クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
新月の記録
この金曜は、ふたご座の新月。

金曜が新月/満月と重なるのは久々。
週に一度、KJでのクラスでも、久々に「クリパルヨガの月礼拝をやる」という名目の日なので楽しみにしていた。
Full-Moon-.jpg

当日は、雨。
普段10名程度はいる生徒が、この日は4人だった。

クラスを終えたあと、山梨から出て行って、4人かぁ、と往復4時間かかることと、天秤に掛けるような気持ちになった。
そして、心のなかに、自分の人としての価値のようなものが、クラスに集まる生徒の数と重なってみえるような不安が残った。

私は毎クラス、必ず録音するようにしている。
だから、この日のクラスの録音を聴きながら、昨日ヨガをした。

雨の音が、一緒に入っていた。ポツポツと、音がする。
月礼拝を練習するために自分が用意したウォームアップをするうち、だんだん心身が和らいできた。

この日初めて、月礼拝をすると話していた生徒のことや、クラスの様子を思い出した。

次はこうしたほうがいいな、と思う点もあった。これがある時は、自分が成長期にいる、と感じる。

その後、月礼拝を3回繰り返した。

この日、ティーチングしている最中に自分のなかに湧いてきたフィーリングから口にした言葉を、改めて聞いた。

「月礼拝で、体を動かして、色々な形に変化してきた、その中にある自分自身に注意を向けて」

これだけ、文字で読んでも何のことかわからないかもしれないが、私は生徒としてヨガをしていて、この言葉が沁みた。
いい時もあれば、残念な時もある。いろんなときがあるけれど、その中にちゃんと「自分」がいる、という感覚とつながった。

こういうスタンスで月礼拝を感じて、生徒に伝えたのは初めてだった。
これがリアルなのか、そうでないのか、ティーチングしているときは確信がなかったけれど、実際体を動かしてみて、うん、確かにそう感じる、そう思えたら、このクラスは悪くない、と思えた。

ヨガティーチングを、エゴを増幅させる方向に使いたくないと、私はいつも願っている。
でも、つい、「集客数=自分の価値」と重ねてしまうことがある。

実際集客できないと、クラスも実施できないから、難しいところだ。

でも、人気を集めたいとおもったら、ヨガテイーチングで私が求めている質から外れていく。

できたら私は、ただ職人のように、純粋に良いものを作りたい。
だから毎クラス録音して、過剰に良いとか悪いとか思い込まず、現実的にできることやしたいことを確認するようにしている。

いつも、ティーチングの一番の目的は、受け取る側の体験だと思う。
生徒が集中して、そこにいて、自分とはなんなのか、本質に近づけるようサポートすることだ。
だから、やりっぱなしでは、ダメなのだ。

録音を聴きながらのヨガの後、日課のジャーナリングをした。
もう、自分の存在を不安に感じるあのフィーリングは、消えていた。

「ヨガは、実践あるのみ。」
そう伝えられるのは、本当にそうだからなんだと思う。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
忘れたくないこと② ヨガ・ティーチングから気づくこと
GW後、高速で回るお仕事の渦の中にポトンと入ってしまい(その成果は今月中にお知らせできそうです!)、個人的に忘れたくないことを書きとめる間もなかった。

そんな中、名古屋WS主催の林珠美さんがいつものように参加者アンケートをとって、その内容を知らせてくれ、彼女のHPにも上がっているのが、こちら。
参加者の声「クリパルヨガのステージ1,2,3から学ぶ

ここで一緒に過ごした、ひとり一人の声を読ませてもらって、やはりこのWSは、自分自身にとっても一つの節目の象徴のように思った。
IMG_3360.jpg

まず「クリパルヨガのステージ1、2、3」といわれても、何のことやらわからない人も多いかもしれないが、クリパルに興味を持てば、おのずとこの独自のヨガ探求のためのシステムに触れることになる。
クリパルヨガを体系的に理解する上での、基礎となるものだと言える。

それをテーマにしたワークショップは、夫の徒志郎が長年続けているもので、ステージごとに16-20時間かけて、体験と理解を深めていく。私も、2004年の末に、まずそこへと飛び込んだ。

あれから、12年経って、これまで私を含めて3人のクリパル教師で、ステージごとに6時間(丸一日)をかけるものを数年担当したが、今回は、そのステージ1、2、3をさらに1日で体験できないか、というオファーをいただいた。

