山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
生命の強さ
先昨日、ショッキングな事件が比較的近い場所で起こりました。
亡くなられた方々の御霊が安らかであるように祈るとともに、いろいろなことを考えさせられる事件でした。

毎週水曜に行っている地元のヨガクラスに参加している人の中に、現場の近くに住んでいる人がいるんじゃないかと思いました。
なんらかの関係がある人や色々なレベルで影響を受けてる人もいるかもしれない。

クラスをするにあたって、一抹の不安もありました。
こんな時にヨガしている場合だろうか…と。

でも、クラスに参加者が集まってきて、どうということのない会話が始まり、今なら話せると思ったところで、私はその事件のことに、触れました。

やはり、なんらかの繋がりがある方がいらっしゃいました。
あの施設は、地域に大きな雇用を生んでいたそうです。
しかし目の前にいる人には、現実的にひどいダメージが及んでいるのではないのがわかり、ちょっとホッとしたところで、別の参加者が到着しました。

明るくクラスに入ってきた彼女は、
「夏は大変!こんな天気でも、関係なく、草と野菜はぼうぼうに伸びるのよ」
「(定年後の)お父さんがその野菜をサービスエリアにおろして、ビジネスしていて、売り上げが私の年金より多いの!」
と天真爛漫に話してくれました。

彼女の話を聞いていて、私は気持ちがだんだん明るくなっていくのを感じました。

夏なのに、寒い寒いと言っているけど、草や野菜はお構いなしに、どんどん生きるのだ。
散々働かれた後であろうお父さんが、まだ精力的に畑で採れるものを商品にするために、手を動かして足を動かして、ちゃんと稼ぎを出してる

なんて、たくましいんだろう。

やっぱり自然や、自然と関わって体を動かしている人のそばには、生命の強さが薫ると思いました。

事件のショックで萎えていた心が安らいで、私はこっちと繋がって生きていこうって想えた。

元々、生き生きとした方ですが、自分の意思と努力で、体の不調を乗りこなす強さのある女性です。
彼女が育てると、幻のレモンも、種から芽が出るんですよ。(今度一鉢もらう約束をしました)
13686708_998098963621231_5482360413378714571_n.jpg

ヨガに長年通ってくださっている方々は、私にないものを与えてくれてるんだと、とてもありがたい気持ちになりました。

そこから始まったヨガは、体の中で起きていることがなんであっても、それに気付き、関わり続けることや、光と闇、意識を無意識を行ったり来たりして、コミュニケーションするためのものになりました。

クラスを終えて、今日クラスがあって本当に良かった、ありがとうございました、と参加者に感謝を伝えました。

世の中には、イローンな人がいて、いろーんな考え方があって、インターネットが発達した今、実体験より、想念や妄想が現実を作ってしまうような状況で、実際に人と関わるのが怖くなることがあります。

でも大事なのは、だからこそ、関わり続けることなんだと思います。
切り捨てず、あきらめず、関わり続けること。

安心して関われる範囲からでいいから。

そして、体を動かして、自分が生きる力を失わないこと。

こういう時代だからこそ、生命の強さのほうに、繋がっていたいと思います。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
おばんざいを作りましょう。
5月に京都へWS兼ねて出かけてから、食において、大きく変わったことがあります。

きっかけは、丸橋愛どの。(あんまり更新してない、と言ってたけどブログあります。)

