クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
Life transformation を終えて〜Adventure〜
7月から2ヶ月ちょっと、ホームワークと、週に一度Yoga of Lifeで受ける2時間のヨガとファシリテーションを続けて来たLife Transformation(LT)が終わってしまいました。

あー終わっちゃったね、と思わず漏れるほど、週一のグループワークがなくなるのが、残念。
家で練習しているときと比べると、スタジオで集まって、ヨガをして意識を向ける方向性をサポートをしてもらうあの時間は、わたしにとっては、自分と深く繋がるたいせつな時間だった。

LTを受けながら過ごしたこの夏を振り返ってみたら、自分には無理だとか、向いてないとか、合わないと思っていたこと、いままでやってこなかったことを、実際にやってみたことがたくさん思い出された。ウーマンズヨガを始めて、苦手だった『夏』を味わい始めた去年から続く、課題のようだ。

難しいことじゃないのだよね・・・水風呂とかキャンプとか、汗が流れるくらいに体を動かすこととか。
ただ嫌いだ、苦手だと思ってしなかっただけで、やってみたら、めっちゃ新鮮、こんなのはじめてーな感覚で、ホントに「いやだ」と再確認したものはなかった。そして、体を使って何かすることから得られる新しい可能性に、改めて感動した。

私は小学校低学年以前の記憶があまりなかったのだが、LTをうけて、周りのことを気にし始める前の、純粋なエネルギー、自分の中にある歓喜に近い部分に、触れられたように思う。学校の先生や社会、世間みたいなぼんやりしたものから、何かをしてはいけないとか、こうあるべきといわれる圧力のなかで、自分をどう取り扱うか調整し始める前の私は、「まり」のように弾けそうな何かと繋がってたみたいだ。

「〜しなければ、〜すべき」からでなく、「理由もなくただ楽しむ」
そのことが難しくて、もがいていた自分には、とてもいい練習になった。

効率やスケジュールを見越して、行為することが求められるなかで、どうやってこの無邪気さを活かすかが、今後の課題だ。44歳になろうとしている今なら、子どもの頃とは違う調整の仕方を見つけられるかもしれない。

そしてこの普段の生活で使い慣れていない部分を育てるには、LTでやって来たことを、続けた方が良いとわかる。

LTのなかで、「週に一度は自分の体にご褒美を」と繰り返されて来た。
お疲れさまと、素晴らしいアフタヌーンティーを自分にプレゼント♡
image_20140906200312355.jpegおなかいっぱい(笑)

そして、わたしが今生でしたいことは、『冒険』なんじゃないかという思いでいる。
写真 のコピー
睡眠時間を削ってでも、読む時間を作りたかった本、上橋菜穂子さんの「守人シリーズ」は、勧善懲悪では計りきれない、機微を感じさせる世界観と、強い女性と強く賢く成長する子どもの冒険物語だ。
LTのワークの中でも、この本自体が、私自身について教えてくれたこともあった。

私は人生を『冒険するみたいに楽しみたい』と思っている。冒険に向かうためには、自分の中心に確かなものを持つ必要がある。それは、時に頑固さやジャッジに繋がることにもなるが、自分自身を安心させるために、必要なものなんだと、確認した。
写真
このタイミングで、とても惹かれて、手元に届けてもらった石がある。
「レインボー・オプシディアン」
マグマが地表で空気に触れて固まったガラスで、古代から石器の材料として、人と親しんできた石だそう。

私の中にあるマグマのような力を腹の底から楽しんで、残りの人生を過ごしたいと思う次第です。





スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Life Transformation
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/435-8bc93083
trackback