クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
たべること
映画「オーシャンズ」が地上波放映された
oceans.jpeg
映画館から遠ざかり、近所にレンタルショップもないため、ワクワクして録画した(9時過ぎには、寝てしまうんで)

海にすむ生き物達の姿を、「どうやって撮ったの?」と思うような画像満載で見せてくれるこの映画。
食物連鎖の風景も織り込まれている。

後半、人がフカ漁をするシーンで、初めて「血」が流れた。
それまでも、シャチがアザラシを襲い、海鳥が亀の赤ちゃんを捕らえ、サメやウツボが他の生き物を喰らうシーンはあった。
でもそこには、「血」が流れない。

昔実家で飼っていた猫が、ネズミや鳥をつかまえて食べているのを見たことがある。
猫も、羽一枚残していなかった。

ひれだけを切り取られ、海に沈んでいくまだ命のあるサメの姿を、初めてみた。
海はピンク色に染められ、汚されてしまったように感じた。


南インドでヨガのトレーニングを受けているとき、思ったことがある。

人が生きる場所は、汚れる。

同じジャングルでも、人が生活しない森の中は、放っておいても調和と美があるのに、
人が暮らす場所は、掃除しても、すぐに汚れる。

特に、食べるという行為が伴うと顕著だった。
大ホールで大勢で食事をしたあとなんか、もうぐちゃぐちゃ。
ドームで誰かがこっそりおかしでも食べようもんなら、食べこぼしに群がる虫達・・・見たくない。

たまに断食したりすると、自分の中も、そして家の中も、汚れないしね。

しかしそれでも、食べるという行為は、生きる上で必須なのだ。

だからこそ、何をどう食べて生きるか、なんだろうな。

とりあえず、もうフカヒレはいらないなぁ。。。

自分にとってベジタリアンとか、マクロビアンとか、そう言う肩書きはだんだんどうでも良くなってきている。

ただ、実質的にできるだけ他者を傷つけず、森や海で生きる生き物達に習って、調和した生き方を探求したい。
それに名前を付けたら、ベジタリアンになるのかもしれないけれど、
野菜だけ食べるからベジタリアンなんじゃなくて、その背景にある思いこそが、大切だ。

「食べるなら、丸ごといただこう。」

そう言う教えは多々あれど、オーシャンズの映像のインパクトに勝るものはなかった。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/293-ce244824
trackback