生まれも育ちも京都のクリパル教師なのですが、彼女を師匠と呼びたいほど、暮らすことについて、ちょっとしたことだけど心に残る話をたくさん聞きました。

京都の人はおばんざいを作る、とは思っていましたが、実際にどんな風に何を作って、どう活用しているか、ありありと聞いたのは初めて。

愛ちゃんは、一週間分のおばんざいを週末に作り上げる、というスタイルを続けてきたそうです。
そりゃーもうしこたま、野菜を刻む姿が目に浮かびます。

そこまで追求するのは大変だけど、わたしも「ちょっとおばんざい生活」をはじめてみました。

IMG_2346.jpg
上)今年は庭で大根が採れたので、練りゴマと醤油、甜菜糖で味をつけて、大根とがんもの炊いたん(甘めが美味しい)
下)こちらも庭のいんげん。ゴマ和えは飽きて、確かアンチョビとオリーブオイル、塩で味つけた、インゲンとジャガイモ、たまごのサラダ
FullSizeRender_2016071909401657a.jpg
左)ひじきの煮物も、ずっと大豆を水で戻してからでないと!と思ってたけど、水煮を使って作ってみたら、意外と美味。
右)「おさかなセット」に入っていて、どうしようか困っていたベビーホタテ、やっと佃煮という着地点を見つけました。生姜、大根も入れたて、醤油、みりん:酒=2:1で煮詰める。

すべて奥に、たーんと残りがございます。
1−2種類のものを大量に作る、というのが、私には優しいようです。

そして、「冷蔵庫にアレがある」ということが、心の余裕になるっていう愛ちゃんの言葉が、身にしみる。

おからとか、傷みやすいものは「冷凍」できるし。

ちょこっとそうめんに載せたり、チャーハンの具にしたり、カレー粉を足して味を変えたり。
一からつくるより手軽で手早く、便利にありがたく、使い切ってしまえるものだなーと思います。

「作りたてのものが一番エネルギーが良い」というのは、あながち外れていないと体で感じますが、それにこだわりすぎず、

作りおきのおばんざいを食べる直前に「どうにか」するとか、必ず作りたてのもの、炊きたてのご飯なり、お味噌汁なりと一緒にいただくようにして、

なによりも、「毎食つくらなければならない」という心理的ストレスを軽くして、料理そのものを愉しむのに、「ちょこっとおばんざい」は役にたつなーと思います。

千切りにした人参の塩もみがあるだけでも、結構広がるんですよ。
images_201607191007001ad.jpeg
シリシリ器、かっこいいやつがほしいなぁ。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
ひとり旅2016〜大阪、和歌山編〜
いつもなら、仕事が終わったら即帰宅のパターンなのですが、

今回はたまたま目に、心にとまった人に自分から働きかけて(というと大げさですが…)コミュニケーションをとってみたことで、京都から大阪、和歌山へ移動することになりました。

そのためにまず泊まったのが京都ファーストキャビン
一泊朝食付き3,500円(割引サービス後)。安い。

壁の代わりにアコーディオンカーテンがあるだけなので、遮断感はないですが、泊まっている人がみな「静かに、周りに迷惑かけないように」過ごしてるのが伝わってくるので、「ここは安全、大丈夫」と数回コミットしたら、意外と眠れました。

ラッキーだったのが、シャワールームへ向かったら「ジャグジー付き風呂」が空いていた!
風呂好きなんで遠慮なく湯船を張って、ジャグジーしました💖

翌日は、大阪でも南の方に住んでいるクリパルヨガ教師のえりちゃん宅へ。フェニックスラジング・ヨガセラピーのプラクティス・セッションをさせてもらいました。
FullSizeRender_20160718104057430.jpg
ちょうど臨月に入った日で。

もうすぐお姉ちゃんになる娘さんへの気持ちや、えりちゃん自身が本当はどうありたいのか、自分の気持ちを確認することができてよかったって、伝えてくれました。
YTTで初めて会ってから、ずっと私はえりちゃんのファンなので💖
お互いに子育てしながら、ヨガ指導を続けて行く先で、いつかまた一緒に過ごしたいと思っている人です。

その足で在来線で和歌山へ。大阪側から和歌山に入ったのは初めてです。

そもそも、自分からコンタクト取ってみようって思ったのは、この人の影響。
FullSizeRender 4
和歌山のクリパル教師、裕恵さん。
「天使系」と仲間内ではいわれてますが、ピンとくる直感とそれに従える身軽さが人並みはずれており、尊敬しています。

裕恵さんの愛車で連れて行ってもらったのが「風の古民家 うえみなみ」さん。
FullSizeRender 5
すごいですよ/ここ。

山に向かって立ってるだけで、細胞がざわざわ蠢めく感覚があって。
エネルギーラインの上に立ってるんじゃない?って思いました。
IMG_2409.jpgIMG_2410.jpg
築130年の古民家。

