クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
山梨ニューエイジワールド
夫、三浦徒志郎の伝で、山梨に住むニューエイジ系の人達に会う機会があった。
ああ、山梨にこんな「すごい」人たちがいたのか、と、山梨に引っ越して来たことを、うれしく感じるくらい(笑)

大好きな音楽家、山根麻以さんにも会えて、話の流れの中で、目の前でAmazing Graceの一節を歌ってもらう、という何ともありがたいアクシデントがあった。
hutuunouta.jpg
麻以さんは、3つの歌い方をしてくれたのだが、トシ曰く、クリパルのステージ1~3と、共通するところがある、とのこと。

まず、型があり、そこにフィーリング、感情が加わり、最後には内にあるエネルギーに委ねる、すごく簡単に言えばそういうことなんだけど、それって、書道や華道、茶道などの習い事や、武道にも通じることなんじゃなかろうか。

弓道はやったことがないが、弓と禅 オイゲン・ヘリゲル著 は、そういう思いを感じながら、何度も読みかえした本だ。
yumitozen.jpg

普遍的なものは、真実に近いんじゃないか。そんな気持ちになりながら、話を聞いていた。

他に、ちょっとエネルギーを浄化するようなこともしてもらい、じわーっと涙がにじんで、多いに、魂が元気になる1日でした。

今は、大変な時代だけど、だからこそ、新しいあり方が必要とされる。

私たちが実践しているクリパルヨガは、慈愛のヨガで、そして、変容のヨガでもある。

現実をひしひしと受け止めると、悲惨なことや暗い出来事がたくさんあるけれど、そこから次への1歩を踏み出すときが、そう遠くない未来に、特別な人だけにではなく、全ての人に当たり前に訪れることを、願うというより、信じる。 そういう気持ちになった。

ヴィジョンを持つこと。
それが自体が、力になる。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/179-76d2bfef
trackback