クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
卒園
子どもの4年間の幼稚園生活が終わった。
IMG_1225.jpg
最後の遠足、最後のサッカーの試合、最後の大掃除、最後のお弁当と最後の○○が続き、とうとう今日が卒園式と卒園を祝う会。
担任して頂いた先生からの言葉の中に、「入園時からの子ども達の成長を実感すると、自分はどれほど、変わっただろうか、子ども達ほどには変わってはいないのではないかと思う」というお話があった。

わたしは、それと全く同じことを感じていた。
4年前、満三歳で幼稚園に通い始めた当時、息子はまだおむつをはいていて、言葉もほとんど話さなかった。
最初に担任してくださった先生が、半年、一年経って幼稚園に慣れ始めた頃に、「あ、やっちゃんがしゃべった!」って嬉しそうにおっしゃってたのを思い出す。
それが今では、普通に会話して、トイレはもちろん、寝るのも起きるのも、食事も着替えも自分でする。
そんな子どものあからさまな成長の結果を見て愛おしい気持ちになりながら、ふと、同じ4年を私はどう過ごしたのだろうか、と寂しさのようなものも感じたのであった。

大人になると、子どもほど、はっきりした成長を感じることは無論ない。
そのことを子どもに伝えたある夜、「お母さんは、毎日ごはんを作ってくれたし、お弁当も作ってくれたよ。バス乗り場まで送り迎えしてくれるし・・・(中略)お母さんが助けてくれるから、こうやって色々できるんだよ」と私を喜ばせようとか、元気づけようとかいう意図すらなく、至極普通に当たり前のこととして、わたしのしてきたことを言葉にして伝えてくれた。わたし自身が価値を与えられなかった「当たり前のこと」こそが、子どもにとっては、かけがえのないことだったのだと教えてくれた。

人はその役割を少しづつ変えながら生きているように思う。
子どものように顕著な変化は大人にはなかなか起きないかわりに、親は、子どもが自分のペースで育つための、安定したベースになってやることができる。

まるで、一粒の稲が育ち、実を付けるために、太陽や雨などの自然や季節の移ろいが背景でその成長を支えるように、ひとりの人が生きるには、他の人の裏方的な繰り返される行為が実体的な支えとなっている。そして、稲の成長に比べたら、見逃してしまいそうだけど、自然も常にどこかしら変化して、自らを育んでることを忘れないでいたい。

私は、当たり前のことを繰り返すことの尊さを思う。
子どもが毎日寝て、食べて、排泄することができるように、これからも、毎日同じことを繰り返していきたい。
そして、同じことの繰り返しのようにおもえるルーティーンの中にある、微細な違いや変化に注意を向けていたい。

人生の節目で、あるひとつのルーティーンは終わり、そこには寂しさが伴う。
でも、義理の母のお得意の言葉を借りれば「終わりが着く」のはいいことのようにも思う。

今日はひとつの節目。
これからは、子どもが大人になっていく過程を見守るなかで、今までとは少し違う不安や戸惑い、そして喜びや信頼を感じることになるのだろう。

そこからわたし自身が得るものは、わたし個人が何を為すかなどを優に超えた、大きなものになるという直感がある。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/451-74c21c31
trackback