長時間かけるWSと同じことはできない。では何なら、できるのか、どうすれば参加者が体や心で感じて、自ずとステージ1、2、3のエッセンスに気づけるWSが作れるか。

とても面白いチャレンジだった。




WS前日、実家の仏壇の前で、予定している流れを体を動かしながら確認している時、

「でもこれ、明日、来てくれた人たちがどんなであるか、それをよく見て、選択していくしかないんだな」

と、わかった。

共感したり、共通している部分もたくさんあっても、人は、一人ひとり、違う。
日によっても変わるんだから。

状況に合わせて選択できるように、可能な限り選択肢を用意しておくことにして、あとは現場で、と覚悟が決まった。

IMG_3359.jpg

私がWSでやりたいのは、上から下に、知っているものが知らないものに、言葉で教えて伝えるスタイルではない。

どんな人でも、リラックスして集中できれば、自分が体験したことから、気づきを得る力がある。
その確証を強めていきたいのだ。


ではどうやって、その準備をして、どうやって各自がそのままのプロセスで起きる体験に入って行って、そこから湧いてくる気づきを確認できるか。

2つの別の体験が、今回のWSの隠れた後ろ盾を担っていたように思う。
IMG_3358.jpg

一つ目は、昨年1年かけたフェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニング。

このトレーニングについては、また別に書きたいが、私がセラピストとして練習したのは、相手に反応しないで、リラックしてそのまま近づいていくこと、だった。

セラピスト自身が、リアルで、正直で、何のジャッジもなくクリアでいることが、このヨガセラピーの質を決める。 
トレーニング中、自分にわかる言葉で言い直してわかったことにしたい衝動や相手に不快感を与えないように引いてしまう自分の癖に何度も気づいた。

そしてもう一つは、今年1月から始まった、クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)
毎月1週間のペースで、明日が卒業式だ。
今までのYTTでは、私はアシスタントと、アーユルヴェーダ、マタニティなど分野を限ってティーチングしていた。
今回は、1週間のうちの、1日を、アシスタント・ティーチャーとして担当させてもらい、ヨガのアーサナ、哲学など、生徒に教える体験をした。

そこで気づいたのは、やはり、話だけで、何の体験も伴わないことをしていても、おもしろくないし、実感が伴わないということ。

そして、自分については、「がんばるぞー!」と気合をいれて無意識にハイになっている状態から、普通に体験することができれば、あとは自ずと…と自分が、でなく、生徒を信頼するモードに変わっていったことに気づいた。

そこで出会ったエッジについては、具体的にはここには書かないことにする。
しかし、YTTでできなくて、今度機会があったら、本当はこうしたいと願っていたことを、今回名古屋でWS中に、「今それをやっている」と実感する時間があったことは、私にとっては、とても大きな出来事になった。

終わってみたら、WSの予定は怖いくらいに予定通り…時間もぴったりで、こんなことは初めて!

もし次の機会があったら、今度はこれを入れたいなと思っていることもある。
またどこかでチャンスがあったら。

フェニックス・ライジング・ヨガセラピー 詳細については こちら

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
忘れたくないこと① 更年期 と 惚れ惚れする女性
GWも終わるなぁ。
PCに向かうのも久しぶりに感じる。

今年のGWは休んだ実感あり。手術した後も仕事は休んでるはずなんだけど、頭のなかはずっと仕事のことでいっぱいだった。
ちょうど1週間、仕事から離れてみて、しみじみそう思う。

思えば連休前はいつも以上に忙しかった。イベントや移動も多くて。

皮切りはこちら、今年2回目のオーガニックライフTOKYO。
IMG_3394.jpg
IMG_3395.jpg

今年は「更年期:PMSのためのクリパル・アーユルヴェディック・ヨガ」がテーマ。
興味のある人が多くて、驚きました。
不調があって病院でそう言われても、誰にもその話ができなくて、ここで「私も、わたしも」という人が多くて安心したと、シェアしてくれる人がいた。

FullSizeRender_201705071321523ff.jpg
アシストしてくれた塩ちゃん、千絵ちゃん、家族と。
更年期、PMSなど女性の不調に関するWSは、これからも続ける、手ごたえがあった。

一方、帰省した名古屋で再会した友達は
数年ぶりになのに

「ねぇねぇ、更年期どう?きてる??」
「私の周りはこの話題でもちきり!」

と、いとも簡単に、オープンになんでも話せる相手になる…なんだろうこの、空気感。
久しぶりに会った彼女は、手の甲が小麦色で、今度ウルトラマラソンに出るんだって、話してた。
自分の記録をこれ見よがしには言わない。甘く見られても、あからさまに反応しない。
ただ自分がわかっていればいいんだ、と潔くかつ、相手の思い込みを見透かしても微笑む強い女。

走ることだけじゃなくて、女性らしさや美しさとちゃんと繋がっているのも、すごくかっこいいと、惚れ惚れした。

若き日の悪友だった彼女に刺激されて、人生初の筋トレを始めました。
現在、腹部筋肉痛デス(笑


今年のGWは、忘れたくない思い出がたくさんできた。
キラキラしているその一つ一つを、書いていこうと思う。

Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
| HOME |