クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
自分自身でいることの大切さ
今の私にとって、毎週金曜は週に一度、ヨガに集中する日だが、先週金曜から今日までは、年に一度(今年は3度!)の特別な期間だった。

第六期クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)がスタートしたからだ。

YTTを控えて、マネージメントに関する特別な緊張感を感じている一方で、アシスタントを集めてミーティングしても、明日YTTがスタートするという実感が沸かないというアンバランスな状態だった。体調は揺れており、YTT前々日、前日は、夜中に数時間眠れない時間があった。

最初の晩は、喉のかゆみと、連続するくしゃみ、いままでで最悪の花粉症の症状かとおもわれた。
だが、次の日ヨガ指導するうち、花粉症症状はぱったり止まったため、翌日は熟睡を期待して眠ったが、やはり途中で目覚めてしまった。

眠れないとき、私は瞑想することにしている。
横になったまま。もし寝てしまえたら、御の字ってことで。

1日目は強いアレルギー反応の感覚が瞑想の対象だったが、2日目の晩は、特に強い感覚はなく、全身に順番に注意を向けていた。
身体の感覚に注意を向けていたら、YTTが近づくと、心理的にいつも同じように感じていることがある、と気がついた。

夫のトシ(ディレクター)の態度が、はっきりと変わることへの不信感、苛立ち、不安だ。

夫は立場上、責任の重さが尋常じゃない。だから、自分の部屋に閉じこもって準備に集中するし、緊張感も大きい。その夫の変化に対して、自分の中で起きていること、ここが鍵なのだ。

人の注意が十分感じられないと、私は大切にされていないとか、私は注意を向ける価値のない人間だとか、自分は愛されていないとか、孤独を感じたりする・・・言葉にしたら、自分のことに集中しようとする夫に対して「なんでそんなふうに出来るのよ、私はできないのに」と私の心は言っていた。まるでアレルギー反応を起こすみたいに無意識に。

クリパルでは「他者との健全なボーダー」を大切にする。
そのコンセプトに賛同し、理解もしていたが、自分がそうすることには、許可を与えられない自分に、はじめて気がついた。過去に、もっと自分に注意を向けてほしいと思っていた私がそのままいて、だからこそ自分に、他者と自分を同化することが良いことだと言う思い込みを植え付けていたように思う。

人の反応、評価で、自分の価値を決めるのは、やめたい。
自分自身でいることや、自分のボーダーを持つことを許したい。
本当の自分で、人と繋がりたい。

そういう心の奥底にある意図が、YTTのアシストをするうち、はっきりとして来た。

子育て中、意図を持っても、おおかた意図は達成できないから、持たないようにしていた。
金曜の瞑想の時間に、そんな自分のあり方に気づいて、達成できるかどうかの結果に関わらず、まず意図を持ちたいという気持ちがあることには、気づいていた。

それらが、統合されて行く。

意図を持つために必要なのは、自他の境界を持ち、自分自身と共にいること。
そこから、他者と関わり、自他を共に尊重する体験をしたいんだ、あたしは。

今朝、YTT2日目のサーダナ(=スピリチュアルプラクティス、クリパルではアーサナの練習の時にも使われる)を担当したが、YTT全体のプロセスのなかで、今自分がすべきことをする、そこに意図を持ち、実際にベストを尽くしたら、サーダナの後、今までよく感じていた後悔や居心地の悪さを今日は感じなかった。

YTT6th

YTT用に、特別に準備した祭壇に、常に火を灯しておこうと、今日話し合って帰って来た。

この火のように、アーサナのみならず、サーダナは継続して行うことで、確実に体験が深まる。
エッジにいて、留まり、体験を深めると、気づきが起こり、変容、統合のプロセスが流れやすい。
YTTはその極みだ。

この数日、YTTに関わるために受けた、有形無形のサポートに感謝して。

普段の生活に戻ったら、ペースはゆっくりで穏やかになるだろうけど、この道を歩き続けて行こうと思う。

最後に、今日は私の、陣痛記念日です(笑)
トランスフォーメーションの象徴のような日です。

継続して行けるか、そこが次の課題です。
また元に戻っちゃったら、気づいて、そこから同じように、やり直して行こう。
いつでも、行く道は選択することができる。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:4   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
No title
まきちゃんッ

本当に 道 ですね。。

私も歩いてます。

おなじ空の下

目には映らない同志を感じて



アイシッテ マッス!
2012/04/10 18:04 | | edit posted by ちよ
ちよちゃんへ
ちよちゃーん

いやいやホンット、行ったり来たり、うねうね曲がり角の多い道ですー。

ちよちゃんも同じように歩いてるんだね。

ちょうど今日、えりこに「今こんな景色が見える」系のシェアをしたところです。

ちよちゃんも、自分の道程を、楽しんでね。
またどこかで、会えるといいな。

まきこ
2012/04/12 20:07 | | edit posted by makiko
No title
あーそうでした!!!
人の反応や評価で、自分の価値を決めるのは
やめたいです!
本来の自分と繋がっていなくて、自分が自分自身でいることへの信頼感みたいのがないときなのかも知れない。。。

うちも夫が休日は絵を描くのに部屋に籠るんですが、
集中してると呼んでも返事しないし、
話しても上の空だし、
挙句の果てに家の中でイヤホンまでして!自分の世界に入っていくのです。

それを気にする自分に集中していない私が、
その態度になぜか!苛立ちを覚えるのです。
私は放って置かれてる、居ないに等しいみたいな(笑)

やはり夫婦であっても境界線は必要なんでしょうね。
個性のそれぞれの自立と互いの信頼性をうまく保てるといいなとおもいます!

いつも久しぶりにまきこさんのblogを開けると
同感することがふと書いてあるのは
何かを察知してのことかしら(笑)

また色々なことシェアしてくださいね☆
いつも楽しく読ませていただいています♪
2012/04/13 16:21 | | edit posted by akane
akaneさんへ
夫婦、親子、兄弟姉妹などの家族間に起こることって、濃いですよね。
その外に広がる人間関係の縮図になってると言うか・・・
スピリチュアルな縁がある仲間なんでしょうね。

自分に起きてることは多かれ少なかれ、他者にも同じように起きてるって、最近ときどき感じます。
ブログやFBに自分の体験を書いてるのは、たった1人でもそれに共感、共鳴する人がいるかもしれないという思いからかも。

お互い自分のペースでね、
それぞれの人生、満喫して、心開いて、支え合い、愛し合いたいですね☆

まきこ

2012/04/16 20:39 | | edit posted by makiko
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/346-b71055cb
trackback