クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
復活^^
前回ブログを書いていたのは新月の頃で、明日は満月。早いものです。

この2週間はいろんなことがありました。

少し前になりますが、名古屋での12回目のWS「アーユルヴェーダ的冬の過ごし方」が無事終了。
IMGP0802-e1453272049895.jpg
参加者の体験談を読んで頂くと、とても豊かな時間だったことを思い出します。いつも主宰してくれるたまちゃん、アシストに入ってくれたミチ、ありがとう♡

実はWS前、いろいろとうまくいってませんよー的なサインが出ていました。

iPhoneが手から滑り落ちて画面が割れたり、マッサージオイルを夫の鞄(しかも一番のお気に入り)の上のこぼしてしまったり。
電車が事故で一時間遅れて缶詰状態、下北での瞑想のクラスに間に合わなくなり、会計の大事なデータを上書きしてしまってやり直し、など。

それでもなんとかなったのは、私が人に助けられているってことだなーと、非常にありがたく思う一方で、ずっと過剰に気を張らざるを得ない状況にあって、忙しかったし、オーバーヒートかなと。

名古屋での、ゆったり落ち着くことを意図としたWSと、久しぶりの地元、実家への帰省が、「休みなさい」という天の思し召しみたいに思えました(笑)

WS後、関東で雪。中央本線は丸一日運休。
予定より一日多く実家で休むことになって、モードがやっと変わりましたね・・・
あー「ただの娘」でいるって、こんなに楽なんだ〜。って(笑)
親の存在がありがたかった。

山梨に帰っても、雪の影響もあって、のんびり過ごすモードで。
去年のクリスマス前くらいからずっと続いていた緊張状態が、少し和らぎました。

お陰様で、フェニックス・ライジング・ヨガセラピープラクティス・セッションの方も、ペースが掴めてきました。これからは、少し落ち着いて、自分のプロセスに集中していけそうです。

2週間無我夢中でやってみて、エッジを超えそうになるとどうなるかがわかりました。

そして、ゆっくり休めば、また自分の潜在性や可能性を感じられる、つまり復活できることも、体でわかってよかったです。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
新月前の告白
こどもが胸に秘めていた悪事を涙ながらに告白してきた。
今は泣きつかれて眠っている。

急にどうしたのか、と思ったが、半年以上前のことを、ずっと言えずにいたようだ。

こういうことは今までにもあったけど、

「恥ずかしくて言えなかった」
「言わずにいるのは、くるしかった」

子どもなりに、自分の気持ちを伝えてくれて、涙が出た。
すごい勇気がいったんだろうね。

わたしは子どもに、
「完璧じゃなくていい」
「失敗したっていい」

でも
自分が何をしたのかをちゃんと、いえること。と、
これから、本当はどうありたいのか、頭だけじゃなくて心や体で、分かっていることは、すごく大切なことだと親として伝えた。

苦しく辛い体験だったと思うけれど、人として成長していく上で、大きなギフトになるね。
531492_10150983581180345_1804974982_n.jpg
こちらは数年前の写真。こんな小さかったのに、随分、大きくなったね。

自分のことを、許せる人でいてほしい。

そして、他人もできる限り許せる範囲を広げて欲しい。

親が子どもに願うのは、完璧であることではなくて、「楽に生きていけること」なんじゃないかな。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
<PRYTヨガセラピー>体験談とクライアント募集
2016年9月まで、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)のプラクティショナー(セラピストのようなものです)になるためのトレーニング中、プラクティス・セッションを受けてくださるクライアントさんを募集します。
IMG_1562.jpg
写真:レベル1研修中の様子

PRYTに興味のある方には、どんなものなのか試してみるいい機会にもなるかと思います。
また、人生で何か変えたいことのある方、自分自身をより理解したい方にもおすすめです。

まず実際に、わたしがクライアントとしてセッションを受けた体験をシェアします。
長文になりますので、セッション希望の方は一番下までスクロールしてください。

どんなことをするんだろう?と興味のある方には、1例として参考になると思います。
ただ、誰もが異なる体験を重ねて今にいる以上、セッションは人により、タイミングにより異なった内容となりますので、ご承知置き下さい。



<背景と経緯>
2005年、クリパルヨガを習う過程で、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)を知りましたが、PRYT以後、ヨガのポーズの中でどうあるか、ポーズの質が変わったと感じています。人目や、ポーズの正しさよりも、体での体験にフォーカスし、体感も、心理的な感情も、その中で変わって行くことに気づき始めました。
一時期はクリパルヨガより面白い!くらいに感じて、夫、三浦徒志郎のPRYT関連の集中コースに積極的にアシスタントに入っていました。

