クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
Life transformation 5週目〜web〜
Life Transformation(LT)、折り返し地点を迎えている。

3、4週目は、旅行やリトリートがあり、普通の生活から離れる時間が多いのと同時に、LTそのものに慣れて来たことも手伝って、課題を自分なりのペースでアレンジし始めた・・・といえば、聞こえはいいが、中だるみ、と言ってしまえば、そういう時点でもあった。

そんななか、5週目のはじまりはサイレント・リトリートだった。

前の晩から家族とも会話も目を合わせるような接触も避け、1人で過ごす。夫と子どもは、気を利かせて、別の部屋で寝てくれた。リトリート中も、瞑想、ヨガ、食事、ジャーナリング、全て自分にだけ注意を向けて過ごす。

リトリートの最後に、私が自分の内から受け取ったメッセージは、私はひとりではないということを知るべきだ、という感覚だった。

いろんなことで忙しくしすぎて疲れた時、私はひとりになりたいと思う。
そして、ひとりになれさえすれば、休めるのに、と思い、ひとりになろうとする。そのくせ、実際にひとりになっても、あまり休めないでいる。

私がひとりになるには、夫や実家の母や、子ども、スタジオのスタッフ、もっと引いてみれば、夫の母、実家の父や妹、食べ物を届けてくれる宅配のおじさんや農家の方等、無数の人がいるからこそ、「ひとり」になれるのだ、と思った。

ひとりになろうとして、周りを断ち切って休もうとしても、うまく行かなかった。
でも、無数の人の助けで今、休ませてもらっていると思ったら、何か変わるんじゃないか、という直感があった。

リトリートが終わって、話ができるようになって、夫にまず聞いたのは、『昨日の晩、私の寝てる部屋に来た?」だった。

夫は「行ってない」という。

しかし私は、男の人が部屋にいて、隣の子どものベッドに吸い込まれるように倒れ込んで行くのを見たのだ・・・

怖がりながらもなんとか眠りについたその晩も、夜中に夫が突然起き上がって窓を開けた(のを見た、と思う)

・・・が、翌日聞くと、彼は開けてないと言う。

たまたまそのタイミングで行ったヘアカットで、担当してくれている方から、三方に拝むという話を聞いた。
父系のご先祖、母系のご先祖、そして他の全てのご先祖様達のために線香を立てるといいよ、と教えてもらった。

ありがたいことに、この2日くらいは、ぐっすり眠れる。夜中に起きることもない。
今、自分の意識を向けると「ひとりで生きていると思う瞬間があっても、実際には、無数の存在があって、今、ここに居る、というのが真実だよ」と、1日に何回もリマインドされているように感じる。

例えるならまるで、蜘蛛の巣(web)のような感じなのだ。
ひとり一人の存在が細い見えないくらいの糸で繋がりあっていて、その中に私は居るように思える。
目の前に、誰かが居るとかいないとかでなく、もっと本質的なところで、繋がりの中の点のような存在だと自分のことを思う。

かつて、数回しか会っていないのに、とても心に残る友人が亡くなったのだが、その彼女に会いに行った後に、父の運転する車の中でずっと同じようなイメージが沸いていたことを思い出す。
それが2006年で、翌年彼女はなくなり、ちょうどその知らせを受けた時私は妊娠初期だったから、良く覚えている。

今日は、ヨガをしていても、瞑想をしていても、以前は向こう側にあったものが、脇の下を通って自分の側に流れ込むような感覚があった。それはとても健やかで、濃密で、やさしい。

今週は、今までの課題の中で十分に出来なかったことをもう一度やってみるのが課題。
明日は頭を休めて、よく働いた自分にご褒美をあげる日にしよう。


スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Life Transformation
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/432-0774b471
trackback