クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ぎっくり腰ー反応と気づき その四
ぎっくり腰ー反応と気づき その参の続き

YTT(クリパルヨガ教師トレーニング)のリトリートでは、数日、沈黙を守って過ごす。
その中で瞑想し、自分に起きている思いや反応に気づき、あるがままにみる体験を深める。

リトリート最終日の朝の瞑想で、トシのリードにしたがって、意識をコントロールしているときのこと。

今、ピラミッドセンターで瞑想している自分と、自宅で炊事でもしているであろう実家の母、その母を向かえに来るため車を走らせている父、幼稚園で過ごしている息子の存在を、同時に、すぐ近くに感じた。

距離は、離れている。
ても、同じ時空に存在している。
そのことで、みんな一緒だと感じられた。
Oneness. かっこ良すぎて、あまり使えない言葉だったけれど、そう言う感覚だった。

家族や友達、恋人と、一緒にいられないと寂しかったり不安になったりして自分を見失うほどだった10代、20代の頃の自分を思い出した。

「離れているけど、心は一緒だよ」

って、ある意味聞き古した感もある表現だが、それってありうるんだ〜って(笑)


そして、うちの家族1人ひとりの小さな忍耐や努力は、今、このYTTプログラム実現のために注がれている。
きっと一緒に座ってるYTT生やアシスタントにも、このことのために、エネルギーを注いでくれてる人達がたくさんいるんだろうな。

そう思ったら、なんか、安心して、とてもありがたくて、うれしくて、涙が出た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013年のゴールデンウィークは、きっと記憶に残る日々であろうと思います。

リトリートのあと、数日で卒業していったYTT生と共に過ごした体験の中で、私が体験させてもらったのは、存在することの持つエネルギーです。それは責任の放棄ではなく、責任を自覚し負った上でも、すべての人同士が互いに学び合い、ただ在るから与え合える力強さです。

YTTを終えてしばらく経って、私は今まで以上に、人から学び、興味のあることを探求することに躊躇なく向き合っていける思いでいます。

一般に「先生」と呼ばれることを仕事とするひとりとして、このことはとても大きな意味があり、人生の楽しみや味わいを深くしてくれると感じています。

5月は、私にとっては、バラと芍薬の季節です。
sirobaras

そして、同時に、研究したいと思うトピックに恵まれた芽吹きの季節になりました。

Jai Bhagwan.
あなたの内なる神性に敬意を表します。
Namaste.


スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/379-42cc6c44
trackback