美味しい夕飯と、滋味いっぱいの朝食。
FullSizeRender 7FullSizeRender 6

夜な夜な何を話したか、はっきり覚えてないけれど、「今生でこういうことを試したいんだ」っていうような話をした(ような気がします)
FullSizeRender 8

うえみなみさんの近くには、かじかの湯。宿泊施設もあります。ここでリトリートもいいなぁ(と千絵ちゃんと盛り上がっています)
IMG_2411.jpg

すぐに降りられる河原もあって、降ってくるように未来のビジョンを仲間同志で一緒にシェアしました。
IMG_2474.jpg
今回一緒に過ごした4人。(向かって左から、鈴木千絵、丸橋愛、吉井裕恵、私)
ここから、もこもこ、はじまりますよー。

まだ行っていない西日本最大の天文台、みさと天文台には、今度はぜひ!

旅を終えて、距離のエッジを広がりました。
心理的に「私お母さんだから」と感じて、自分の行為限界を決めるエッジもすこし和らいできています。

かといって、休むことなく動き回りたいわけではなく、やっぱり自分が本当にどう生きたいか、にいつも繋がっていたいなと思います。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
ひとり旅2016〜名古屋、京都WS編〜
今年も縁ある場所で、好きなヨガやアーユルヴェーダのワークショップをさせてもらっています。

始まりは名古屋。29歳まで住んでた地元なんです。
今回で13回目。毎回たまちゃんが主宰してくれてます。
FullSizeRender_20160716132346df3.jpg
「クリパルヨガと瞑想」がテーマの今回は、午前中は「プレスポイント」というテクニックを、体で体験しあって、瞑想やヨガに集中するためのツールとする時間。 体に触れたり、触れられたりするんですけどね。これが実際やってみると、初めての人にも、経験者にも、とても新鮮でわかりやすいのです。参加者同士が、今日はここで、このメンバーで過ごすんだなって、その場に馴染むのにもぴったりの時間でした。

午後はそれを活かして、心身を安定させて、クリパルヨガと瞑想を実践する時間。
午後が始まったばかりの時(眠そうだったよね…笑)と、終わったこの時とでは、場の感じが全然変わってました。
FullSizeRender 2
みんな穏やかで、満足したいい顔してます^^


そして翌日は京都へ。
ウーマンズヨガ共同主催者、千絵ちゃんの紹介で、TAMISAさんでの二回目のWSです。
こちらは、夏という季節にフォーカスしたアーユルヴェディックヨガ。米国クリパル・センターで研究されてきたものをシェアしました。
IMG_2470.jpgIMG_2471.jpg
夏はこのポーズ、この呼吸法!と決めるのではなくて、同じことでもやり方を変えると、体験(効果)が変わるという、斬新なクリパル・アーユルヴェディックヨガを、実際に体験。たくさん質問も出ました〜。

私自身が、「勉強」する対象というよりは、「楽しみ」として、20代から40代の今までアーユルヴェーダを続けてきたので、「体で分かる」ことの面白さを体験してもらいたい、と思っています。この日のWSが、その一つになったらいいな。

アーユルヴェーダ初めての方から、ヨガ教師、アーユルヴェーダ実践者まで、いろいろなところにいる人が集まってくれました。
熱心に参加してくれたみなさん、ありがとうございました!
FullSizeRender 3
星野源くんファンなもので。みんなで揉みました(笑)

この後、さらに西、南へと旅を続けたのですが、それについてはまた。

いつも山梨の自宅にいて、家事と子育て、スタジオ運営しながら、週に一度、下北でヨガを教えている毎日から、こうしてひとりで、ただ自分がずっと好きで続けてきたことを、周りから求められて分かち合いに出かけていけることが、改めてありがたく、感慨深いです。

だんだんと、距離のエッジが広がってきています。

今回のWSを機に、神戸、長崎にも来てください!とお声がけいただきました。
実現したいなぁと思ってます。
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。