山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
ヨガセラピーと「ごめんね」の関係
息子(5歳)とふたりで夕食をとろうとしたときのこと。

いきなり「ばちゃん!!!!」と大きな音が・・・さっき置いたばかりのみそ汁がひっくり返ってる。

豆腐が飛び散り、わかめは散乱。スープは全部お盆とテーブルに広がってます。

「なんでこういうことになるの?」
「せっかく作ったのに、もったいないじゃない。食べなさい」

はっきりとイライラして、言うわたし。

息子は固まって、無言で豆腐を拾って、食べてました。

お互い黙ったまま、夕食は終わり、片付け。居心地の悪い空気。「どうして、あやまらないの?」と聞いてみた。
「悪いと思ってないからなの?」・・・シーーーン。無言。

自分の領域を守る健全なボーダー(境界線)とコミュニケーションを阻害する壁との違いをセラピーで体験的に習うのだけれど、無言って、最も厚い壁(障壁)なのかもしれない。さらにこんなに簡単に、子どもでも作れちゃう壁なんだって思った。

洗い物をしながら、何か怒られそうなことが起きた時に黙る息子と、セラピーでの自分の体験が重なる。

謝ると、もっと立場が悪くなるように思い込んでるんだよなぁ。
更に、シリアスに謝るのを居心地悪く感じるんだよなぁ。この子も、たぶん。って。

約1週間前にセラピーのデモでコブラをホールドして、自分の腰と対話したとき、「ちゃんとケアしてよ、注意向けてよ」って怒ってる腰に、「ごめんなさい」って心から謝りたくて、謝った。そうしたら、腰はもう、大して怒ってないって反応に変わり、わたし自身は謝ることで、何とも言えない安堵感を感じた。許してもらえるとか、もらえないとかじゃなく、ただ、謝ることで、もやもやや居心地悪さが消えたのだ。

わたしはセラピーで感じたことを、大切にしたい。謝ることの倫理的な意味じゃなく、本気でやれば、気持ちいいよって子どもにも伝えたいのだ。

だから、居心地悪いからまぁいいか、なかったことに・・・するのはやめて、意を決し、向かい合うことにした。

洗いものをしながら、一定の距離を保って話しかけてみる。
「悪いことをしたなって思ってないの?」(首を振る息子)
「怒られるのがいやだから謝れないの?」(無反応)
「話もしてくれないと、近づけないよ」「お母さんは、ちゃんと話すまでなかったことにしないよ」
そっぽを向く息子に、間を置いて、ポツポツと伝えてみた。

「ごめんね」
が出るまで、40分。粘ったねー。

そこから、何が起こったのか、お互いどう感じたのか、これからどうしたら同じことが起こらないようにできるか、5歳の子どもの言葉で良いから、自分の言葉でちゃんと話すまで、見つめあって。逃がさない・・・笑ってごまかさない。いやな母親かなーとふとよぎったけど、いつもじゃないからね。知らないふりばっかりするのはいやだったからね。

最後に、「話してくれてありがとう。明日もみそ汁食べようね。今度はスープまで全部のもうね」ってハグしたら、息子の涙がわたしの肩や腕を流れてた。あーすっきりした、ってお互いいつも通りに戻った。

家族だから、まぁいちいち言わなくてもいいや、って思う時もたくさんある。
でもそれが続いて、本当に起きてることを言えなくなるのが、割と「普通」なんじゃないかとも思う。

わたしは、今の家族と一緒に、ちょっとした実験をしてるように感じる。
時々でいいから、ここは!って直感で思うとき、逃げないでちゃんと向かい合ってみたい。

最初に話したボーダーが、人との間にあるのを尊重する気持ちも大切だと思うから、誰にでもこの手の居心地の悪いことを明らかにしようと持ちかけるわけではない。

ぜったいこの人とは離れられないという、強い結びつきがあるからこそ、お互い、時には真剣に謝りながら、信頼しあえる関係性を育てて、家族で居続けたいなぁと思うのだ。

今回の名古屋ヨガセラピーでは、他にもいろんな体験をしました。
これからも、生活の場で、こうやって繋がって出てくるんだろうなあ。

東京Yoga of Lifeでも、この夏ヨガセラピーの入門、集中コースが予定されています。
興味がわいたら、ぜひ受けてみてください☆
詳細はこちらです
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
和葉さんとの往復書簡:5
ふふ、半年ぶりに和葉さんからお手紙頂きました
2歳児と過ごす半年は、非常に濃い日常だろうと、想像ができます。

