山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
<PRYTヨガセラピー>体験談とクライアント募集
2016年9月まで、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)のプラクティショナー(セラピストのようなものです)になるためのトレーニング中、プラクティス・セッションを受けてくださるクライアントさんを募集します。
IMG_1562.jpg
写真:レベル1研修中の様子

PRYTに興味のある方には、どんなものなのか試してみるいい機会にもなるかと思います。
また、人生で何か変えたいことのある方、自分自身をより理解したい方にもおすすめです。

まず実際に、わたしがクライアントとしてセッションを受けた体験をシェアします。
長文になりますので、セッション希望の方は一番下までスクロールしてください。

どんなことをするんだろう?と興味のある方には、1例として参考になると思います。
ただ、誰もが異なる体験を重ねて今にいる以上、セッションは人により、タイミングにより異なった内容となりますので、ご承知置き下さい。



<背景と経緯>
2005年、クリパルヨガを習う過程で、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)を知りましたが、PRYT以後、ヨガのポーズの中でどうあるか、ポーズの質が変わったと感じています。人目や、ポーズの正しさよりも、体での体験にフォーカスし、体感も、心理的な感情も、その中で変わって行くことに気づき始めました。
一時期はクリパルヨガより面白い!くらいに感じて、夫、三浦徒志郎のPRYT関連の集中コースに積極的にアシスタントに入っていました。

でも、フルセッションを受けたのは、今回が初めてでした。トレーニングの一環で、プロからのセッションを受けました。

担当してくれたのは、アメリカ人のミシェルというプラクティショナーです。
わたしは英語は分かりますが、日本語ほど自由に使いこなすことはできません。
ミシェルは私に、日本語で話す許可を与えた上で、体の位置を変えて欲しいときなど、ミシェルに伝えるべきことがある時は英語で言って欲しいと伝えてくれ、安心して始めました。

<セッションでの体験>
最初にミシェルが、私の胸のあたりに指を触れて、自分の呼吸に注意を向けた時、どうしてだか、涙がでました。
非常に集中して、疲れていたのがふっと緩んで、体から滲んで来たような感じでした。

ミシェルが私に、どうしたいか聞いてくれたので、とても疲れているから、仰向けになりたいと伝えました。

横になった状態で、体をミシェルが動かしてくれます。わたしはほぼ、脱力した状態で、ポジションによって感じることや、呼吸、イメージなどポーズの中で起きていることを言葉にして行きました。

<セッションのハイライト>
一番印象に残っているのは、半身が開かれ、伸ばされている一方で、反対側の肩が重く、行き場がなく、まったく注意を向けられていないように感じて、そちらに何かしたいと感じた時です。

ポーズそのものを変えるか、そのままで反対側に意識を向けるかどちらかを選ぶように促されて、そのままでいる方を選びました。

「誰にも注意を払ってもらえない。肩が意識を向けて欲しいと言っている」と口に出した瞬間、「誰も、じゃないじゃない。私が今、注意を向けてる。」と気づいて言葉にしたら、その肩の圧迫、重さがほどけるようになくなっていきました。

同じような体験が、腰の辺りに起きた強い感覚に対しても起きました。

<インテグレーション:統合>
ミシェルが聞き役となり、セッションで体験したことについて振り返ります。
統合のプロセスで私が話すことについて、ミシェルは心からよく聞いてくれて、安心して話してました。

わたし自身の人生の中で、人に注意を向けることに価値を見出している割には、自分自身に注意を向けるとなると、自分では足りない、もっと特別な何かが必要だと無意識に思い込んでいたようです。

これから、どうしたいか、自分に問い、ミシェルにサポートしてもらい、明日から、車、電車、徒歩などで移動する時間に、短くても自分に注意を向ける間を持って、自分自身に十分価値があると思い出しながら、呼吸や体に注意を向けようと、決めました。



セッションの余韻はその後も長く続いています。日常生活に戻っても、いつも無意識だったことに気づくことが増えています。このヨガセラピーでは体で起きる体験が元となるため、実感が伴うところが、とてもパワフルだと感じます。
IMG_1841.jpg
創始者マイケル・リー(上左)、メンター前島治美さん(下中央)とメンターグループのみんなと。

自分の体で、このセッションを体験してみたい方は、ぜひプラクティス・セッションにご協力ください。




■プラクティス・セッションについて■

・時間:90分
     面談 15分
     セッション 60分
     フィードバック 15分

・料金:無料(2016年1月〜4月)

・対象:どなたでも
※自宅、近隣への出張は女性、または面識のある男性に限らせて頂きます。

・持ち物:動きやすい服装

・場所
○下北沢Yoga of LIfe →アクセスをクリック
 →セッション可能時間:金曜 13時半〜15時半 
★1−4月のセッションはすでに満席、キャンセル待ちとなります)

○山梨県上野原市内 自宅(近隣へは出張も可)
 →セッション可能時間:月、火、木 10時〜14時 / 水 13時〜15時
※住所詳細はお問合せ時にお知らせします
★自宅でのセッションも、1−2月は満席、キャンセル待ち。3−4月残り2枠です。

■お問合せ前に必ず、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー についてお読みください。

お問合せ、ご予約は クリパルヨガしおつクラスHPからどうぞ。
 ・

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[フェニックスライジング・ヨガセラピー(PRYT)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/477-656b18a1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。