クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
Life transformation 6−7週目〜Camping〜
お盆の間、LTはホームプラクティスのみ。

2週間の間、特に注意を向けるのは『細かな違いに注意を向けること」。

感じて、気づいて、受け止めて。
そして、起きていることの中で、ある感覚とある感覚の、ある思考と別の思考の違いをよくみる。

今年は、子どもも、夫も『夏休み』を取ることにしていて、この2週間に、2回、キャンプに行った。
渋滞もなく、下道でこういう場所にいけるのは、地方暮らしの良いところだ。

家から30−40分程度で、猛暑でも涼しく、美しい源泉と、掛け流し温泉の露天風呂のあるキャンプ場を見つけた。
写真 2
写真 のコピー 6掛け流しの露天温泉。ふわぁ〜。

バドミントンしたり
写真 のコピー 5
川で遊んだり。
写真 3 のコピー

川の冷たさは知ってたけど、この透明感・・・素晴らしい。奥にある滝に打たれて水浴びした。
水風呂に入れるように鍛えといてよかった(笑)
写真 2 のコピー写真 4 のコピー

テント泊は・・・43年生きてて、たぶん初めて。
写真 3

初日はただ、野菜を焼いただけのバーベキューだったのが、二回目はパスタ
写真 4
近くでゲットした川魚。トウモロコシは皮ごと焼くと、蒸し焼きになってあまーい!のを発見^^
写真 5
だんだんと、野外料理が楽しくなる。

最初の晩はスーパームーンで。雲の合間から光が漏れて。。。
写真 1
この後静かにギラギラと燃えるような月が、くっきりと見えた。

二度目のキャンプの夕暮れ。
写真 1 のコピー
ものすごく楽しくて、また来よう!と盛り上がっています。
写真 5 のコピー

キャンプ場を後にして、車で普通の道を走っている時、きづいた。
何でもない岩が、とても奥行きがあって、微細な色や光や影で彩られて、世界が妙に美しく見える。
落ち着いていて、ばっちりココにいる。それでいて、キャンプの後には、意識状態が変わってるのだ。

家に戻って、違いをよく感じて、見てみた。

普段の生活では、囲われた内側にいる安心感がある。
キャンプでは、中と外の端境がゆるい。

家では無意識にものごとの順番が決まっていて、それにそって動いている。
キャンプでは、何をどうするのが一番効率がいいか、いつも考えてから、行動してる。

キャンプでは、風や音や、熱など感覚もビビットに感じられて、すべきことが多くても、今ココにいる時間が長い。
家の中では、急いでいたり、次は何をすべきだろうとか、情報を処理するのに忙しくて、なかなかココにいるのが難しい。なにかを感じるには、私の場合、スローダウンしないとその間を持てない。

キャンプでは、そこにいるだけで、満足。
家に居ると、何かしなくては、と思ってる。

これらの違いを、ジャッジせず、よく見ること。

それは好きとか嫌いとか、こうあるべきなのにそうならないとか、現実の2極のなかでニュートラルな位置を探る良い練習になるように思う。LTをはじめてから、無意識に『ジャッシ』していることに気づき、本当の意味で、そのまま受け止めるとはどういうことか、探っている。

ジャッジしないで、みて見ることができた時に、やっと自分が本質的にどうしたいのか、選択することができる。

好きなものも嫌いなものも、雑然と混ざりあう現実の中で、どう生きて行きたいのか。

嫌いな感覚を避けて、切り捨てるのではなく、それも携えて、生き抜く強さを培いたい。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Life Transformation
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/434-9656ccd6
trackback