山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告


夏の終わりにはどうも、ちょっと体調を崩したり、何となく気持ちが沈んだりするようだ。

今年も、夏休みを満喫して、仕事も楽しんで、いったん、終わったなーと思ったころ、キマシタ。

無理に自分を元気づけないほうがいいことは経験上分かって来ている。

ここに、落ちてる時にやってみてよかったことを挙げて置く。

・自分がどんなに駄目か、決して慰めずに聞いてくれる相手に思う存分話す。
・したいことが出てくるまで何もしない。ダルいなら寝る。とことん寝る。
・本当に食べたいものが分かるまで、食べない。そして分かったら、何としてでもそれを食べる。
・信頼できるボディワーカーにマッサージしてもらう。
・パスタイムを見直す。塩にアロマオイルを混ぜて、風呂に入れる。何が好きか思い出すリハビリによい。
・ちょっとやな感じのことがあったら、ラッキー。それを肴に感情を増幅させ、泣いたり怒ったりする。
・泣くのはとてもよいリリースになる。ピアノを弾きながら歌ったらすごい泣けた。←これ、今回の発見。

だいたい体から来て、徐々に心も落ちて行って、体が回復し始めると、心も明るくなって来る。
でもって、そのきっかけになるのは、体と心をくっつけること。「感じる」ことだと思う。

しかし、これらのことを身近にいる人がしてたら、一緒に居にくいだろうね。。。
それに、誰かいたら、やりにくいこともある。

調子が悪い時は、積極的に、ひとりになりましょう。動物みたいに。


で、こんなこと書いてるくらいですから、だいぶ元気になって来たのだと思います。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[未分類
2015.夏休みの思い出
あいにくの天気で予定してたキャンプが延期になった以外は、とてもいい10日間を過ごしました。

結婚して一員となった三浦家の家族と過ごしたり
11880844_879731985454473_259345922_n.jpg
ひいばあちゃんに抱かれる0歳児は、夫の娘さんの第一子。

11909857_879731988787806_170990681_n.jpg
うちの子は、赤ちゃんの叔父。まぁいいや、みんな家族だ!って思います。
みんなで川遊びして、そば食べて。延期になったキャンプに今度こそ行けるのを楽しみにしてます。

そして、実家@愛知。
11951172_768937826550313_8650521476772133853_n.jpg
肩が痛いと訴える母に。リストラティブヨガです(笑)

小、中学校の時の同窓会もあって、久しぶりに喉がかれる程、話しました。

そして、実家で子供がオセロなどして遊んでいる間に、名古屋でワークショップ。
集まった生徒さんの多様さと、素直さ、興味や集中力の大きさを感じました。
11951169_768942706549825_1820672436022790924_n.jpg
WS後、集まっていたクリパル教師のみんなと食事。この人数ならではの、イローンな話が出来て、とても楽しかったです。また、続編を〜と早速声をかけてもらってるので、また近々帰ります!

翌日、京都へ。
女性のためのWS、ウーマンズヨガリトリートです。
11904695_768937839883645_7230673642749063837_n.jpg
ポットラック(持ち寄り)ランチは、希に見るバランスの取れたオープンサンドパーティに。

11924956_768937856550310_7038863792990315966_n.jpg
「大人の女性の夏休み」をそれぞれに味わった1日でした。

最後の〆が、舞台「RED」
11951096_769886923122070_7352746165380786811_n.jpg
俳優、小栗旬さんのファンで(・・・といっても信長協奏曲から、最近ですけどね)チケット申込んだら、最前列ほぼ真ん中という神席が当り・・・それだけで、わらわらしてましたが、顔の作りがとか、服脱いだ!とか、近い!とかいうファン心理を超えて、この芝居が投げかけて来る問い、課題を、非常に身近に感じました。

画家が作品そのものをどう作りたいかや、こう関わって欲しい、理解して欲しいという願いがある一方で、その真意は理解されなかったり、ビジネスや人気稼業のひとつとして扱われる現実とのギャップが浮き彫りにされるのですが・・・

ヨガやアーユルヴェーダを生業とするわたしも、似たようなことを感じるし、たぶん、情熱や真摯な希望を持って仕事したり、何かに関わってる人は多かれ少なかれ、同じようなことに悩んだり、憤ったりしてるんじゃないかと思います。

画家ロスコ役の田中哲司さんの台詞は、フラッシュバックのように後からふっと思い出されるのだけど、何しろ膨大な思考の量なので、反芻するのにもう少し時間がかかりそうです。

