クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
「散らかった部屋」のリンク
先日、遊び散らかし続けた部屋を掃除するのがめんどくさいとふてくされる息子に、久々に怒った。

ただ、「なんであんたはちゃんと片付けられないの?」的な切れ方じゃなく、
モノを扱う人間として、モノを大切にしろ、おもちゃそのものはもちろん、それを与えてくれた親や作った人の存在を想像しろ、そんな感じで、怒ると言うか、諭すと言うか、、、まぁ怒ってるんですけどね。

怒る母を久々にやったなぁと思いつつ、過ごしていたら、たまたま読んでいた本の中に「散らかした部屋」を例に挙げる部分が何度も出て来て面食らった。

・・・という話を昨日YoLスタッフにしたが、「で、どんな話が書いてあったの?」と聞かれて、思い出せなかったんで(アァァァ・・・)書いておこうと思います。

この本の中では、「怒りや苛立を手放しなさい」というポジティブに偏ったあり方ではなく、ネガティブはあなたの一部だ、まるごと愛し、陰陽を統合しろ、という立ち位置で話が展開されており、私はその点に置いては、この本と同じの立場をとっています。以下部分抜粋。

「(怒りを感じたら手放しなさい。苛立も手放しなさいなどという)理屈は、足の踏み場もないくらい散らかった部屋の中で、掃除から逃避するために美しい妄想の世界に浸っていろと進めているようなものだ。あるいは、部屋に散乱しているものをすべて捨ててしまえと言われて、あなたは全部捨ててしまうのか?
(中略)
部屋が散らかっているのはそこに在るもののせいじゃない。
あなたの人間としてのあり方の問題だ。
(中略)
部屋が汚いなら、そしてそれが嫌なら、黙って片付けたらどうだと私は言っているのだ。
それは、そこにあるものを排除するのではなく、そこに在るものを、あるべき場所に戻しなさい、ということだ。
もちろん、よく吟味した上で、本当に不要なものは処分すればいい。
だが、ネガティブなものを排除しろという発想そのものが、差別や争いをおこし、人の意識を分離させ、敵対させるのだ。」

とこんな具合です。

同じような事が、本の中と現実と両方に起こっているように思えて、驚いて笑ってしまった。

ちなみに私は怒った時、息子にこんな風に話していた。

「めんどくさいと感じる事自体はいい。お母さんだってそう思う。」
「だけど、そのめんどくさいに乗っ取られてばかりじゃ、家中ぐちゃぐちゃだよ。気持ち悪いよ」
「めんどくさいが小さいうちに、片付けなさい。そうしたら、どうしようもない状況にはならないから。」

あれから1週間弱、息子は部屋を散らかしては、片付けています。

そしてこうやって書いてみたら、息子に対しての言葉は、私がわたし自身に対して言っている言葉でもあるな、と思った。

現実を見ろ、味わえ、不快であってもあるがまま、そこに留まれ、そして自分の内から沸く知恵と共に、リアルな一歩を自分の足で踏み出すんだって。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
comment
No title
すばらしくてついフェイスブックでシェアしちゃいました。
ちなみにこの本のタイトルは何ですか?・・って前もこんなコメントだったなあ。
それにしてもまきこさん、

>「めんどくさいと感じる事自体はいい。お母さんだってそう思う。」
>「だけど、そのめんどくさいに乗っ取られてばかりじゃ、家中ぐちゃぐちゃだよ。気持ち悪いよ」
>「めんどくさいが小さいうちに、片付けなさい。そうしたら、どうしようもない状況にはならないから。」

怒っててものこ冷静さ?!すごすぎる~。
おぼっちゃま、シアワセな幼児期です!
2012/03/15 22:20 | | edit posted by kazuha
ありがとっ
> すばらしくてついフェイスブックでシェアしちゃいました。
そっか、、、私のこの、あからさまなシェアを「すばらしい」と受け取ってくれるkazuhaさんが希少だよ。
ありがとう。救われます。子どもの手が離れたら、クラニオ受けに行きたいよ・・・

> ちなみにこの本のタイトルは何ですか?・・って前もこんなコメントだったなあ。
確かに(笑)

伊藤美海で検索してみて下さい。「私はマスターだ!」って言いきっちゃう人だけど、受け取る側がしっかりしていれば、とても本質的にいい事を思い切って言ってる人だと思います。
「ネガティブを愛する生き方」「人格統合?、?」が出ています。ネガティブ・・・から読むといいと思うけど、なにしろ図書館で出会った本なんで、、、今も借りたまま読んでます(てへ)まずは買うより、借りた方がいいかも。

> それにしてもまきこさん、
>
> >「めんどくさいと感じる事自体はいい。お母さんだってそう思う。」
> >「だけど、そのめんどくさいに乗っ取られてばかりじゃ、家中ぐちゃぐちゃだよ。気持ち悪いよ」
> >「めんどくさいが小さいうちに、片付けなさい。そうしたら、どうしようもない状況にはならないから。」
>
> 怒っててものこ冷静さ?!すごすぎる~。

若い頃は、マキちゃんの後ろには仁王様がいるーって言われたほど、筋の通った怒り方をするんですよ、私。
自分で言うのもなんですけどね・・・
でも、「怒り」が聖なる力、プラーナの現れだと思えるようになったのは最近ですわ。
私にとっては一番扱いに困る感情だったのかもしれない。

> おぼっちゃま、シアワセな幼児期です!
そうかなぁ。。。こればかりは、縁でしょうな。

私にとって必要な事を、子どもと一緒にやりまくってる感じがします。
ぶつかり合い、それでも離れないで紡ぎ合う人間関係が、私にとっては最高です。
2012/03/22 19:27 | | edit posted by makiko
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/340-66a497ca
trackback