でも、フルセッションを受けたのは、今回が初めてでした。トレーニングの一環で、プロからのセッションを受けました。

担当してくれたのは、アメリカ人のミシェルというプラクティショナーです。
わたしは英語は分かりますが、日本語ほど自由に使いこなすことはできません。
ミシェルは私に、日本語で話す許可を与えた上で、体の位置を変えて欲しいときなど、ミシェルに伝えるべきことがある時は英語で言って欲しいと伝えてくれ、安心して始めました。

<セッションでの体験>
最初にミシェルが、私の胸のあたりに指を触れて、自分の呼吸に注意を向けた時、どうしてだか、涙がでました。
非常に集中して、疲れていたのがふっと緩んで、体から滲んで来たような感じでした。

ミシェルが私に、どうしたいか聞いてくれたので、とても疲れているから、仰向けになりたいと伝えました。

横になった状態で、体をミシェルが動かしてくれます。わたしはほぼ、脱力した状態で、ポジションによって感じることや、呼吸、イメージなどポーズの中で起きていることを言葉にして行きました。

<セッションのハイライト>
一番印象に残っているのは、半身が開かれ、伸ばされている一方で、反対側の肩が重く、行き場がなく、まったく注意を向けられていないように感じて、そちらに何かしたいと感じた時です。

ポーズそのものを変えるか、そのままで反対側に意識を向けるかどちらかを選ぶように促されて、そのままでいる方を選びました。

「誰にも注意を払ってもらえない。肩が意識を向けて欲しいと言っている」と口に出した瞬間、「誰も、じゃないじゃない。私が今、注意を向けてる。」と気づいて言葉にしたら、その肩の圧迫、重さがほどけるようになくなっていきました。

同じような体験が、腰の辺りに起きた強い感覚に対しても起きました。

<インテグレーション:統合>
ミシェルが聞き役となり、セッションで体験したことについて振り返ります。
統合のプロセスで私が話すことについて、ミシェルは心からよく聞いてくれて、安心して話してました。

わたし自身の人生の中で、人に注意を向けることに価値を見出している割には、自分自身に注意を向けるとなると、自分では足りない、もっと特別な何かが必要だと無意識に思い込んでいたようです。

これから、どうしたいか、自分に問い、ミシェルにサポートしてもらい、明日から、車、電車、徒歩などで移動する時間に、短くても自分に注意を向ける間を持って、自分自身に十分価値があると思い出しながら、呼吸や体に注意を向けようと、決めました。



セッションの余韻はその後も長く続いています。日常生活に戻っても、いつも無意識だったことに気づくことが増えています。このヨガセラピーでは体で起きる体験が元となるため、実感が伴うところが、とてもパワフルだと感じます。
IMG_1841.jpg
創始者マイケル・リー(上左)、メンター前島治美さん(下中央)とメンターグループのみんなと。

自分の体で、このセッションを体験してみたい方は、ぜひプラクティス・セッションにご協力ください。




■プラクティス・セッションについて■

・時間:90分
     面談 15分
     セッション 60分
     フィードバック 15分

・料金:無料(2016年1月〜4月)

・対象:どなたでも
※自宅、近隣への出張は女性、または面識のある男性に限らせて頂きます。

・持ち物:動きやすい服装

・場所
○下北沢Yoga of LIfe →アクセスをクリック
 →セッション可能時間:金曜 13時半〜15時半 
★1−4月のセッションはすでに満席、キャンセル待ちとなります)

○山梨県上野原市内 自宅(近隣へは出張も可)
 →セッション可能時間:月、火、木 10時〜14時 / 水 13時〜15時
※住所詳細はお問合せ時にお知らせします
★自宅でのセッションも、1−2月は満席、キャンセル待ち。3−4月残り2枠です。

■お問合せ前に必ず、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー についてお読みください。

お問合せ、ご予約は クリパルヨガしおつクラスHPからどうぞ。
 ・

 more...

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[フェニックスライジング・ヨガセラピー(PRYT)
Happy New Year 2016
明けましておめでとうございます。
2016年も、どうぞよろしくお願い致します。
IMG_1838.jpg

2015年クリスマス頃から年末は、とても濃い日々でした。
クリスマスには、思ってもみないプレゼントを頂いて(なおさん、ありがとう!)
そのまま、9月に受けたレベル1、2に続く、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)のセラピストとなるためのトレーニング、レベル3に入ってました。

それが終わったのが大晦日。

新しい年がそのまま滑るように始まって、3が日が終わり、やっと一息つけたかなって感じです。

今年は9月まで、PRYT中心の生活になるだろうなと思います。
レベル3では、一般の方にセッションのクライアントさんになって頂きたいと思っていますので、追って募集を始めます。

フェニックス・ライジング・ヨガセラピーに興味のある方は、ぜひこの機会に体験してみてください^^

今年もよい年になりますように^^

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |