クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
Moomingから学ぶこと
息子に誘われてムーミンの映画を見に行った。

いわゆるアニメーションとはタッチがちがい、すべて鉛筆で書かれた原画をスキャンして作ったそう。
そのせいか、どのシーンも絵画のようで、ノスタルジックで美しく、映画はあっという間に終わった。

私が印象的だったことのうち、ひとつは、フローレンとムーミンママの対比。

有名人や派手なパーティに有頂天になるフローレンと、部屋が広すぎるからとベッドの上だけで生活したり、後半は部屋から出てしまい、自分たちのボートでキャンプする方が私たちらしいというムーミンママ。

ぱっと見、フローレンは見苦しく、ムーミンママは思慮深いとされがちだと思うが、どちらもそれぞれに変わり者(unusual)で個性的。全体として上下関係がなく、突飛なキャラクターが調和しているのがムーミンたちのいる世界の魅力なんだなと改めて思った。

それぞれの個性も意見もはっきりしているからこそ、他者に自分の価値観を押し付けないで回って行く世界に私は憧れる。そして、現実の世界で息苦しくなった時に、ムーミンをみると胸がすく思いがするのは、各自の個性を発揮しきった先にある自由の香りじゃないかと思う。

もうひとつの印象に残ったことは、その「自由」さ・・・ムーミンたちはみな、非常に自由なのです。

私は映画のあと、自分の中に染み付いている無意識の『〜しなくちゃ』がひときわはっきりと感じられた。

ずっとそこから自由になりたいと思っていたけれど、まだまだ義務や責任の中だけで、生きるのが習慣になっているんだなーと思った。この肩の痛みも、頭の重みも、そういう気持ちと無関係じゃないように思えた。

人生は実はもっと大胆になりえるし、人はもっと自由になれるんだというメッセージを、ムーミンたちからいつももらっているような気がする。

今日は新月。
私は身近に愛する人や、尊敬する人がいて幸せである。
しかしその一方で、どこかで他者が自分の価値を計る定規になっているのかもしれない。

どんなに愛し、尊敬する人でも、「誰か」みたいにならなくてもいい。

私は私のしたいように、自分の人生を楽しんでいけばいい。

そんな風に思っています。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/448-b72dab8a
trackback