1時間半程度のランチタイムを含む)

【場所】 SPACE「BLUEMOON」
     名古屋市昭和区阿由知通2-21 FORM1 2F(リサイクルショップの上)地図      
     地下鉄鶴舞線「御器所」駅 8番出口徒歩5分 


【受講費】 11,000円 ※早期割引 10,000円(7月末迄のお申し込み)


【指導】 三浦まきこ、鈴木千絵

【持ち物】 ヨガマットまたは大きめのバスタオル、動きやすい服装、タオル、ブランケットまたはその代わりになるもの、ノートと筆記用具、マイボトルまたはマイカップ、オープンサンドの具

○可能な方はマイボトルに飲み水を入れてきてください。会場にも用意があります。
○ランチはポットラック(持ち寄り)パーティーです。オープンサンドを作りましょう!
パンを用意しますので、具となるようなものをお持ちください。
切った野菜、豆や魚の缶詰など、手作りでも買ったものでもOKです。
※保冷バッグをご利用いただけますが、暑い時期ですので、お肉など痛みやすい食材は控えてください。

【主催】
京都Yoga space SOLA
名古屋ロータスヨガ

【ご予約・お問合せ】
予約方法、受講費の支払方法、キャンセル規約、講師紹介など詳細は、下記を必ずご確認のうえ、お申し込みください。
京都千絵ちゃんのブログ「CHIE_YOGA」
名古屋たまちゃんのブログ「ヨガからの贈り物 あるがままのわたし」
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
懐かしの・・・
「一週間のミッションと役割毎の目標をもつ」というweekly plan 2週目。

今週のミッションは「女性であることの喜びを体現する」
書くと大きくて引きますが・・・意図が大切ということで

でっかく掲げたミッションと現実的な目標設定のおかげか、新月の後、心身ともに低空飛行、自己評価低かったのが、回復しつつある。

で、今日のフォーカスは、女性としての自分。
目標は、マニキュアを塗ること。←現実的

目標にしたこと以外にも、着るものを選ぶ時にも、ヨガを練習するときも、昼食をとるときも、女性としての自分を意識しながら過ごしていた。
小さい頃、パティシエになりたかった時期がある。その頃を思い出して、おやつを作ったりね。

で、子どものお迎え30分前に、懐かしい本をパラパラ見ていたら・・・
写真 のコピー 2こちらです

そういえば、30すぎて焦り始めた頃、女性としての自分を大切にしたくて、よくやっていたことを思い出した。

懐かしの「腰湯」。

読むと、45−47度のお湯で15分とある・・・イケル。

ということで、即風呂を掃除し、湯をため、何年ぶりか?の腰湯。
こんな大量の汗を出したのも、久しぶりかも。
これはいい。頭がからっぽになって、体が充実する。
家にいても、できることあるじゃん!きもちいいーって顔です。

写真 のコピー 3そうそう、髪を切りました。

ほんとは、この後、バスローブにくるまって追い汗をかくと、もっといい。
バスローブもとうの昔に手放してしまったが、、、バスタオルでいいから、今度はもっと時間を作って、くるまって、ぼーっとしよう。

ずっと前に好きだったことや、はまっていたことは、今でも、自分の心をくすぐるんだなぁ。
今日の場合は、女心、かね。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ミッションと「母」の役割
先週末、クリパルヨガ教師向けのサポート研修会があった。
午前は、アンドリュー(アメリカのクリパルセンターでディレクターを務めた経験を持つ、「ヨガスタジオを開くには」という本の著者)のインタラクティブなビジネスの講座。
午後は、オハナスマイルのみきさんによる、ヨガビジネスに関する講座だった。

まだ、アンドリューの話の概要のほうだけ、聞いた状況なのですが、既に、とてもいい影響を受けている。

アンドリューは、1つのミッションを設定することをすすめていたそうだ。
そのミッションにそって、自分の持っている役割を7つ書き出し、それぞれに今週の目標を決める、というもの。

私は、役割毎にミッションが違うように捉えていて、だから、疲れてしまったり、やっていることがバラバラになるように感じていたようだ。

1つのミッションかぁ、としばらく思いつかないでいたが、トシと話していて、「降りてくる」ようにピンと来たテーマがあった。
それがなにか、は秘密です照れてしまって、とても、言えません・・・が、

今日は時間を作って、役割を書き出し、目標を設定した。
私には、7つ以上役割があったが、1週間は7日、1日1つと思って、7つにしぼった。

初日の今日、フォーカスしようと決めたのは「母」という役割。

子どもが幼稚園から帰るまでの間に、自分の目標を達成すべく、準備を整えた。

家事や仕事などすべきことがあると、子どもと関わるのが二の次になってしまう。
今日は、子どもとガッチリ向かい合う時間を30分以上作ろう!と目標を立てていた。

・・・のだが。

幼稚園から帰って、久しぶりに作った手作りクッキーを2−3口食べた途端に、張本人がいなくなってしまった。
自転車で友達と遊びにいくんだって。「お母さんとは、木曜日にね!」なんて言ってる。

こうやって、親離れしていくのが、自然な子どもの成長なんだろうなぁ。

でも、やや、さみしかったわ。

一緒に作ろうと思ってたドクダミの焼酎漬けを作ってもまだ、時間が空いてます・・・
写真 のコピー

なんてブログを書いていたら、息子が泣いて帰って来た(笑)←ホントの話です

まだまだ、母の役目はしばらく続くようで、何となくホッとしたりして(笑)

一日やってみただけ、だけれども、この1日1つの役割でミッションを実行するというプロセスだと、いっぱいいっぱいにならないで済む。エネルギーをフォーカスするために、段取りを組んでいる自分がいた。
例えば、午前中に仕事して、午後は子どもが帰って来た時に、自分がリラックスしていられるように、瞑想しつつ、おやつも用意して。

かつ、驚いたのは、実母から電話があったり、妹と連絡を取る必要ができたり、義理の母と食事に行くことになったりと、他の役割に関わる出来事も、今日、起こったこと。

娘や姉、嫁としての役割でも「目標」を意識していたから、向かい合い方がいつもと違った。

世界は有機的に動いていて、目標を設定しても、自分の都合どうりに一直線に達成できるわけではない。
それを承知のうえで、自分の果たしたいミッションを持って、それを基に、何ができるのか・・・
しばらく、ウィークリーで、時間を割いて問いかけてみたい。

アンドリューの言う通り、これって、毎日を生き生きとさせてくれるヒントになるんじゃないだろうか。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
| HOME |