クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
敏感さとおおらかさ
1歳7ヶ月の息子(愛称やっちん)には「よろこびのポーズ」があります。
体をのけぞらせて、大きく口を開け、うわーー(はぁーー)みたいな音と一緒に前に倒れたり、犬のポーズになったりする動き。どう倒れるかは、床の状況によるらしいです。

ちょっと前にそれを間近で眺めていた時、口のなか、上の左奥になんか白いものを発見。
母乳の残りじゃないの?と夫に言われて納得してたのだけど、これが、なんと、歯だった!

上2本、下4本の前歯が生え始めてるのは知ってたけど、いきなり飛んで奥の方に、いわゆる「臼歯」が・・・どうりで歯ぎしりするはずだ。

親と一緒に穀物菜食してるから、臼歯が早めに出て来たのかな~?と思いついたら、食べ物と体の繋がりや、その敏感さに改めてすごいなーと思いました。

一方、

先週も少し書きましたが、最近のしおつヨガは自分より年上の女性が多く、そのおおらかさ、豪傑さにも憧れや感服する思いが心の底から沸いてくることがあります。

今日、そんな生徒のひとりからジャムやペーストの瓶詰めをもらいました。
自宅が農家で、すべて手作り、材料から手作りされたもので、できてるそうです。
昼に頂いたトマトペーストでパスタを作りました。
091104_1231~001
そりゃもう、おいしかったです。


私は、マクロバイオティックを取り入れた食生活をしてますが、時々砂糖の入った甘いものも食べ、その時によってだるーーくなったり、頭が痛くなったり、体の変化を感じます。

先週の「毒も身のうち」じゃないですけど、食べ物のエネルギーに敏感に反応するのも体なら、そういったエネルギーすべてを丸ごと受け止めて、それでも私は大丈夫!全部受け止めてもやりくりできるよ、というおおらかさもありだなと思います。
これって、体だけでなく、心にとっても同じこと・・・

もうすぐ39の誕生日を迎えますが、
敏感さとおおらかさ、両方のはざまで、どっちつかずで、それぞれに惹かれるのが、今のリアルな私のあり方だと思います。
まだまだ、ひよっこ。

これからだぁと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/101-23d8e4e5
trackback