それから、ほんとはそう思ってるけど、口に出すのははばかられるようなことを、シェアして、共感して、そこから新しいあり方を創造するっていうプロセスに今の時代は入ってるように思います。
今ならではの、赤裸々なお手紙です(笑)ぜひ読んでみてください♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まきこさんとの往復書簡:5 
和葉から、まきこさんへ



ごーめーーん!笑

なんと最後に書いたのが2月だから、
半年近く放置してしまった。

なんかもう、もうもうもう!

まきこさんに話したい事、
しかも
がっつり話したい事が
次から次にの半年で
ちゃんと書こうとしてたらこんなに時間が。

下書きフォルダにいくつあるんだ、
って世界。

で、もうそれらをまとめられなくなったので
あきらめて短く行こうかと。

でも
まきこさんの日記も読んでいると
お互い結構いろいろあった半年ではない???

わたしはすごく重要な半年だった。

仕事においても
育児においても
家庭においても

どん、と大きなシフトがあった。
大きなでき事、って言うんじゃなく
次のステージ、っていうシフト。

広がると同時に、
「思い出す」
っていう感じも多くって
あらためて

「いや、2歳児育てるってやっぱり普通に大変だよね?笑」

って思っています^^

それ以外の事やってるわたし、
えらい!
ぐらいで行こうかと・・。


そして余裕が出てきた分、
一番辛かった時代を思い出して
またちょっとしんみりしたり
その時の辛さについてまだまだ「癒し」が
必要だなと実は再認識しています。


うちのお嬢さんは
今でもそうだけど
寝るのがとっても苦手でね・・・

とくに最初の一年くらいは、しっしんとかも
ひどかったので
ほんとうに寝られなかった。

そしてちっさい頃は一日に何度もある
お昼ねのときも
いちいち寝かしつけに時間がかかって
なんかわたし
一日に何時間寝かしつけに費やしているんだろう・・・
って宙を見つめていたなあ。

頭も働いていなかったし、
時間の流れがおかしくなる感じで
ほんとうにノイローゼ寸前というか
いや、ノイローゼだったんではと思う。


まきこさんは、
育児、
どうだった?(←漠然とし過ぎ!)


しびれるような幸福感とか
時にものすごい孤独とか。


今までの人生で経験した事のない感情がてんこもりで
なかなか忙しいですね。


で、いきなり一番辛かった話なんだけど
まきこさんは、なに?

わたし、やっぱり
育児しなければ出会わなくて良かったかも知れない
自分のダークなダメな側面
に出会うのが一番キツいときだなあ。

これは未だにそう。

こんな幼子相手に
心底「いらっ」と来る自分とか。
遮断して無感覚になろうとする自分とか。

もう絶対誰にも見せたくない自分の顔ね。

でまた、そういう時に限って
夫は容赦なく指摘するんだよね、笑

「なんでそんな事でイライラするの」とか。

悲しさ倍層^^

まきこさんは
こんな時どうしてるのかな~
って、いつも思うんだ。

どうしてるの????(どストレート)


まきこさんも
いろいろ動いているね。
動いている自分の心の動きも丁寧に見ている
まきこさんの様子を見ていると
クリパル教師ってすごいもんだなと
改めて思うよ。

下北が近ければよかったのに!

