山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
雪の下で過ごすこと
3日ぶりにやっと晴れた今日、雪の下に葉っぱがあるところだけでも、と雪をどけて廻りました。

フリーズドライ?

鎌倉?

を彷彿させるような姿で、下から芽を出し始めた草花がでてきます。

どうも、大丈夫な様子です。


それから、球根類。
今年初めて植えてみた水仙やチューリップ、いくつか芽がでてたんだけど大丈夫かな、と気になりましたが、

なんとなく、雪が自然に解けるのに任せた方がいいような気がして、そのままにしてあります。

雪のなかって、乾燥しないし、地温であったかそうだし・・・(外気は夜中-5℃とかまで下がります)


きっと、自然に起きていることには、意味があるんだろうと。。。それを試してみたいのです。


あったかすぎて、早く芽吹くと、寒さが来た時、芽が枯れる。

温室でほんわか大事にしすぎると、そこ以外で自力で生きていけない。
自然淘汰されていくのだから、自然に任せればいいんじゃないか。

その時がやってきたら、自分で頭を出してくる。
その時が来てるから、きっと頭を出したのだろう。

自分がしんどい時、つらい時、うまく行かない時、後悔している時、不安な時

無理に頭を出さなくていいんじゃないか。

自然のサイクルの中で、必要なことはちゃんと起こる。

時に頑張ろうとしすぎる自分に向かって、そんな風に思いました。


我が家で一番、自然に生きてる息子と、おとなりの雪だるまと一緒に
yukidaruma.jpg


スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/120-b0bc55e1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。