クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
子は親の鏡
「子は親の鏡」昔の人はうまいことをいうものだ。
子どもが幼稚園に入って、しみじみそう感じた。

幼稚園は、子どもにとって新しい未知のもの。

子どもにはなんの価値観も、既成概念もない、だから、親がその未知のものをどう捉えているかが、子どもの価値判断になってしまう。

子どもの素直さ、無色透明な純真さは、脱帽ものだ。

それと同時に親である私は、なんとまぁ、常に判断しながら世界を見ていることか・・・
子どもが新しい体験に抵抗する姿をみると、おろおろするし、アレはだめ、コレはいい、そんなことばかり言っている。
何の刷り込みのない子どもに、価値を刷り込むのは、まずは親だ。
これから友達、教育者、社会・・・そうして、だんだん人は複雑になっていくんだろう。

子どもが成長する過程で、ヨガを通して、自分の体験を大切にする時間は心身の安定にきっと必要だろうなと思う。ゴールデンウィーク中に、YoLで始まるキッズヨガには、いろんな可能性があるように思う。

ヨガをする時、体に起こる感覚、心に起こる感情をそのまま見て体験するのが、クリパルヨガだ。
現実を受け止める、判断しない、そのあり方はむしろ、子どもに習うべきだとも思う。

もちろん判断なしでは社会生活は営めない。
all or nothingじゃなくて、時にヨガの時間、現実をそのまま受け止める時間を持つことが、とても大切なんじゃないか。

自分自身の心身の平和のためにも、
それから、私から多大な影響を受けるであろう、子どものためにも。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/247-b44ed130
trackback