クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
レーズン酵母のパン作り
中島デコさんのレシピで、ストレート法(レーズン酵母をそのまま入れてパン生地にして焼く方法)で1種類のパンを焼き続けて4年。。。

地元の市で出店していた酵母のパンの種類の豊富さ、美味しさに惹かれて、初のパン教室へ行ってきました。

「酵母のパンづくりは、時間や量がきまってなくて、その時のパンの様子を見て決めるのよ」という先生の言葉が、印象的。作り手の作業のタイミングや環境によって、同じ味のパンは絶対出来ないという固有性、独自性が、リラックスしてパン作りをする土台にあるように思う。

Happy Kashi@鳥沢(駅からも歩いて数分、近いです)
IMG_0665_convert_20120423173613.jpg

家では「餅つき器」にこねてもらってたけど、手ごね。以外と短い時間で出来ることと、何より触ると気持ちいい!ということで、捏ね台、買ってしまった・・・トシもいいね!って。ホっとした。
IMG_0673_convert_20120423173751.jpg

ナッツやドライフルーツを入れて、発酵させる。室温とか、コップに入れたお湯+発泡スチロールを利用するとか、エコな方法でいいらしい(ニマっ)
IMG_0669_convert_20120423173711.jpg

教室にはガスオーブンがあって、いいなぁ、と思う。。。ガスコンロに置いて使えるものもあるんだよって、教えてもらった。
トシに話したら、「この間までそれ、渋谷のスタジオにあったよ」って・・・今更だけど、惜しかった~。
IMG_0682_convert_20120423173834.jpg

焼き上がり!
当たり前のコメントですが、むろん、美味しかった♫
IMG_0683_convert_20120423173901.jpg

酵母を味見すること、酵母と粉で種を作ること(その種も味見して、余った時の美味しい活用のしかたも習えた!)パンとやり取りして、案配を見計らって作り上げていく作業は、試行錯誤を繰り返して、自然と自分のものになるように思う。

帰宅後、さっそくうちの酵母を味見してみたら「すっぱい」
ちょこっとだけ古い酵母液を起爆剤として使って、新しい酵母を起こし中。

手順の復習かねて、新しい作り方を試してみようと思います!
ああ、わくわくする。楽しみがひとつ増えたみたい。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/348-ca871ed1
trackback