クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
暮らしのなかの意識改革
年が明けて2週間、いつもの忙しさが戻ってきてます。

今日は、家に1人。

仕事のこと、子どものこと、今後の予定などで、朝から頭がいっぱい。
大地の宅配はピンポーンって早めに来るし(まだ注文票、途中だよ〜)、発酵してるパンも焼かなきゃいけない。
週末の出張の準備や荷物の発送も・・・って、しなくちゃいけないことがたくさんあるのに、だめだ、全然、シンプルにやるべきことに集中できない・・・

ということで、30分しかなかったけれど、瞑想することにしました。

目を閉じてすぐ、どれだけ体の中がざわざわしてて、あぶくのようなエネルギーでいっぱいになってるかを感じました。
そういえば、今日は満月でした。
瞑想ばっかりしてたときは、静かだったよなぁ・・・と、その差に改めて気付きます。

30分経つ頃には、少し心も、体の中も落ち着いていて、今自分がどうありたいのか、わかってきました。

「するべきこと」を「したいこと」にしたい。

そんなことばっかり言ってるな〜とは思います(笑)

でも、瞑想して、やっと気づくくらい無意識に、「しなくちゃ」「やらなくちゃ」で動いているのが日常なわけです。

今日は家でのんびりしたいって思っていた自分の気持ちを受け止めたら、すごく楽になった。

「シンプルなピザパンを焼いて、コーヒーを入れて、ソファでのんびりしよう」
「今日絶対やらなきゃいけないことは、荷物を送ることくらいだ」

これでどれだけ、私の心身の状態が変わったか、なかなかお伝えしきれないと思いますが、

頭がすっきりしてリラックスした。
ピザに乗せるのにちょうどいい具を思い出したし、リンケッツを入れてホットドック風パンも作ろうと思いついた。
同じパン作りでも、「やらなきゃ!」じゃなくて、「こうしたい」から行うほうへ、ちっちゃな意識変革。

同じように、掃除も、しなきゃしなきゃ、と思ってたけど、コーヒーを入れてる間に、床をきれいにしたいなーと思った所から、ささっと掃除機をかけたら、スッキリ。
写真 のコピー 2
シンプルな昼ご飯。今日の私にはちょうど良かったです^^ 食べかけですけど・・・(笑)

「こうしたい」と思う気持ちと、「すべきこと」を果たすことは、必ずしも相反することではないわけです。

のんびりしたい、という気持ちを大切に、ペースを落としてリラックスすることで、心が落ち着いて、すべきことを楽にできる。

同じ一日を過ごすにも、いろんな過ごしかたが出来る。

同じことをするのでも、何が行為のもとにあるかで、その質、エネルギーが変わる。

マインドがうるさいときほど、自分がどうありたいか、それに繋がってることが、たいせつなんだろうな。







スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/407-12993b67
trackback