山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
Life transformation 2週目〜Expand〜
この間の金曜から、2週目に入ったLife Transformation(LT)。

実は私はスタートダッシュ型だったようで、土曜の満月を境に、ちょっとトーンダウンする感じも有り。
フレッシュさは弱まるものの、逆に慣れて来る部分もあって、自己確認や意図設定がしやすくなりました。

日曜の朝、起き上がる前に体を大の字に広げたら、今日の意図はExpandだなと。
ブレスレットを作ってもらった時にも、「まきこさんが芝生に大の字になってる姿が見えます」っていわれたなぁと思い出して、今日はそれをやってみて、「拡大する」意図をサポートしようと思った。

朝ご飯前に、子どもと散歩して山に登り、満月直後だし、うっそうとしていた青、赤のシソを収穫。
image のコピー

いつもなら、速攻でシソの加工にかかるのが私のパターンですが、今日はちょっと置いて、大月の月の市で天然酵母パンを買い、ウエルネスパークの芝生へ。 パンをランチに、「寝転びに」行きました。
image_20140713181241669.jpeg

子供用の遊具があって、いつもなら絶対やらないのに、なぜか登ってみたり。
image のコピー 5
高くて怖かった・・・足がゾクゾクして、今朝山に登る時も同じようにゾクゾクしたなぁ・・・高所恐怖性だったのかも。でも怖いんだけど、いつもは感じない感覚があるぞ!と、なんだか、わくわくした(笑)

そして、子どもの頃どうしても作れなかったシロツメクサの王冠・・・作ってかぶって、写真取ってもらって、なんかひとつ、達成感・・・。
image のコピー 4
Photo by Yasunari Miura

青シソは、ジュノペーゼ風ソースに。
image のコピー 2

赤シソは、迷いましたが、濃縮タイプのジュースにしてこの夏のお供に。
写真 のコピー 4

LTをはじめてまだ2週目だけど、とっても楽しんでます☆ 
立ち止まって今気づいてることにフォーカスする瞬間をつくると、こうして文章を書いている間にも、鳥の声とか、左肩の痛みとか、食後のお腹の重さとか、今にも寝そうな息子の静けさとか、なんて命って豊かなんだろうって思いが沸いて来る。

そうそう、出掛ける前に家のMorning Glory(タチアオイ)にアゲハが来てました。
まるで遊んでるみたいで、かわいい。
image のコピー 3

アーユルヴェーダでいう、Kaphaには刺激が必要で、でもありすぎるとVataが乱れて不安で落ち着かなくなる私。東京で忙しく生活していた頃とは別の『刺激』だけど、私の心身、魂が欲している刺激は、こっち側にあるのかもしれない。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Life Transformation
集中コース<Life Transformation> 一週目
集中コース<Life Transformation> (略して、LT)受講を始めて1週間が過ぎるところにいます。

純粋に生徒としてプログラムに入るのは、日本では多分10年ぶりくらい・・・?

スーダのプログラムをアメリカでではなく、日本で受けた時の体験から、日常生活に近いところで気づきやトランスフォーメーションを体験できると統合が起きやすいと感じていたので、ステージのアシストと迷ったあげくに、こちらを受講する方を選びました。

細かなことはこれから受講する人の自由なプロセスを守るためにも、書かないようが良さそうだけど、実に『トランスフォーメーション』(変革)が起きる予兆を感じる一週間でした。

ちなみに、今日、この一週間で始めてパンを焼きました。

この数年、自分の趣味だと思ってやって来たこの作業が、実は、8割は家族の健康のために、やっているのだと気づきました。

LTをはじめて、パン作りだけでなく、私の行為のほとんどは、人のためで、それによって自分を安心させようとしてるカラクリに気づいてしまったわけです。この仕組みはとても無意識にすすめられているので、日常生活のなかで気づくことはほとんどありませんでした。

最初にそれに気づいたときは、自分の中が空っぽに感じて、虚しさや絶望感があり、くらーい気持ちになりました。
しかし、気づいたからこそ、本当はどうしたいのかという、興味もわいてくるわけです。
現実を知ったうえで、今の自分に出来ることを探り始めています。

今までと同じパン作りをするとき、その動機を今までより意識してます。
家族のためなら、それでいい。それにあった種類のパンを作ろうと、焼いたのがこれら。

写真
食パン、ベーグル、チーズ入りのゴマパン。
ピタパンは早々に家族の胃袋のなかへ・・・

私には、パン作りのように、いままでやってきたことや、これが必要と思って来たことを続けることも大切です。
しかしその「型」のなかで、心身をリラックする体験をすることが、新しい可能性を秘めているように思います。LTのプログラムを行ううちに、時間はかかるけど、その行為のなかでリラックスする体験が積み重なっています。その時に、自分の内に情熱や好奇心、喜びがあることが、ちらっと見える瞬間があるのです。これからの私の原動力は、ここから産まれるという直感があります。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Life Transformation
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。