クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
2013,冬至の日に
今日は、太陽の復活を祝う日、冬至です。

寒さは厳しくても、太陽の光の暖かさや明るさが少しづつ増えていきます。
個人的にも、昨日あたりから、明るい兆しを感じ始めました。
自然のサイクルとリンクするように、人にも変化が自然と起きる・・・そうやって
自然の一部だと実感しながら生活がしたいというのが、私にとっては夢でしたから、なんとなくうれしいです。

今年はYTTで明けました。
年末年始と、GW近辺に分かれてのプログラムで、夫とアシスタントと、生徒達と一緒に、朝から晩まで、プログラムに向かい、生徒の体験のサポートに心力を注ぐ時間でした。フルアシストは久しぶりです。心身ともに割合大変なんですけど,他に代わるものがないくらいヨガ好きにはたまらない、素晴らしい時間でもありました。

プログラムも山場のGW中に「ぎっくり腰」で動けなくなったのを,つい忘れそうになってますが・・・

(ちょっと無理して行って、早引けする前に休んでた時にとった空です。むなしかったなぁ)
すごく痛かったけど・・・それよりも、やっとフルアシスト出来たのに,休んでいなくちゃ行けないことが,悔しくてたまりませんでした。でも,この頃から「何が何でも自分がやらなければ」とどこかで思いこんでたのから、少しづつ自由になり始めたのでした。

去年の秋から京都の千絵ちゃんと活動し始めたウーマンズヨガのリトリートを作りながら、春〜夏へ、季節を越えていったのも、印象的です。とても意識的に、自分に向かい合えたし、ヨガプログラムを展開することで、自分自身の体験も深まりました。ペースダウンして,季節が移ろうように変化する自分のエネルギーを信じる,というようなコンセプトを、体感するにももってこいの時期でした。

(千絵ちゃんと,2012年、京都ではじめてのWSの後。食べちゃいたいくらい愛おしかったんです笑)
写真 のコピー 5
(京都、名古屋での夏のウーマンズヨガ、リードしてる私たちもすごく楽しかった〜)

夏は、ずっと苦手な季節でした。でも今年はサーフィンを習って、波に揉まれて、ぐちゃぐちゃになっても笑ってる・・なんてはじめての体験でしたし、実家の両親と子どもと一緒に、多分このメンバーでは最初で最後の九州までのドライブ旅行をしたり、逞しく夏を楽しめました。茅ヶ崎のノブさん、ひろみちゃん、ご先祖様(九州は母の地元です)、ありがとう。
firstsurf.jpg
(初サーフ!笑)

(湯布院の何とも味な道ばたの石)


秋になる頃、実は妊娠をしました。

びっくりしたけれど、思いのほかうれしかった。
こんなに子どもをほしがっていたとは、私自身が一番知りませんでしたし、第一子妊娠のときに押し寄せた不安や葛藤はほとんど起きなくて、あと数年、motheringの時間が与えられたんだと、うれしかったです。

でも、うまく行きませんでした。
反対に、私自身の健康を回復するのに、しばらく時間が必要な状態になり、いまもまだ、病院で検診を続けています。

アメリカからPritiが来てくれて、すごく助けてくれました。
仲間や友達にも,支えられました。

今年の秋、冬は、外へ向けての活動やプレッシャーになることはできるだけお休みして、リラックスして,自分の体や感情を味わう時間をたくさんいただきました。

(その頃,丁寧にやり取りして作ってもらったブレスレット。きっと一生のものになります)

家族や、友達、スタッフ、今の私がこうしていられるには、沢山の人の有形無形の、今に限らない助けがあったからだと思います。みんな、ありがとう。

今年最後は、家族と一緒にと思ってましたが、結局、家族とも離れてひとりになれるスペースが持てることになりました。2年ぶり、ですかね。

こうして一年を振り返ると、自分自身の体に起きたことで、ペースダウンせざるえなくなって、そこでいろんな感覚や思いを体験するという1年だったように思います。辛く,しんどいことばかりのように思える時もありましたが,実際には笑えるような清々しいような体験もあったし、スローダウンしたプロセスを通して、わかったこともあります。

今の自分の体や,心、それから魂と共に、これから、なにに意識を向けるか、わたしが、わたしに問うています。

責任や義務を果たすことも大切だけど,一度しかない今の人生で、本当にしたいことには何か。

今から先に自分に与えられた時間やエネルギー、体力気力をどう使うか見極めるには、まず、取捨選択するのが,次のステップだと思ってます。


何も捨てずに全部抱えていきていく!と言い張ってきたような私ですけれど(笑)現実には,その必要を感じます。
そして,何を基準に選択するかが,一番大切なことなんじゃないかと思います。


クリスマス以降はしばらくリトリートに行ってきます。
数日は早いですが、皆さん、よい年の瀬を、よい年を迎えられますように。
今年一年、見守ってくださってありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いします。

2013年12月
三浦まきこ
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/405-ff30cee5
trackback