そしてやはり
うちの近くでは、活動しているクリパルティーチャーが
見当たらないんだなあ。

ああ、またあの時間を過ごしたい。
感覚を通してその奥にある自分に触れる感じ。

ということで横浜スタジオオープンを提案いたします!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[The seed of spirit 〜和葉さんとの往復書簡
新月の号泣
昨日の晩のことだ。
新月は、翌朝の明け方というタイミングだった。

突然、5歳の息子が、ぐずりだした。
『お手伝いする!』なんてノリノリだったのに、急に。
なんだよ、もう。 イライラするなぁなんて思いながら、洗い物を終えたとき、キッチンに息子が来た。

顔はもう、ぐちゃぐちゃになってる。
涙、鼻水、よだれ、ミックスの状態。

「いったいなんなの?」と聞くと、

「お母さん、アメリカに行く時、飛行機に乗ったら、飛行機が落ちたら、お母さん死んじゃう・・・号泣」

ああ、夕方みたニュースの飛行機事故から連想したんだろうな、と思った。
亡くなった方や怪我をされた方のことを思うと、気の毒だね、と話し合ってた時はなんでもなかったのに、後から、クルらしい。

去年、夫に人には『死』があることを教えられて、寝る前に毎晩泣いていた時期があった。

それからほぼ一年経ってるし、抱きしめてこう話した。

「アメリカに行くかどうかはまだ分からないよ。飛行機が落ちるかどうかも、誰にも分からない。明日何があるか、誰にも分からない。」うなずく息子。(分かってるんだ・・・じゃ、続けよう)
「でも、今、お母さんは生きてて、やっちゃんを抱っこしてて、ずっと一緒にいたいと想ってるよ。」更にうなずく息子。
「だから、今を大切にしよう。ね?先のことは分からないんだから、やっちゃんが心配して元気がなくなったら、お母さんも心配になっちゃうよ」徐々に泣き止む息子。

その後ふたりで、夜道を散歩に出掛けた。
息子はすっかり元気になって、さっき泣いたカラスはどこいった?ってくらい、立ち直りが早かった。

去年は、言葉を聞く余裕もなくパニックになってたから、成長したんだなぁと思う一方で、自分の言葉が自分に向かって言われてるような気もして、『私だってそうだよな』と思いはじめた。

最近、ストレスのほとんどすべては人間関係から来るねと、夫とも話していた。
それが重なると、まるでそのストレスを抱えてる状態が『私』のように思えてくる。

しかし、人間関係だって未知だ。
自分のことだって、充分分かってると言えるだろうか。
他人なら、なおのこと、妄想や憶測が入っていると考えるのが無難だろう。

ベストは尽くすけど、うまく行かなかったり、手に負えないことだって、沢山あるのが現実。

そんな時に、ぐるぐる妄想を膨らませて感情に踊らされているだけじゃなくて、それはそれとして、特に変えようとしないで(まあ、変えられないからなんだけど)、自分自身は安らかでいるように意識を変えることも出来るんだよなぁって思った。

「生きてる」という土台の上に、喜びも悲しみも怒りも不安も、ストレスもあるのだから。
生きてるってことは、ゆらぎがない現実。そのことに、もっと注意を向けよう。
そこでなら、どんな時でも安らかで居ることが出来そうだなって思った。
私の命を思って、あそこまで取り乱す子どもと、子どもに話す時に自分から出て来た言葉に、教えてもらった。

これがそのまま、探していた「七夕の願い」になった。

明けて今日、猛暑に豪雨、気がめいりそうな環境下だったが、人との関わり合いはとても豊かだった。
さらに、思わぬプレゼントをもらってワクワクしている。
hollybasil
雨に濡れるスィートバジルとホーリーバジル。ホーリーの方は、噛むとミントみたいな味がする。1日5枚で医者いらず、苗の半径10m(だったっけ?)を浄化するとも言われてるらしい。私がほしがっているのを覚えていてくれたことが何より、嬉しい。

嵐がさって、風が涼しい。
気持ちもスッキリしてきた。バイバイ新月。ありがとう。

もうすぐ夫も帰ってくる。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
| HOME |