山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
Season's Notes
遅くなりましたが、謹賀新年。
本年もよろしくお願い申し上げます。
sunrise2012.jpg
2013年、新しい年が明けて早10日。
一昨日久しぶりに山梨に帰って来たら、日が長くなっているのに気がついた。

冬至の頃から、クリスマスにかけて、下北のYoga of Life「母と子のクリスマスパーティ」、「おうちで安心マタニティヨガ」の2つの特別クラスを担当し、その後クリパルヨガ教師トレーニング(YTT)のアシスタントに入った。正月明けて1/5まで、ぶっとおしである。

新しい年が明けるというときも、毎日が新しい日じゃないか、くらいの気持ちで過ごしてた。
YTT中はそれくらい、昨日と今日は、まったく違うという体験の連続だったから。

最愛の(ええ、遠慮なく言いますが)愛してやまない息子と離れていたので、ふいに涙が出るくらい恋しくなることもありましたが、息子曰く「いとこ達がいるから、大丈夫だよ。心配しないで、おかあさん」とのこと。
お互いに離れて、初めて感じる思いもあったよう。再開してからは、キスとハグの嵐です。ええ、今も(笑)

さて、家族揃って家での生活に戻って数日、自分が今いるところを改めて確認している。

YTT中にねん挫した足首を昨晩夫に鍼治療してもらった。
今日も様子を見ながら動かしたり、揉んだり、足をあげたりしてる。
何もない道で、足を挫くとは、さすが42歳である(年齢のせいじゃないか・・・)

足のせいだけじゃなく、やっとおとなしくしていられることにホッとしてる。

YTT中、幾度も気づかされるのは、私は自分に、たくさんの役割と責任があると感じてるということだ。
多分、誰だって多かれ少なかれそうだろう。

しかし、体が思うように動かなかったり、痛みや違和感があったり、生理が来たり、眠くて仕方がなかったりするからこそ、今思う。

私は、役割や責任のためだけでなく、1人の人間として、私自身がいま感じていることや反応していることに向かい合い変化して行くためのスペースやそのプロセスを自分のために大切にしたい。

そのプロセスは他の誰とも同じように、縮めたりはしょったり、飛ばしたりしたり出来るものではないのだ。

期待に添えないことや、すぐにこたえられないことがあっても自分を許してあげたい。

今自然界は冬まっただ中で、私も冬を過ごしているように思う。

お篭もりも、冬眠も、必要なプロセスだろう。
そのモードのまま、週末はクリパルヨガ教師達が集まるリトリートで御殿場へ行く。

さて、どんな2泊3日になるんだろう。

そして新年初のワークショップは19日、ウーマンズヨガ〜冬の陰ヨガと瞑想〜
冬のウーマンズヨガで汗がでるくらい体を動かすこともできるが、今回は怪我したり、弱っていたり、生理中や生理不順などで、お休み、充電するときにぴったりのヨガと瞑想を体験するワークショップにするつもりだ。

冬を過ごすスペースが持てれば、自分の内から必要なことに向かって進んで行く「春」のエネルギー、強さが沸き上がってくる。

忙しいからこそ、今回のYTTの意図と同じ「急がない」で、過ごしたい。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/363-ea52eb39
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。