クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
6回目の卒業式を終えて...治った
昨日、YTT(クリパルヨガ教師トレーニング)の6期生が卒業しました。

3ヶ月の間、毎週末Yoga of Lifeに集まって、続いて来たYTTの終わりであり、一人ひとりのクリパルヨガ教師としての始まりにもなる日です。

卒業生のみんな、おめでとう!
YTT6th graduation
(全員じゃないけど、とってもいい写真だったので。後列右から4人目のかわばたしょーこさんから、写真借りました!)

そしてこれからも、どうぞよろしくね。


これまで6回、YTTをアシストして来て、今回ほど自分が体調を崩したのは初めてだった。

そうなってみて、改めて気づいたことがある。

YTTそのものに参加したり、そこで指導をしたり、アシストをすることに比べて、現場から離れて、子育てや家事を担当し、YTTのプロセスを信じてただ見守るということを、私自身が、過小に評価していたということだ。

なにかしていないと、自分は居る価値がないように思うのは、私が持ち歩いている見えない癖だ。
だから、何もしていない(と自分では感じている)自分が、弱音を吐いてはいけない、堪えなくてはいけない、という思いが、確実にあった。

昨日の卒業式で、生徒のひとりがトシに「クリパルヨガに出会えてよかった」って伝えているのを聞いたとき、はじけるように涙がでた。

Yoga of Lifeが好きだから、YTTが終わっても通い続けますって言ってくれた言葉に、視界がかすむくらい涙が出た。

私は、そうしようと思ってトシと結婚したわけではないが、自分の思うように生きて来て辿り着いたのが、クリパルヨガとYoga of Lifeなのだ。

ヨガのために、自分のすべてを捧げるなんてナンセンス、と思っているはずなのに、現実に今、自分たちが家族揃って生活のすべてをかけて、取り組んでいるのは、クリパルヨガを必要な人に届けるために働くこと。それはけっこう、大変なことがたくさんある道なのだけれど、私はそこから逃げるつもりはないようだ。

だから、クリパルを知ってよかったという声は、なによりの喜びだった。
スタジオをキープして来て、良かったと思えることは、私にとっては自分のやってきたことを肯定してもらったような気持ちと重なる。

卒業式で、生徒からもらった花束と、「まきこさんがいる、それだけで心強い」と言ってくれた言葉をそのまま受け止めて、大切に、宝物にしたい。
YTThana.jpg

行為や行動だけでなく、そこに在る意図が大切なんだと、生徒から学んだ。ありがとう。

そして、どんなに大変でも、またYTTをやろうって、それが必要なうちは続けようとトシと話した。

YTTを、ひとつ終えるごとに、
強さや、優しさや、賢さが、増えていったらいいな。(欲張りだな・・・)

そうそう!お陰さまで、今朝起きたら「普通の声」に戻っていました
驚くくらいはっきりと(笑)YTTが終わったら治った。
昨日たくさん泣いて、たくさんの人とhugして、エネルギーいっぱい動かしたからかも。

・・・とかいっているうちに、
もうすぐ次回の、関西初のYTTが始まります。 
関西でというのも初なら、Yoga of Life以外でというのも初、リトリート先も初めて伺う場所・・・

いくつになっても、人生は初めての経験に満ちてる。

Live the life!
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:2   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
No title
>「まきこさんがいる、それだけで心強い」

私もそう思ってます!言葉に出したことはないけれど(笑)
ここのところまきこさんのクラスはすっかりご無沙汰ですが、
(もう少し経ったら行けるかも知れません!)
blogから、まきこさんの慎重に選ばれた言葉に(そう感じるのです)
いつも励まされています☆



2012/06/28 22:23 | | edit posted by akane
Re: No title
アカネさん、伝えてくれてありがとう。
心から、嬉しいです。

私は大勢でなくても、真心が通じる人がいてくれれば、それでいいと感じる蠍座です(関係ないか・・・)
だから、とても胸にしみるコメントでした。

実際に会う以外の方法でも、人は繋がっていられるんだね。
末永く、よろしくお願いします♡
2012/07/14 21:13 | | edit posted by makiko
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/352-7e26e5a7
trackback