クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
このタイミングで読む本
田口ランディさんの本を読んでいる。
「根をもつこと、翼をもつこと」

ちよちゃんに「田口ランディ、いいよ」と言われてから、どのくらい経ってるだろう?

本は地震以前に図書館で見つけて借りたまま、すっかり忘れていた。
とっくに期限が切れているから急いで返しにいったら子どもが寝てしまったので、車の中で読み始めた。

こりゃこりゃ。
エッセイなので、気になるのをいくつか選んで読んだのだが、
憑き物が落ちたみたいに、身が軽くなった。

こっちの方向でいいんだよーと、知らせてくれる「しるし」みたいだ。

「イメージの力」のなかで、被爆と中性子のことを書かれている。
ああ、そういうことか、とやっと意味が沁みて来た感じ。

「カンボジアで考えたこと」のなかには、私が感じていたことととても良く似たことが書いてあった。
(カンボジアに行ったことはありませんが)

恐怖や不安、闇に属するネガティブなものに対してリアルであること。
そこを出発点に、復活する力を信じること。

書き出すときりがないが、すごく、いい。

彼女のHPを探し、ブログへ飛び、こんな文章を見つけた。

ーーーーー
最後にレオ・シラードの言葉を添えます。

「たとえ現実的な世界が理想とする世界とズレていたとしても、長期的なビジョンを描くことは変化のプログラムのために必要である。そして、一歩ずつ実行すること」

ーーーーー
レオ・シラードについては、こちら

原発の事故から来る不安に対しても、ただ「安心」を連呼するだけでも、すごく「こわい」話でも、どちらでもない、専門家の情報を発信してくださってます。

「田口ランディ」という名前をインプットしてくれたちよちゃんに、すごく興奮してすぐにメールしようと思ったけど、携帯を持っていませんでした。

今度あったら、心を込めて伝えたい。

「ありがとう!!!!!」
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/235-2e09be92
trackback