クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ローングバケーション
若き日の木村拓哉さんと山口智子さんが共演していた「ロングバケーション」というドラマがある。
そのドラマが大好きだった。
自分のやりたかった仕事から外され、居酒屋の店長の仕事をしている山口智子さん(役名は忘れてしまった)と、ピアニストとして成功する前の瀬名くん(木村拓哉さん)との短い同居生活を描いたものだが、最近今の自分にも、このロングバケーションという言葉がしっくりくる。

最初に就職してから数年は、それまでなんの苦労もなく過ごしてきたせいもあって、色んなことを体験した。
その後数年、一度ロングバケーションを私はとっている。会社という組織に加わらず、好きなことでバイトをしながら、あーでもない、こーでもないと自分の進むべき道を探していた。

20代最後の年に、東京へ出てきてから、しばらくは必死に生きてきた。
ものすごいスピードで毎日を過ごし、エネルギーを発散し、自己実現へ向かってた。

30代後半で結婚して妊娠してから、早3年が経とうとしている。子どもが幼稚園などへ通い、世界を広げ始めるまでのあと2年の時間は、再び自分に巡ってきたロングバケーションのように思えるのだ。

バケーション中なのだから、本格的に活動する時期ではない。
むしろ、自分に向かい合い、本当にしたいことを問いかけ、実現するためのエネルギーを蓄える、いってみれば、秋~冬にかけての時期のように感じる。

今日コーチング3回目を終えて、今の自分が取り組みたいプロジェクトを作る所へ来ているのだが、自分がすべきことと、したいことが、微妙に違って感じた。
そこから、「私は、今すぐにすべきことに取り組みたいとは、思っていないのだな」と感じた。

人の生きる間にも、自然と同じように春夏秋冬があるように思う。
季節が巡るように、人生の時間も順を追って巡っていく。

まわりの状況、自分の意志、色んなものが絡み合って、今の景色は彩られ、その季節なりの味わいになる。

いつでも、真夏のエネルギーでなくてもいい。
秋や冬のように、エネルギーを蓄え、外を彩る代わりに、内へ意識を向ける時期もいいものだ。

また春が来たら、その時は存分に花を咲かせようぞ!!なんて思うのです。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/130-00135826
trackback