山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
やっと夏休み
山梨の自宅ではすでに、若干秋っぽさが出始めています。
北側に山しかないのが、影響しているのだと思いますが、
もう、朝夕にも、ヒグラシはあまり鳴かず、虫の声に変わり始めています。

が、しかし、実際の生活では、YTTの後、歯を食いしばって登ったPRYT(フェニックスライジング・ヨガセラピー)トレーニングの準備という大きな山を(私は)やっと超えて、しばし、夏休みっぽい過ごし方を楽しむ余裕が出て来ました。

夏、といえば「ミステリーと冷たいソーダ」と雑誌で目にしたのをきっかけに、久しぶりに小説を読みました。
FullSizeRender のコピー 2
(こんな感じが理想。去年、長崎で飲んだモヒート・・・おいしかったなぁ。)

又吉さんで注目された芥川賞ではなく、直木賞受賞作品を読んだのですが、どっちかというと、そのあと、子供の付き合いで行った図書館で手にした、「ゲド戦記」にドはまり中です。

ゲド戦記、1〜4まであるのですが、借りた本じゃなければ、赤線引きたくなる箇所が多々ありました。

そのうちのひとつ

ゲド戦記Ⅰ 影との戦い より
114p
「力を持ち、知識が豊かに広がっていけばいくほど、その人間のたどるべき道は狭くなり、やがては何ひとつ選べるものはなくなって、ただ、しなければいけないことだけをするようになるものなのだ」

ある魔法使いの言葉です。
アーユルヴェーダのWSの直前に読んで、自分自身の胸に刻んでおきたいと思いました。

他にも、「真実の名を呼ばれたら、変身することは出来ない」「自然に手出ししてはならない」等・・・とここだけ書いてもわけが分からないかもしれませんが、非常に意味深い言葉がたくさんありました。

本に夢中になると、ご飯を炊くのを忘れてしまいます。

最近はそういう、偏った自分に、若干愛着を感じています(笑)
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/458-e61ce5c4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。