当日の段階で、一番印象的だった台詞は、小栗くん扮するケンが「普通の人間」ってつぶやくところでした。
詳細はネタバレしちゃうので避けますが、善悪も喜びも憎しみも、全て誰の中にもあって、誰もが同じ「普通の人間」なんだなって・・・そんな思いを引きずりながら帰りました。

これで、今年の夏休みはおしまい。

だんだんとペースを戻して、体を休めて、秋支度と参りましょう。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
クラスのあとに
下北沢からの帰り道です。
毎週金曜日は10時から初めての人の瞑想、11時からはクリパル・ジェントルを担当しています。

今日は新月、月礼拝の日でしたが、それを目的に来ている人はあまりいなかったようで、お盆で仕事が休みだったり、今日が人生初のヨガだったり、教師トレーニングを修了したクリパル教師も混じってました。

201508141620314bf.jpg
(こちらはこの間の満月さん。)

クラスの合間やクラス後に話を聞いていて思いました。

全くからだを動かしていないけど、何かしないとと、ヨガに飛び込む時に、どんな気持ちだろうか。

ヨガ教師になっても、仕事をしているとヨガを教える機会を思うように持てなくて、焦りを感じたり、自分が至らないという思いばかりが湧いてくる、と聞かせてくれた人もいます。

ヨガ指導から離れる時間が多くて、どこから始めたらいいか、わからないと話してくれた人もいました。


あー、わたしも。
わかるわー

って思う人は、たくさんいるんだろうと思います。

私自身の中にも、同じ感覚があります。

初めてヨガした時や、慣れないことを始めた時は、ものすごく勇気がいります。

ヨガ指導を仕事にし始めてから、今年で10年ですが、未だ、自分のクラスやワークショップには、改善したいところや、見直したいことがたくさんあると思っています。しんどい時もあるけれど、出来るだけ客観的に自分を観て、努力する道をコツコツ歩いて行くしかない、と思ってます。

しばらくヨガ指導を休んだ後には、思うように行かなくなってる自分に、ダメだししたりもします。

わたしたちは、一人ひとり違うけれど、感じることや考えることは、似たり寄ったりだと思うのです。

そして、人と自分との違いを見つけてうれしくなることもあれば、同じような気持ちでいる人がいるだけで、ホッとすることもある。スタジオで会う時、わたしは教師ですが、同時に1人の人間として、人と触れ合えることが、この仕事の喜びだと感じます。

また、スタジオに来てくれる一人ひとりに会えるのを、心から楽しみにして、明日から遅めの夏休みにはいります。

来週はどちらも、三浦徒志郎さんが、代行してくれます!トシ、ありがとう!
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
やっと夏休み
山梨の自宅ではすでに、若干秋っぽさが出始めています。
北側に山しかないのが、影響しているのだと思いますが、
もう、朝夕にも、ヒグラシはあまり鳴かず、虫の声に変わり始めています。

が、しかし、実際の生活では、YTTの後、歯を食いしばって登ったPRYT(フェニックスライジング・ヨガセラピー)トレーニングの準備という大きな山を(私は)やっと超えて、しばし、夏休みっぽい過ごし方を楽しむ余裕が出て来ました。

夏、といえば「ミステリーと冷たいソーダ」と雑誌で目にしたのをきっかけに、久しぶりに小説を読みました。
FullSizeRender のコピー 2
(こんな感じが理想。去年、長崎で飲んだモヒート・・・おいしかったなぁ。)

又吉さんで注目された芥川賞ではなく、直木賞受賞作品を読んだのですが、どっちかというと、そのあと、子供の付き合いで行った図書館で手にした、「ゲド戦記」にドはまり中です。

ゲド戦記、1〜4まであるのですが、借りた本じゃなければ、赤線引きたくなる箇所が多々ありました。

そのうちのひとつ

ゲド戦記Ⅰ 影との戦い より
114p
「力を持ち、知識が豊かに広がっていけばいくほど、その人間のたどるべき道は狭くなり、やがては何ひとつ選べるものはなくなって、ただ、しなければいけないことだけをするようになるものなのだ」

ある魔法使いの言葉です。
アーユルヴェーダのWSの直前に読んで、自分自身の胸に刻んでおきたいと思いました。

他にも、「真実の名を呼ばれたら、変身することは出来ない」「自然に手出ししてはならない」等・・・とここだけ書いてもわけが分からないかもしれませんが、非常に意味深い言葉がたくさんありました。

本に夢中になると、ご飯を炊くのを忘れてしまいます。

最近はそういう、偏った自分に、若干愛着を感じています(笑)
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。