クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
「あたりまえ」が「あたらしい」
この春のクリパルセンターからのCDは、ヨガのインストラクションだった。
わくわくして、CDをかけてマットに座る。1時間くらいのクリパルヨガを実践する。

気がついたのは、インストラクションも、行っているシーケンスも、非常にシンプルで飾り立てていないこと。
クリパルヨガの基本は当たり前にそこにあり、クリパルヨガで大切にしている、個人の可能性を探求するスペースは、十分に創られている。

さりげないシンプルなクラス、だからこそ、ヨガの体験はじわーっと深まる。
とてもいいクラスだった。

ああ、あれこれやろうとしすぎなくとも、ただアーサナを淡々と行っていくだけでも、こんなにも豊かなのだ、と改めて思った。
ヨガそのものが、エネルギーを動かす、あるいは、変える力をもってるんだな~、と。

「私」という人の声、体験、直感からクラスを進行するから、自分の色はいやが応にも出てくる。

だからヨガ教師として、なにか特別なことをしようとしなくていい。
ただ、ヨガをすればいい。

そう思いながらのヨガ指導は、以前より楽しく感じている。
私自身から、ちょっと解放されたみたいに。

体の抵抗力、免疫力、基礎体力、これからの世界で生き抜いていくために、必要な根源的な力も、ヨガで育むことができる。長い年月を経て培われたヨガの智慧に、触れられる喜びを感じる。

ヨガマットの上だけでなく、
母として、
妻として、
嫁として、
女性として、
わたしとして、

あたりまえのことを、あたりまえにすること。

それが、とっても新しく、清々しい。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/239-625ca3c0
trackback