クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
本日のパズル
ほぼ毎日、にヨガをして体力をつけ、プラーナを活かすというのも、付け足したかったなーと思いながら家事をしていたら、電話が鳴った。

ちょっと驚く人からの電話で、四国にいる近藤さんというホラ貝の作り手かつ吹き手の方が、震災の起きた時間にあわせて、毎日法螺貝を吹こうと、声をかけていらっしゃるということを知らせてくれた。
この話を聞きながら、足の裏から下腹にかけて、ビー、ジンジンとしびれるような振動を感じた。
この感じは、久しぶり。前回のYTT卒業式の日の水晶を触って以来だ。

植物は同じ種同士で、遠く離れた仲間同士、交信するという。

法螺貝もそうなのだろうか、と思った。

しかし私の法螺貝は可哀想だ。ちっとも吹いてもらえない・・・
じゃぁ吹けばいいのだが、うちは山の近くだけど住宅街なので、法螺貝を吹くにはそれなりの場所へ出かけないといけない・・・なんていうのはいいわけで、要するに私の腰が重いのだ。
あとは、自分が「ちゃんと教わっていないから」と消極姿勢になりがち。
しかし、師匠は基本はしっかりと伝授してくれた。あとは吹き続けるだけだ、と。


hora.jpg
今は実家の古い茶道具入れと、子どもの命名の書と一緒にいる法螺貝。

法螺貝のことを頭に引っ掛けながら、毎日その時間に何らかの形で、祈ることなら、私にも出来ると思った。

なぜそうしたいのか

理由は意識の上には上って来ない。

でも、自分のなかにいる自分がそうしたがっているようだ。
さっきの足の痺れといい、感じることはリアルである。
それならば、そうしようと思った。

その電話のなかで、「好きなことを選ぶ」という話もきいたし。
これも徴だ。きっと。

車に乗っているのなら、キルタンを歌うもよし。
家で瞑想するもよし。

川まで行けたら、法螺貝を吹くもよし。
子どもと歌を歌うのだって、気持ち次第で祈りになる。

臨機応変でいいじゃんか(←相変わらず自分に甘い・・・)

田口ランディさんが、ある出来事を何かと繋げて解釈するのを「パズル」のようだと書いていた。

今日のパズルを繋げていったら、こんな詩に出会った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      祈り      山尾三省

   南無浄瑠璃光
   海の薬師如来
   われらの病んだ心身を癒やし給え
   その深い音の呼吸で 癒やし給え

   南無浄瑠璃光
   山の薬師如来
   われらの病んだ欲望を癒やし給え
   その深い青の呼吸で 癒やし給え

   南無浄瑠璃光
   川の薬師如来
   われらの病んだ睡眠を癒やし給え
   その深いせせらぎの音で
   安らかな枕を癒やし給え

   南無浄瑠璃光
   街の薬師如来
   われらの病んだ科学を癒やし給え
   その深い青の呼吸で ひともとのすみれの花を学ばせ給え

   南無浄瑠璃光
   天と地の薬師如来
   われらの病んだ文明を癒やし給え
   その深い青の呼吸の あなたご自身を現し給え

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「清浄な瑠璃」と呼ばれる宝石は「ラピスラズリ」
薬師如来は東方浄瑠璃世界(瑠璃光浄土とも称される)の教主で、瑠璃光を以て衆生の病苦を救うとされている。無明の病を直す法薬を与える医薬の仏として、如来には珍しく現世利益信仰を集める。

以上 Wikipediaより抜粋。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/237-c1dd46c6
trackback