クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
今いるところ
クリパルセンターのディレクター、Andrew TannerとそのパートナーのAureamを迎えてのワークショップ、リトリートが終わり、今彼らは京都散策中。私は一息ついている。
Mt.Fuji and us

海外からのゲストを招くのは、YTTをはじめた時以来。

あのときは、東京でのYTTだけだったから、自宅にゲストが滞在したり、観光に連れて行くのは、初めて。(写真は天気に恵まれた富士山5合目付近)

それに、梁川ピラミッドセンターでは、何度もアシストしたり、教師としてリードすることもあったが、自分の体験に没頭してヨガしたのは、初めて。

場所、そこにいる仲間達、アンドリューとトシ、すべてが絡み合って、ヨガをして自分と繋がるなかで、小さな気づきがたくさん起こった。

後から、ハイライトを書き留めた。

シャバアーサナーハンズオンアシストー逆転ー動く瞑想から続く愛、強さ、繋がりを感じるワーク

ハイライトの詳細は置いておいて、すべて終わった所で感じたことがある。

それは、自分がいかに、このサンガ(コミュニティ)を大切に思っているか。

それと同時に、そのサンガの中で、自分が仲間達に受け入れられたいと強く願っていること。
そこからくる恐れや不安があること。

それに気づいたあと、自分のHigher selfから受け取ったメッセージ、直感がある。

私は最初の35年、自分のために必死に生きてきた。同じくらい、今度は人のために生きてみなさい。それがあなたを癒すのだ。70を過ぎてなお、人生が残っていたら、宇宙や神のために生きたらいい。それが今生で、魂が欲していることなのだよ、と。

ただその、「人のため」の人の中には、自分も含まれているのだ。

そこのところはなかなか言葉では表しにくいのだけど、私にはとてもリアルで、気に入っている。

とても心に残るプロセスを体験した数日間でした。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/357-6749d902
trackback