クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
秋と更年期に向けてのセルフケア
すっかり秋ですね。
来月45歳の誕生日を迎えますので、人生の季節も、秋に入っているように思います。
IMG_1606.jpg
秋は少し寂しい気持ちにもなりますが、自分に意識を向けて内観を始める良い時期でもあります。

この2週間は、夫の留守によって、ひとりの時間が増えました。
季節の変わり目に、セルフケアする時間をもらっているような気がします。

このところ気をつけて行っていることがいくつかあります。

・白湯、ケチャリ(インド風の豆と米、野菜などの入ったおかゆ)など消化がよく、体を温め、刺激の少ないものを摂る
IMG_1543.jpgIMG_1685.jpg

・何を、どれくらい食べたいか、体に聞く
IMG_1602.jpg
秋、冬は甘み、塩味、酸味、そして、良質の油分を多めに。写真はさつまいもとりんごに、軽く塩して煮ただけのもの。体も心もホッとする味です。

・トイレを我慢しない

6月にクリパルセンターで受けたアーユルヴェディックヨガのプログラムで指導してくれたJohn Douillard の「女性の健康のためのアーユルヴェーダ」というPodcastがきっかけです。
こちらでその録画が見られます→ Ayurveda for women's health

1時間ちょっと、女性と自然のサイクルとの繋がりのことや、月経、更年期、不妊、流産、産後のケアまで、すさまじい情報量でしたが、「トイレを我慢しないこと」ならすぐできそうだし、簡単だし、試してみています。

最初は「そんなの普通にやってるよー」と思ってましたが、本当にそうしようと意図してみたところ、意外と「まだいいだろう」と思って後回しにしたり、トイレに行くのを(変な話ですけど)面倒くさがっていたことに、気づきました。

トイレを我慢しないことは、アパーナと呼ばれる下降して体外へ排出する流れを、あるべき力に戻す助けになるそうです。
だから、生理も楽になり、体の浄化に繋がるというわけです。生理を楽にするには、月経血を排出するだけじゃなくて、その準備を体全体がしている時に、リンパの流れをスムーズにすることも大切だと聞いて、運動も増やしました。

・リンパを動かす
リンパは皮膚のすぐ下に流れている体液で、体をさすったり、動かしたりすれば自然に動きます。
ーボディブラシやオイルを使ったマッサージ(アヴィヤンガ)
IMG_1669.jpg
ー朝キッチンで関節を動かす(ダシャチャルヤ、と呼ばれるものです)
ー日中は30分は運動する(散歩、自転車など、わたしは水泳が好きです!)
ーヨガ
ー踊る(笑)など
IMG_1627.jpeg

・痛みのある部位に注意を向ける
(これは大きかったです。)
慢性的に右肩が痛くて、どこかで「あきらめ」ていました。
痛くても放っておく、そのうちどうにかなるまで気にしないようにする、というのは、わたしの古いパターンそのものです。

PRYT(ヨガセラピー)中も、ずっと痛みはありましたが、むしろ、気にかけて様子を伺って、注意を向ける方が必要だったのかも、と思い始めてから、ひどい痛みのときも、ぐずついた痛みのときも、それを感じて呼吸して、注意をそらさないようにしてみました。

一週間くらいしか経っていませんが、変化の兆しがあります。激しさが和らいで来たようです。
もうしばらく続けてみます。

そんなこんなで、体がスッキリして来ました。
心もいい感じで、新月が迎えられそうです。




スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/465-76a25b62
trackback