クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ひとり一人、だけど一緒にいる
現在、下北沢にあるYoga of Lifeでは、マタニティヨガクラスはなくなってしまいましたが、実は、普通のヨガクラスに参加する妊婦さんもいらっしゃいます^^
IMG_1917.jpg
クラス後、お二人の妊婦さんと一緒にパチリ☆

先日のクリパル・ジェントルのクラスは、妊婦3名(中期一名、後期2名)、男性2名、未婚者既婚者、スタジオ初、御馴染みの女性10名の混在クラス。これが実に、人間として生きること、多様性の中で生きる面白さを感じさせてもらう場だと感じました。

だって、体の作りも状態も、みんな違うしね。
同じポーズをとろうったって、同じにはならないし、ペースも人によって違う。

でも誰もが、食べて排泄して、寝て起きて、生きてるわけで。
絶対に女性の胎内から生まれてきた同類なわけで。

だから、『自分の中で起きてる体の感覚、呼吸、心のあり方に注意を向けて、自分と繋がる』っていうヨガの基本的な目的をそれぞれに共有して、『みんな違うけど一緒に』クラスを進めていけることが、とても楽しかった。

多様性Diversityという言葉を聞いたことがありますか?

私はアメリカにあるクリパルセンターで500hのプログラムを受けた時に初めて聞き、多民族国家であるアメリカでは非常に盛んに、取り組みが進んでいるんだなという印象があったのですが、比較分類学者によれば「日本は、同質を重んじる文化」で、例えば、村八分という言葉は耳には古く聞こえるが、今もどこかで、依然としてあるようなことを思い返せば、確かにと思う。

日本語の『違う』には、『異なる』という意味と『間違っている』という2つの意味があり、『異なるのは悪いこと』という価値観が根底にあるのだと言う説明を読んで、なるほど、と思った。

だからこそ、この日本で

自分自身でいていい

人と違っていい

自分と繋がって、本当の自分自身で、他者と、世界とコミュニケーションしようよ

そういうメッセージを持つ『クリパルヨガ』をみんなで楽しめる場があるのは、私にとっては救いだ。


ちなみに、クリパルヨガと同じエッセンスを持つ『フェニックス・ライジング・ヨガセラピー』のトレーニングのため、一般の方にクライアントになって頂く、プラクティス・セッションを今年12月まで行っています。

私は、クライアントの多様性の中でも特に、

・妊娠中、または、産後間もない女性の産前産後のセルフケア
・流産、包状奇胎などの異常妊娠により心身のケアが必要な女性

を対象に、このプログラムが女性たちをサポートする一助となればと思います。

ヨガの経験によらず、どなたにも体験できますので、上記の条件に当てはまる方は、その旨書き添えて、こちらからお問合せください。
状況により受講費は応相談です。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/487-6c444cfd
trackback